葡萄畑の麓に広がるドイツ・ヘッペンハイム!木組み建築の贅沢な眺め

| ドイツ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

葡萄畑の麓に広がるドイツ・ヘッペンハイム!木組み建築の贅沢な眺め

葡萄畑の麓に広がるドイツ・ヘッペンハイム!木組み建築の贅沢な眺め

更新日:2015/11/15 19:10

Hiroko Ojiのプロフィール写真 Hiroko Oji ヨーロッパ一人旅愛好家

ドイツ・ヘッセン州ベルクシュトラーセ郡のヘッペンハイムは、葡萄畑で覆われた小高い丘の城から見下ろせる、木組みの建物群が美しい町です。

過去に二度の火災で、ほぼ完全に焼失した町ですが、人々の努力による再建後、二度の世界大戦をわずかな損傷で切り抜け、現在に至っています。中心地のマルクト広場では、見事な木組み建築が集合する贅沢な眺めが楽しめ、路地の奥にある堂々とした教会の建物が威厳を放っています。

市庁舎を含む木組み建築群とマリアの泉があるマルクト広場は、贅沢な眺め

市庁舎を含む木組み建築群とマリアの泉があるマルクト広場は、贅沢な眺め

写真:Hiroko Oji

地図を見る

旧市街の中心地・マルクト広場は、四方を囲む見事な木組み建築が印象的で、白壁に赤い木枠、瓦屋根に小窓があるものが目立ちます。これらの建物はプファルツ継承戦争の際、1693年に破壊されてしまいましたが、10年以内に再建されたという中世の名残をしっかり今に伝える建物です。中央にはマリア像の噴水があり、足元は美しいお花で飾られています。広場に面した建物にはホテル・レストランや観光局などが入り、金色に輝く看板も含めてウットリ見惚れる眺めです。テラス席に陣取って、ゆったりこの眺めを楽しむのがお薦めの一角です。

マルクト広場に面した市庁舎

マルクト広場に面した市庁舎

写真:Hiroko Oji

地図を見る

贅沢なマルクト広場の眺めを構成する一つの建物が市庁舎です。白壁に赤い木枠が映え、上部の屋根の部分は、鱗のような瓦で覆われています。まるでおとぎ話にでも出てきそうなこの時計塔を持つ市庁舎、前の広場からだけでなく、路地の間から見える姿も見ごたえあります。近くの黄色っぽい煉瓦造りの建物の1階にはインフォが入っていて、地図もいただけますので立ち寄ってみて下さい。

葡萄畑の広がる小高い山にはシュタルケンブルク城

葡萄畑の広がる小高い山にはシュタルケンブルク城

写真:Hiroko Oji

地図を見る

標高150メートル程の南向きの温暖な斜面には葡萄畑が広がり、小高い丘から町を見下ろすようにして建っているのが、シュタルケンブルク城。修道院を護るために1065年に建設されたお城です。近くにはアマチュア天文家が40以上の小惑星を発見したというシュタルケンブルク天文台(1970年設立)があり、小惑星の研究で広く名前を知られています。

お城に向かって緑に囲まれた20分ほどの山道を上って行くと、素晴らしい町並みを一望できますので、お時間にゆとりがあれば、是非この眺望を楽しんでくださいね。

ベルクシュトラーセのワインフェスティバル

ベルクシュトラーセのワインフェスティバル

写真:Hiroko Oji

地図を見る

ヘッペンハイムはベルクシュトラーセの葡萄生産地区に属すワインの町であり、主要品種はリースリング種。総面積450ヘクタールのドイツで2番目に小さな葡萄生産地区です。しかしながら、ベルクシュトラーセのこの地方特有の季候と肥沃な土壌によって、品質は極めて高いワインが生産されています。そのワインを楽しむ催し物が行われているときに運よく訪問できると、このようなメインストリートにずらりと並ぶテーブル席で、ワインを楽しむ人々の姿に出会えます。大柄で陽気なドイツの人たちが一斉に集う様子は、盛大でありながら微笑ましいものです。

聖ペーター教会「ベルクシュトラーセの聖堂」へ通じる路地は情緒溢れる絵本のような世界

聖ペーター教会「ベルクシュトラーセの聖堂」へ通じる路地は情緒溢れる絵本のような世界

写真:Hiroko Oji

地図を見る

町の中心となる教会が「ベルクシュトラーセの聖堂」とも呼ばれる聖ペーター教会。その教会の威厳のある姿は神々しくさえ感じられる堂々としたもので、中に一歩踏み込むと、そこは静寂の世界。主祭壇のみならず、色鮮やかなステンドグラスとパイプオルガンがとても美しい教会です。教会に通じる路地には、対照的に可愛らしい絵本のような世界を醸し出す家並みが続きます。狭い石畳の路地と可愛いこじんまりした木組みのお家が連なり、中世の情緒たっぷり!タイムスリップしたような感覚で、お散歩を楽しめます。

もう一つ、路地のあちこちで見られる外灯には、ひとつひとつ違う柄の切り絵のような模様が描いてあります。その下には説明のパネル付き。ヘッセンの伝説についての解説なのですが、ドイツ語で書かれています。読めなくても絵柄を見ていくだけで楽しめる外灯ですので、150以上もあるという外灯を探す楽しみも味わってくださいね。

こじんまりとした木組みの町並み

いかがでしたか?ドイツの木組みの町は数え切れないほどたくさんありますが、葡萄畑で覆われた小高い山を背景に、長閑なゆったりした雰囲気をたっぷり楽しんでいいただける町。こじんまりしていますが、町並みはとても華やかながら落ち着きを持っています。フランクフルトからでも列車で訪れやすく、南のハイデルベルグへ向かう途中の駅で下車すれば簡単なアクセス!日帰り訪問も可能ですので、是非、足を延ばしてみて下さいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2010/08/13−2010/08/15 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ