ハノイ名物ブンチャーを食べるなら「ダック・キム」がおススメ

| ベトナム

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ハノイ名物ブンチャーを食べるなら「ダック・キム」がおススメ

ハノイ名物ブンチャーを食べるなら「ダック・キム」がおススメ

更新日:2016/05/31 10:07

沢木 慎太郎のプロフィール写真 沢木 慎太郎 放送局ディレクター、紀行小説家

ベトナムのハノイに観光で来られたなら、名物料理のブンチャー(Bun Cha)を味わってみてはいかがでしょうか?ブンチャーというのは、簡単に言えば“つけ麺”のこと。甘辛く炒めた豚肉と一緒に味わうのですが、これがたまらなくうまい!そこで数あるブンチャーの店でも、ハノイの超人気店「ダック・キム (Dac Kim)」と、ブンチャーの食べ方についてご紹介します。

ベトナム北部の名物グルメ!

ベトナム北部の名物グルメ!

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

ブンチャーというのは、ベトナム北部を発祥とする名物料理。甘いつゆに浸された炭火焼の豚肉などと一緒に食べるつけ麺です。

写真が、ブンチャーの一式セット。手前右に見えるハンバーグみたいな食べ物が、炭火で香ばしく焼いた豚のひき肉で、これが「チャー」と呼ばれるもの。

写真左奥に見えるそうめんのようなものが米粉から作られた麺で、「ブン」といわれる食べ物です。

香辛料で味を微妙に調整

香辛料で味を微妙に調整

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

では、さっそく食べ方をご紹介しましょう。まず、小皿に「チャー」をよそいます。この豚肉のひき肉が香ばしくて、たまらなくおいしい。甘辛いつゆも絶妙。これだけでビールのあてにもなります。食欲がそそられます。

ニンニクとトウガラシを混ぜた香辛料。さらに青パパイヤなども加えて小皿に入れ、味加減を調整します。

さっぱりとした味わいで、食欲が増進!

さっぱりとした味わいで、食欲が増進!

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

続いて、主食となる米麺のブンや、甘辛いスープに浸した野菜を入れ、香草を盛りつけると完成!いかがでしょうか?豚肉のひき肉のチャーがこんがりといい色。見た目よりも、さっぱりとした味わいで、食欲がそそられます。

ちなみに、ベトナム料理で有名なフォーも米粉から作られた麺ですが、やわらかな食感が特色。

これに対してブンは、ところてんのようにして作る押し出し麺で切断面が丸く、歯ごたえがあります。日本のそうめんと似た食感があり、さまざまなベトナム料理で使われています。

揚げ春巻きもたまらない!ビールのあてにぜひ!

揚げ春巻きもたまらない!ビールのあてにぜひ!

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

こちらは揚げ春巻きのチャー・ゾー。カニ肉を揚げたものなのですが、表面がサクサクで、中身がとてもジューシー。そのまま食べても、つけ麺に入れても、どちらもおいしい。こちらの料理も、ビールのあてに最適です。

ベトナムというと生春巻きのイメージがありますが、揚げ春巻きもモチモチ感があって、とてもおいしい。ぜひ揚げ春巻きも召し上がってみて下さい。

ブンチャーならハノイの老舗「ダック・キム」がおススメ

ブンチャーならハノイの老舗「ダック・キム」がおススメ

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

ハノイ市街でもたくさんのブンチャーの店を見つけることができますが、おススメは50年以上営業を続けている老舗の「ダック・キム 」。ハノイで最もにぎわう旧市街に位置し、風情のある街並みに溶け込んだお店です。

ハノイ市民だけでなく、観光客にもたいへん人気。「ダック・キム」店のブンチャーは本当においしいので絶対におススメです。

ただ、有名な人気店なので割高。もっとリーズナブルにブンチャーを味わいたいという方は屋台などがおススメ。いろいろなお店で、それぞれ独自の味付けを楽しむのもおもしろいですよ。

おわりに

以上、いかがだったでしょうか?
今回、ご紹介した「ダック・キム」店のブンチャーは一人前でも、かなりのボリュームがあり、たいへん食べごたえがあります。
味、量、値段の安さ、すべてにおいてきっと満足できるので、ハノイに観光で訪れたならぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

なお、ハノイの名物料理などについては別途、記事にまとめていますので、ご興味のある方はリンクからのぞいてみて下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/11/08 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ