旅情に浸る!マンダリン・オリエンタル・バンコク夜の楽しみ方

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

旅情に浸る!マンダリン・オリエンタル・バンコク夜の楽しみ方

旅情に浸る!マンダリン・オリエンタル・バンコク夜の楽しみ方

更新日:2018/07/26 10:14

沢木 慎太郎のプロフィール写真 沢木 慎太郎 放送局ディレクター、紀行小説家

タイ・バンコクのラグジュアリーな5つ星ホテル「マンダリン・オリエンタル・バンコク」。世界屈指の名門ホテルで、作家のサマセット・モームや、タイ・シルク王として名高いジム・トンプソンが定住したことでも知られています。このホテルがさらに深みを出すのは、ドレスコードが必要となる午後6時30分から。リバーサイドテラスや館内のエストランはシックでエレガントな雰囲気に包まれ、旅情にたっぷり浸ることができます。

夜になればシックで優雅!アジアを代表する最高級ホテル

夜になればシックで優雅!アジアを代表する最高級ホテル

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

タイの首都・バンコクの中心部を流れるチャオプラヤー川のほとり。そこにバンコク初の西洋風ホテル「マンダリン・オリエンタル・バンコク」があります。

アジアを代表する最高級ホテルのひとつで、国内外の賓客やセレブたちが宿泊。世界各国の権威のある雑誌調査でも、常に世界のトップクラスに選ばれているほど。約130年の歴史を持つ名門ホテルです。

このホテルを象徴するのが、ご覧のロビー。明るく開放的なロビーは、昼間は中庭の緑を色鮮やかに映し、夜になればとてもシックで優雅な味わい。

ランの花など、南国の花々が天井高く積み上げられたフラワーデコレーションは実に見事です。鳥かごに似た独特なシャンデリアに穏やかな色の光が灯り、どこか遠く懐かしい。“豪華さ”“派手さ”ではなく、誰かと寄り添いたくなるような、クラシカルで上品な心づかいに満ちあふれています。

夜の楽しみは個性派レストラン

夜の楽しみは個性派レストラン

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

「マンダリン・オリエンタル・バンコク」の夜の楽しみと言えば、何といっても個性的なレストラン。9つのレストランとバーがあり、バンコク内でも最高レベルのディナーを味わうことができます。

そのひとつがシーフードレストランの「ロード ジム」。長〜い色鮮やかなブルーの水槽に、カラフルな熱帯魚や巨大エビ、サンゴの数々。まるで海の底へともぐっていくような演出がおもしろい。

ディナーでは、ロブスターやクルマエビ、魚のタルタル、生がき、貝の盛りあせ、ホタテのセビチェといった、海の幸をふだんに使った“シーフードタワー”というコースが最高においしくておススメです。夜になればドレスコードが必要なので、うんとお洒落して入店しましょう。

揺れる船の明かり!リバーサイドで最高のブッフェ

揺れる船の明かり!リバーサイドで最高のブッフェ

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

そうして、イチオシのレストランが多国籍ブッフェを味わうことができる「ザ・リバーサイド テラス」。チャオプラヤー川に面したテラス席で、バーベキューが堪能できるオープンエア形式のレストランです。

夜になれば、このテラスもぐっとシックな味わい。ディナークルーズ船や渡し船の明かりが川面に揺れ、とても情緒深い風景が広がります。テーブルにほのかな明かりが灯り、美しい景色を眺めながらのんびりと静かなひと時。バンコクでの素敵なディナーを楽しむことができます。

さまざまなプディング!スイーツ好きにはたまらない

さまざまなプディング!スイーツ好きにはたまらない

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

こちらは、「ザ・リバーサイド テラス」で味わうことができるブッフェ。ロブスターや魚介類といった新鮮なシーフードをはじめ、ジューシーなローストビーフ、インド料理やレバノン料理、さらには日本の鉄板焼きなど、どれもおいしくて目移りしてしまいます。

しかし、一番のおススメは色とりどりに飾られた豊富なスイーツ。さまざま種類のプディングは色鮮やかで美しく、手の込んだフランベのデザートも最高の味わい。スイーツ好きにはたまらない逸品を味わうことができます。

また、こちらでもディナーでもドレスコードが必要。しかし、スマートカジュアルで十分なので、ちょっとお洒落してオープンテラスのビッフェを楽しみましょう。

旅情をかきたてられる!タイならではの温かなおもてなし

旅情をかきたてられる!タイならではの温かなおもてなし

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

ほんのり薄暗く、落ち着いた味わいのある「マンダリン・オリエンタル・バンコク」の夜。南国の異国情緒あふれるインテリアは洗練されていて、たいへん居心地がいい。

“世界屈指の名門ホテル”と称賛されながら、古い扇風機を使ったインテリアが飾られたり、素朴な木のテーブルやイスを使ったりするなど、気取ったところが少しもないところが、このホテルの素晴らしいところです。

そして、このホテルの何よりも素敵なところは、ホスピタリティ(おもてなしの心)にあふれるスタッフと出会えること。ひとりでくつろいでいると、スタッフが気さくに話しかけてくれ、すぐに親しい友達になることができます。

タイならではの温かなおもてなしに旅情をかきたてられ、何度も訪ねたくなる。バンコクの大切な友だち。そんなふうに思えるの素晴らしいホテルが「マンダリン・オリエンタル・バンコク」です。

おわりに

以上、いかがだったでしょうか?
タイの古式舞踊が楽しめるレストランや、素敵なジャズとカクテルでくつろぐことができるバーなど、実にさまざまな演出で、旅人をもてなしてくれる「マンダリン・オリエンタル・バンコク」。

また、クッキング・スクールでタイ料理を学べたり、バンコク初のホテル内スパとして数々の賞に輝く高級スパ「ザ・オリエンタル・スパ」を体験できたり、他のバンコクのホテルにはない魅力がたくさん。

なお、「ザ・オリエンタル・スパ」やバンコクでのおススメのホテルなどについては別途、記事にまとめていますので、ご興味のある方はリンクからのぞいてみて下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/11/14 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -