岐阜県大垣市「墨俣一夜城」を訪れれば誰もが出世間違いなし!?

| 岐阜県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

岐阜県大垣市「墨俣一夜城」を訪れれば誰もが出世間違いなし!?

岐阜県大垣市「墨俣一夜城」を訪れれば誰もが出世間違いなし!?

更新日:2015/11/18 09:35

常盤 兼成のプロフィール写真 常盤 兼成 酷道・険道・重伝建マニア

岐阜県大垣市にある墨俣一夜城。このお城は豊臣秀吉が建造したと言われているお城です。さすがに一夜で建てたのというのは大げさですが、かなりの短期間で建てたというのは本当のようです。ただ、当時は天守閣があるような立派なお城ではなく、砦のようなものだったとも言われており、まだまだ謎の多いお城です。お城自体は資料館になっており、秀吉関連の資料も豊富に展示してあります。それではご案内いたしましょう。

豊臣秀吉についての豊富な資料が展示されている「墨俣一夜城」

豊臣秀吉についての豊富な資料が展示されている「墨俣一夜城」

写真:常盤 兼成

地図を見る

墨俣一夜城がある岐阜県大垣市墨俣町。この地は岐阜県を代表する清流、長良川の右岸に位置しており、長良川の清らかな水の恩恵を大いに受けてきた地域ですが、同時に洪水や水害に長年悩まされてきた歴史も持っています。

そんな長良川のほとりに立つ「墨俣一夜城」は、平成3年4月に開館した比較的新しいお城。もともとこの地には、織田信長の美濃侵攻の際に豊臣秀吉が一夜にして建てたと言われる砦「墨俣城」がありました。現在は天守閣のある城郭として建てられており、城内は豊臣秀吉関連の資料館として公開されています。城の入り口には豊臣秀吉の像が鎮座しており、この地が豊臣秀吉と深いつながりがあることがうかがい知れます。

お城に入る前に「出世の泉」をぜひご覧ください

お城に入る前に「出世の泉」をぜひご覧ください

写真:常盤 兼成

地図を見る

豊臣秀吉の出世のスタートと言われているのがこの「墨俣一夜城」。そのためかお城へ架かる橋も「出世橋」、湧いている水は「出世の泉」と、これでもかというくらい出世という言葉を当てています。

「墨俣一夜城」への入館料はわずか200円。しかも18歳未満は無料です。内部は豊臣秀吉の資料が豊富で、秀吉ファンにとって特に興味深い内容となっています。日本の歴史の中でも特に戦国時代が好きな方は、尾張と美濃で繰り広げられた国盗りの様子がよくわかる資料が多いので、興味を持ってご覧いただけると思います。

5階建ての最上階からは濃尾平野の風景が一望できますが、長良川の堤防の高さが意外と高いため、見晴らしがとてもよいというほどではありません。北東方面には金華山の山頂にそびえる岐阜城がご覧いただけます。

模造天守ながら金鯱まで輝く立派な「墨俣一夜城」

模造天守ながら金鯱まで輝く立派な「墨俣一夜城」

写真:常盤 兼成

地図を見る

「墨俣一夜城」は同じ大垣市内にある「大垣城」をまねて造ったと言われています。平成3年に造られた新しいお城ですので、鉄筋コンクリートで作られた模造天守の城郭です。一夜にして造られたと言われていますが、当時は「砦」のようなものを「城」と呼んでいたので、「砦」の建設であれば短期間で造られたことは確かだと思われます。ただ、敵の攻撃を追い払いながら、約3000人を動員して数日間で造られたということで、その早さには驚かざるを得ません。

「墨俣一夜城」を建設した頃の秀吉は正確には木下藤吉郎でしたが、この「墨俣一夜城」建設の功績が認められ、日本の歴史の表舞台に登場するようになりました。そのことからもこの地は出世を願う人のスポットとして注目されるようになっていったようです。

大阪城の豊国神社から分祀した「豊国神社」もあります

大阪城の豊国神社から分祀した「豊国神社」もあります

写真:常盤 兼成

地図を見る

豊臣秀吉と深いつながりがある「墨俣一夜城」ですので、敷地内には豊国神社もあります。豊国神社とは豊臣秀吉を祀る神社のことで、豊臣秀吉ゆかりの地に建てられています。この神社にも「出世之神」というのぼりが掲げられています。「墨俣一夜城」の敷地だけでどれだけ「出世」の文字が掲げられているのでしょうか。

「墨俣一夜城」のまわりは城址公園になっていて、特に桜の時期は多くの人でにぎわいます。春先から初夏にかけては長良川や犀川からの風が心地よく、のんびりと公園内で過ごすのに最適です。

最後に自らの「出世」を祈願し「願かけ出世ひょうたん」を奉納

最後に自らの「出世」を祈願し「願かけ出世ひょうたん」を奉納

写真:常盤 兼成

地図を見る

豊臣秀吉は千成瓢箪を馬印に、次々と手柄を立て出世していったと言われることから、こちらのお城では「願かけ出世ひょうたん」というユニークな願かけがあります。瓢箪は城内の売店で購入します、この瓢箪に直接願い事を記入し奉納します。これらの瓢箪は毎年10月に行われる薪能の際に、かがり火にくべられ、炎とともに願いが天に届くと言われています。神社の絵馬とは異なり、金運アップや出世を願う文言が各瓢箪に書かれているのが特徴的でおもしろいです。

「墨俣一夜城」を訪れると、何度となく「出世」という文字を目にするので、自分も本当に出世していくような気になれます。最後にこの「出世ひょうたん」の奉納であなたも出世が約束されたも同然です!?

おわりに

歴史上の人物の中でも豊臣秀吉はかなり人気のある人物ですので、秀吉好きな方は必ず気に入るスポットとなるでしょう。模造天守であることを差し引いても、戦国時代の尾張と美濃の攻防などの歴史を大いに学べる資料館としての価値は十分あります。近くには岐阜城や大垣城などもありますので、墨俣一夜城を拠点にお城めぐりをしても楽しいのではないでしょうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -