ぶらり札幌 市内散歩 見応えある450種10万株の花菖蒲

| 北海道

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ぶらり札幌 市内散歩 見応えある450種10万株の花菖蒲

ぶらり札幌 市内散歩 見応えある450種10万株の花菖蒲

更新日:2013/06/26 14:07

札幌中心部から約6km。農業専門学校八紘学園の園内にある花菖蒲園。2haの広大な敷地に約450種類、10万株の花菖蒲が植えられ、例年7月上旬から中旬に満開を迎えます。
牧歌的な園内には、花菖蒲だけではなく、ラベンダーやヘメロカリスなどさまざまな花が咲き、気持ちのいい初夏の北海道を楽しむには最高の散策コースです。

ここのソフトクリームは最高です!

ここのソフトクリームは最高です!
地図を見る

花菖蒲とか言っておきながら、いきなりソフトクリームです。地下鉄東豊線福住(ふくずみ)駅から徒歩で10分ほどの場所にある八紘学園では、学園内で生産された野菜や牛乳の他にも、札幌近郊の農産物を扱う農産物直売所があります。
ここで生産される牛乳は風味豊かな味わいで評判が高く、この牛乳を使って作るソフトクリームが大人気なんです!道内あちこちでソフトクリームを食べ歩いていますが、ここが私の一押しです!

札幌市内とは思えない牧歌的な風景に出会えます

札幌市内とは思えない牧歌的な風景に出会えます
地図を見る

農産物直売所からポプラ並木をのんびり歩いて10分ぐらいで花菖蒲園に到着します。
普段は近隣住民の散策コースとして開放されていますが、花菖蒲が満開となる7月上旬から中旬の約2週間は、大人300円の有料期間となります。
地下鉄駅から徒歩圏、周りを住宅地に囲まれているのに、なんだか札幌市内とは思えない、そんな牧歌的な風景に出会えます。

壮観!10万株の花菖蒲

壮観!10万株の花菖蒲
地図を見る

花菖蒲って色、形、本当にいろんな種類があるんですね。学園で作られたオリジナルの園芸品種や、江戸時代に作られた古種と呼ばれる種類も多く保存されているそうです。
じっくり見て回ると1〜2時間はあっという間に経っちゃいます。有料期間中は園内に飲料や花の苗などを販売する売店が開設されます。

ラベンダーも綺麗です

ラベンダーも綺麗です
地図を見る

ラベンダー畑もあって、花の時期にはラベンダーの香りが漂います。またヘメロカリスは約140種類もあるそうで、これも見応えがあります。
園内にある畑は、年によって、小麦が穂を出していたり、キガラシの黄色い花が咲いていたりとさまざまな表情を見せます。

散歩のあとのジンギスカンが美味しい!

散歩したらお腹も減りますよね。八紘学園の敷地内にはツキサップじんぎすかんクラブがあります。ここのジンギスカンはラム肉ではなくマトン肉を使っているのが特徴。マトンとは、生後1年以上成育した羊肉です。肉の美味しさに加え、スパイスが効いたタレが食欲をそそります。オープンテラスで食べるジンギスカンは最高ですよ。

ここのチーフはシニアソムリエで、彼が選んだジンギスカンにあうワインも豊富。ビールだけではなくワインでジンギスカンもいいもんです。

都心から30分程で楽しめる八紘学園、札幌でちょっと時間が空いてどうしようかなと思ったら是非どうぞ!秋の紅葉もおすすめです。

散歩のあとのジンギスカンが美味しい!
地図を見る
掲載内容は執筆時点のものです。 2011/07/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ