冬の千葉で見る富士山が秀麗!イルミも楽しめる厳選5スポット

| 千葉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

冬の千葉で見る富士山が秀麗!イルミも楽しめる厳選5スポット

冬の千葉で見る富士山が秀麗!イルミも楽しめる厳選5スポット

更新日:2018/01/05 13:38

咲田 みつるのプロフィール写真 咲田 みつる ハイカー、旅好きのヨガインストラクター

海越しの富士山と言えば、三保の松原や湘南が有名ですが、実は東京湾を隔てた千葉県からの富士見も抜群だということをご存知ですか?かの有名な葛飾北斎「富嶽三十六景」や歌川広重の「富士三十六景」にも、千葉県から見る富士山が描かれているのです!
千葉県からの富士見に適している季節は、空気の澄んだ秋〜冬。特に房総半島の東京湾沿い(内房)がおすすめ!富士山とイルミを同時に楽しめる優秀なスポットもご紹介します!!

船橋市「三番瀬」はカメラマンが集うダイヤモンド富士の名所

船橋市「三番瀬」はカメラマンが集うダイヤモンド富士の名所

写真:咲田 みつる

地図を見る

千葉県は関東では南に位置するため、春の花見や、夏の海水浴のイメージが強い地域です。しかし、秋〜冬の澄んだ空気の中で見る「東京湾越しの富士山」は格別です。そんなことは初耳だ!という方は、今年の冬こそ千葉へ!都内から近い順におすすめスポットをご紹介します。

まずは「関東の富士見百景」にも選定されている、船橋市の「ふなばし三番瀬海浜公園とその周辺」。富士山からの直線距離はおよそ118キロ。空気の澄んだ冬場なら昼間でも富士山を望むことができますが、特に秀逸なのが夕景。シルエットになった富士山を、オレンジ色の太陽が魅力的に演出します。

また、2月中旬と10月下旬の「ダイヤモンド富士」のシーズンには、多くのカメラマンが訪れます。写真はわずかに山頂からずれて、惜しくもダイヤモンド富士になり損ねたものですが、神々しさはダイヤモンド級です。ダイヤモンド富士観賞に最適な日は、国土交通省関東地方整備局HPにて紹介されています(下記関連MEMOにリンクあり)。隣接する習志野市の「茜浜緑道」からも数日違いで見られますので、日程検討の際は要チェックです!

<船橋三番瀬海浜公園の基本情報>
住所:千葉県船橋市潮見町40番
電話番号:047-435-0828
駐車場:あり(9:00〜17:00)

千葉市・北斎の描いた「登戸浦」ポートタワーのイルミと共に

千葉市・北斎の描いた「登戸浦」ポートタワーのイルミと共に

写真:咲田 みつる

地図を見る

船橋市からさらに南下すること約20キロ。千葉市の富士見スポットをご紹介します!「そんなに南下すると、富士山が小さくなりそう」「バズーカ砲みたいな望遠レンズがないと見えないんじゃないの?」とお思いの方、どうぞご安心ください。

葛飾北斎の「富岳三十六景」に描かれた「登戸浦」は、千葉市中央区に現存する登渡神社付近から望む富士山を描いたものだと言われています。「浦」という言葉にも表されているように、かつて登戸付近は遠浅の海でした。現在は埋め立てられていますので、最寄りの浜は約1キロ先の千葉ポートパーク界隈となります。

写真はポートパークの防波堤からの眺め。富士山からの直線距離はおよそ127キロですが、十分に大きく見えます。北斎の「登戸浦」では、神社の鳥居越しに富士山を垣間見るというユニークな構図が採用されていますが、ポートパークは工業地域の真っただ中!千葉港に出入りする大型船と富士山とのコラボも日常的に見られます。

しかし冬のポートパークの楽しみはこれだけにあらず…。

千葉市・北斎の描いた「登戸浦」ポートタワーのイルミと共に

写真:咲田 みつる

パーク内にある「千葉ポートタワー」は、千葉ポートパークのシンボル。113Mの展望室からの眺めは、もちろん富士山を眺める特等席です。夕刻にはシルエットになった富士山と、少しずつ灯りをともし始めた関東の街並み&工業地域が一望できます。とっぷり日が暮れれば、富士山は見えなくなりますが、夜景はさらに煌めきを増します。この展望室からの360度の眺めは「日本夜景遺産」にも認定されています。(タワー周辺の夜景については、たびねす記事「マジックアワーに出航!千葉みなとナイトクルーズで富士山&工場萌え」をご覧ください。)

さらに11月下旬〜クリスマスまではタワー壁面に巨大クリスマスツリーが音楽とともに現れます。立地上、富士山とポートタワーをワンショットに収めることはできないのですが、ポートタワーの足元から富士山がバッチリ望めます!

<ポートタワーの基本情報>
住所:千葉市中央区中央港1丁目
電話番号:043-241-0125
イルミネーション期間:2017年11月23日〜12月25日(17:00〜22:00)

鋸南町・広重も描いた富士見!鋸山「地獄のぞき」とセットでいかが?

鋸南町・広重も描いた富士見!鋸山「地獄のぞき」とセットでいかが?

写真:咲田 みつる

地図を見る

千葉市からさらに南下することおよそ70キロ。歌川広重の「富士三十六景」の「房州保田海岸」にも描かれた、鋸南町からの富士見をご紹介します。(写真は鋸山より撮影)

「そんなに南下したらますます富士山小さくなるんじゃない?」という心配はご無用です。是非地図を見て確かめてください。鋸南町沿岸部は千葉県の中でも大きく東京湾に張り出した地域。実は鋸南町沿岸部と富士山の直線距離はおよそ103キロ。むしろ千葉市沿岸部よりもずっと富士山に近いんです!都内で言えば、スカイツリーから見る富士山よりも近いことになります。

また、鋸山の山頂展望台「地獄のぞき」で有名な鋸山からの富士見もおすすめです。鋸山は上述の保田の海岸とともに「関東の富士見百景」に選定されているスポット。ロープウェーで駆け上がった山頂からの富士見はまさに特等席!是非周辺観光とともにお楽しみください。(ロープウェー利用は富津市側から)

<鋸山ロープウェーの基本情報>
住所:千葉県富津市金谷4052-1
電話番号:0439-69-2314
営業時間:9:00〜17:00(冬季は9:00〜16:00)

富津市・マザー牧場のイルミは展望抜群!富士見と同時に楽しもう

富津市・マザー牧場のイルミは展望抜群!富士見と同時に楽しもう

写真:咲田 みつる

地図を見る

ここまで海沿いのスポットをご紹介してきましたが、内陸側にも富士見の穴場スポットは存在します。千葉のイルミネーションで圧倒的な認知度を誇る「マザー牧場」(富津市)。富士山との直線距離はおよそ110キロ。

花と動物たちのエンターテイメントファームがコンセプトの牧場です。250ヘクタールの起伏に富んだ敷地のうち、山の上のエリアからは東京湾や富士山が望めます。さらに冬季はイルミネーションと富士山をワンショットに収められます。

<マザー牧場の基本情報>
住所:千葉県富津市田倉940−3
電話番号:0439-37-3211
イルミネーション期間:
■2017年10月21日〜2018年1月8日:休園日除く毎日
■2018年1月13日〜2月25日:土日祝のみ開催
休園日:
■2017年12月11日〜15日
■2018年1月9日〜12日・16日〜18日
※営業時間は16:00〜20:00(点灯時間は天候にもより変動)

袖ヶ浦市・ドイツ村イルミは300万球!富士見も可能!

袖ヶ浦市・ドイツ村イルミは300万球!富士見も可能!

提供元:Yakei Memory

http://yakei-memory.com/地図を見る

関東三大イルミネーションとしてその名を馳せる「東京ドイツ村」(袖ヶ浦市)。富士山との直線距離はおよそ121キロ。

東京ドーム約19個分の敷地では、昼間は動物とのふれあいや収穫体験ができ、天候に恵まれれば、観覧車およびその付近で富士山が見られます。冬季イルミで光の海と化した会場越しにみる富士山は格別です。

<東京ドイツ村の基本情報>
住所:袖ヶ浦市永吉419
電話番号:0438-60-5511
イルミネーション期間:2017年11月1日〜2018年4月8日
点灯時間:日没〜20:00(最終入場19:30)

房総半島の東京湾沿い「内房」全域が優秀な富士見スポット!

今回は「関東の富士見百景」や浮世絵に描かれた著名な富士見スポットをご紹介してきましたが、もちろんこのほかにも優秀な富士見スポットは多く存在します!

特に鋸南町含め、アクアライン以南の房総半島内側の海岸は、「関東の富士見百景」が連続する地域です。「内房」を南下する過程で「陸路では都内からどんどん離れていくのに、富士山との距離は縮まっていく」という感覚は、初めての方には不思議に感じるかもしれません。ただし、富士見は気象条件に大きく左右されるもの。お出かけが空振りにならないよう、イルミネーションやテーマパークなど、曇天時にも楽しめるような周辺観光とセットで訪れることをおすすめします。

どうかあなたのお出かけが天候に恵まれて、予想以上に大きく見える富士山を楽しめますように!

2017年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ