『世界入りにくい居酒屋』に登場!台北の大衆居酒屋「阿才的店」

| 台湾

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

『世界入りにくい居酒屋』に登場!台北の大衆居酒屋「阿才的店」

『世界入りにくい居酒屋』に登場!台北の大衆居酒屋「阿才的店」

更新日:2015/11/18 09:11

吉川 なおのプロフィール写真 吉川 なお 台湾在住ライター、元旅行会社勤務の旅行マニア

親日家が多い台湾には、日本の居酒屋を真似た日式居酒屋が数多くあります。台湾に居ながら日本と同じような雰囲気でお酒を飲むことができますが、旅行で訪れたら、地元の人が集う居酒屋でその土地ならではのムードをたっぷり味わいたいもの。

そんなローカル体験をしたい方にお勧めなのが、台北にある「阿才的店」!
NHKBSプレミアムの『世界入りにくい居酒屋』でも紹介された熱〜いお店なんです。

かつては民主化運動の聖地

かつては民主化運動の聖地

写真:吉川 なお

地図を見る

「阿才的店」が誕生したのは1987年のこと。一党独裁を敷いた国民党政権が38年間にわたる世界一長い戒厳令を解除した、時代の転換点となった年でした。当時、店の近くでは民主化運動の闘士たちによる街頭デモが頻繁に行われ、運動の関係者の他に、政界、メディア界、芸術界、文学界などの人たちも訪れていました。

彼らは「阿才的店」で日々熱い議論を戦わせていました。そのため、いつしかここは『民主化運動の聖地』と呼ばれるようになり、80年代から90年代にかけて台湾の民主化の歴史を見届ける役割を担いました。

現在は、昼は食堂、夜は居酒屋となって、昔と同様に人々が集う繁盛店となっています。

レトロ感いっぱいの店内

レトロ感いっぱいの店内

写真:吉川 なお

地図を見る

MRT板南線、忠孝新生駅5番出口から徒歩10分のところにある店は、今も開店当時の面影を残しています。木々に埋もれた入口を開けると、そこにはタイムスリップしたようなレトロな空間が広がっています。

中に入るとすぐ年季の入った食卓や食器棚、壁一面に貼られた古い映画のポスターや写真が目に入ります。よく見ると、反共スローガンのポスターもあり、ノスタルジックな雰囲気の中に台湾が歩んだ激動の戦後史の一端も垣間見られます。

壁には「香餚味佳」と書かれた額も飾られています。これは陳水扁前総統が来店した際に揮毫したもので、おいしい料理という意味の称賛の言葉です。

店は2階建てで、1階の座席には常連が、2階の板の間と座席には観光客や若者たちという暗黙のルールがあります。

『世界入りにくい居酒屋』に登場!

『世界入りにくい居酒屋』に登場!

写真:吉川 なお

地図を見る

毎週木曜日夜11:45からNHKBSプレミアムで放映されている『世界入りにくい居酒屋』をご存じでしょうか。毎回、地元の人しか知らないディープな名店をコメンテーターのトークを交えて紹介する番組で、2015年10月にこの「阿才的店」が登場しました。

一体どこがディープなのか。それはこの店の気取らない雰囲気、その一言に尽きます。経営者で料理長でもある阿才さん(通称)を通じて、お客さん同士がいつの間にか家族のようになってしまうのです。一緒に飲んで励ましたり、諭したり、たまにはけんかもしたりと、店主とお客さん、そしてお客さん同士がなじみ合う、そんなおおらかムードが居心地のよさとなって、はまってしまう人が続出しているんです。

まさに「人のつながりを確かめ合う集会所」なのですが、タイトル通り、一見の観光客にはちょっと入りにくい居酒屋かもしれません。

食欲を満たすオリジナルメニューの数々

食欲を満たすオリジナルメニューの数々

写真:吉川 なお

地図を見る

それでもここをお勧めしたいのは、こういう「阿才的店」ならではのローカルな雰囲気とおいしいと評判のオリジナル料理を是非とも味わってほしいから。

店主の阿才さんは元々は四川料理を学んだ方ですが、台湾料理、広東料理、北京料理や上海料理など何でも器用に作ることができ、お客さんがリクエストした新たな料理がどんどんメニューに加わっていきます。

店一番の人気は「紅燒牛三寶」というトマト入りのトロトロ牛モツ煮込み。新鮮な牛すじ、レバーやハチノスなどを5時間かけて下茹でして、トマトとピリ辛のトマトソース、ニンニクの葉などと一緒に炒めた料理で、食べやすいトマトベースの味付けにホルモンが苦手な人でも箸が進むこと間違いなしです。

カキと野菜と揚げパンのあんかけ「油條蚵仔」や、豚のラードご飯「猪油拌飯」もよくオーダーされる料理。やや濃いめの味付けはビールとの相性も抜群で、はずれのないおいしさがあなたの胃袋をがっちりつかむことでしょう。

『入りにくい居酒屋』は是非とも入ってみたい店!

1階にあるテレビモニターでは、常に番組の映像が流されています。NHKでは『入りにくい居酒屋』として紹介されましたが、「阿才的店」はリピーター続出の絶品台湾料理が食べられる、実は『是非とも入ってみたい居酒屋』なんです!

あなたも台北に行かれたら、臆せずに、現地の人に交じってその味を堪能してみてはいかがでしょうか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/10/10 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ