一度見たら忘れない!びっくり仮面の中国四川省「三星堆博物館」

| 中国

| 旅の専門家がお届けする観光情報

一度見たら忘れない!びっくり仮面の中国四川省「三星堆博物館」

一度見たら忘れない!びっくり仮面の中国四川省「三星堆博物館」

更新日:2015/11/29 18:12

Saito Junsoのプロフィール写真 Saito Junso 旅ブロガー、トレッカー

中国四川省に、3000年以上も前に栄えた青銅器文明がありました。「三星堆遺跡」と呼ばれるその遺跡からは、見上げるような大きな立像に、目が飛び出した異形の仮面など他に類を見ない物がたくさん出土。宗教的儀式に使われたのか、国を治める政に使われたのか。黄河文明と同時期に栄えた驚くような長江流域の青銅器文明がそこにありました。今回はその出土品が見られる中国四川省の「三星堆博物館」をご紹介します。

古蜀の青銅器文化を伝える「三星堆博物館」

古蜀の青銅器文化を伝える「三星堆博物館」

写真:Saito Junso

地図を見る

1986年中国四川省成都の北約40kmの広漢市で、とても大きな発見がありました。見つかったのは3000年以上前の新石器時代末期から夏末商初にかけて栄えた古蜀の遺跡で、そしてそこから多くの青銅器や金製品が彫り出されました。
そして驚くべきことはその歴史の深さと共に、彫り出された青銅器類の形です。特徴的な仮面の青銅器に、巨大な人の像。それはこれまでに類を見ない形のものばかりで、大変世を驚かせました。「三星堆博物館」はそんな古蜀の青銅器文化を伝える博物館として1997年に建てられました。

目が突き出した青銅仮面

目が突き出した青銅仮面

写真:Saito Junso

地図を見る

三星堆遺跡の中で一番の象徴的な遺物が、「青銅縦目仮面」と呼ばれる青銅仮面です。高さ64.5cm、幅138cmと人が被るにしては大きすぎます。そして何と言ってもその特徴が突き出した目と大きな耳です。14cmも飛び出した目や大きく伸びた耳は、とても普通の人間のものとは考えられません。それでいてにっこりと微笑む姿に愛らしさも感じてしまいますが、これは一説には遥か彼方まで見通す神をイメージして作られたとのこと。ただまだ謎が多く、残念ながら未だはっきりと分からない事も多い遺跡です。それでもその強烈な印象は、一度見たら忘れられないものになるでしょう。

美しき「青銅神樹」

美しき「青銅神樹」

写真:Saito Junso

地図を見る

全長396cmの青銅製の樹は、日本語名で「青銅神樹」と呼ばれる青銅製の神樹です。博物館随一の高さで1986年に発掘されました。
この神樹は中国の古典「山海経」に描かれている扶桑樹ではないかと推測されています。その中で扶桑樹には多くの太陽が宿り、その太陽はそこにいる鳥に乗って空に巡回に行くとされています。それを表したかのように「青銅神樹」には、3階層にまたがるそれぞれの枝に計9羽ずつの鳥が装飾されています。

また一説にはこの樹が天と地(人)を繋ぐ役割を果たしており、崇拝の対象であったと考えられています。いずれにせよ高い神樹に美しい装飾物の数々から、当時の技術の高さをうかがいい知ることができます。

長江の青銅器文明

長江の青銅器文明

写真:Saito Junso

地図を見る

先にご紹介した目が飛び出た「青銅縦目仮面」と同様に、三星堆遺跡を紹介する際によく用いられるのがこの「貼金銅人頭像」です。文字通り金箔が貼られた青銅の頭像です。種類が多く、様々なタイプの頭像が発掘されています。

三星堆での発見は、単にその歴史や異形のみではありませんでした。約3000年前とは中国で言う黄河文明後期に当たります。その時代に長江流域でこのような高度な青銅器文明があったことこそ、この三星堆遺跡の最も大きな発見のひとつ。黄河文明に匹敵するかもしれない長江の青銅器文明、詳しい解明が待たれます。

世界最大の青銅製人物像「青銅立人像」

世界最大の青銅製人物像「青銅立人像」

写真:Saito Junso

地図を見る

最後にご紹介したいのが世界最大の青銅製の人物をあしらった「青銅立人像」です。80cmの台座の上に約180cmの人物像が立っており、計260cmの立像は見上げてしまうほどの高さです。これだけ大きな人物像は異例の大きさであり歴史的に見ても大変貴重なものです。

衣のような長い服を着ており、手には何かを持っていたような跡があります。恐らく祭祀儀礼に関わる人物で、それに関する道具を手にしていたのではないかと言われています。詳細は同様に不明ですが、宗教儀式やもしかしたら政を行う人物だったのかも知れません。様々な発掘物を色々と想像してみるのも、三星堆博物館の楽しみかもしれませんね。

たくさんの驚きを与えた「三星堆遺跡」

今回は中国四川省にあるちょっと変わった博物館「三星堆博物館」をご紹介しました。目が飛び出した異形の仮面は、強い印象と共に一度見たら忘れられないものとなるでしょう。その他にも個性的な青銅器出土品の数々。もしかしたらあの黄河文明と並ぶほどの高度な文明が栄えていたのかもしれません。
そんな楽しくもあり貴重でもある遺跡が見られる「三星堆博物館」に一度足を運んでみて、是非その驚きを感じてみてください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2007/05/24 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ