1食じゃ足りない!毎食通いたいバンコクMBKセンターのフードコート

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

1食じゃ足りない!毎食通いたいバンコクMBKセンターのフードコート

1食じゃ足りない!毎食通いたいバンコクMBKセンターのフードコート

更新日:2015/11/19 14:51

浅井 みらののプロフィール写真 浅井 みらの 総合旅行業務取扱管理者、全国通訳案内士(英語)、世界遺産検定2級

赤いスープが食欲をそそるトムヤムヌードル、パリパリの皮が自慢の北京ダッグ、デザート感覚で飲めるタピオカミルクティー。バンコクにあるデパート「MBKセンター」のフードコートで食べられる料理の数はなんと100種類以上!旅行者だけでなく地元民も頻繁に訪れる人気スポットです。今回は旅行者にも利用しやすいMBKセンターのフードコートの魅力をご紹介します。

並んでいる店舗は20店舗以上のフード天国

並んでいる店舗は20店舗以上のフード天国

写真:浅井 みらの

地図を見る

MBKセンター6階にあるフードコート「フード アイランド」では、タイ料理を食べるにしてもいろんな選択肢があります。チャーハン専門店や、白米と複数のおかずから自分の好きなものを選べるお店、そして、スープ付きとスープなし(パッタイなど)で更にお店が異なったりします。その結果、何軒もお店を覗くことになります。この他にも飲茶が食べられる中華料理やケバブ、インドカレー屋さんもあり、どれを食べようかフードコート内をうろうろしてしまうこともしばしば。

広いフードコート内には20店舗以上のお店が展開されており、どのお店も写真付きのメニューやディスプレイがあるので、タイ語が読めなくても分かりやすいです。しかも、オープンキッチンスタイルなので調理している様子も見る事ができ、余計食欲をそそられてしまいます。

BTSのICカード「rabbitカード」で支払いがスムーズ

BTSのICカード「rabbitカード」で支払いがスムーズ

写真:浅井 みらの

地図を見る

タイのフードコートでは直接お店に現金で支払うケースより、クーポン売り場でクーポンを購入し、食べたい料理のお店でクーポンを渡すケースの方が多いです。余ったクーポンは当日中であれば払い戻しができます。

MBKのフードコートも現金で直接やり取りすることはありませんが、クーポン自体がハイテク!SuicaのようなICカードをフードコート入り口にある受付で発行してもらい、その際に自分が支払った現金がカードに入金されます。あとは食べたいお店でカードをかざせば、金額が自動的に引き落とされます。そして、何度も訪れることのない旅行者にとって嬉しいのが、バンコクのモノレール(BTS)で利用できるrabbitカードでもお支払いができちゃうということ。チャージもフードコートの受付で可能です。Rabbitカードがあればバンコク市内の移動もスムーズなので、一枚持っていて損はないカードですよ。

流行りのスイーツにも出会える!今回は「たい焼き+ソフトクリーム」

流行りのスイーツにも出会える!今回は「たい焼き+ソフトクリーム」

写真:浅井 みらの

地図を見る

タイのB級グルメや流行りの食べ物もフードコートにて発見できますよ!写真に写っているのはソフトクリームのコーン部分がたい焼きという、ソフトクリームとたい焼きの両方を同時に楽しめるスイーツです。とても食べ応えのある一品です。2015年、タイではたい焼きがブーム。他のデパートでもクロワッサンたい焼きやミニたい焼きなど販売されるほどです。甘いもの大好きなタイ人だからこそ、人気になった食べ物ではないでしょうか。

この他にもタピオカミルクティーのお店や、菓子パンを売っている場所もありますので、ちょこっと休憩するのにも便利です。余談ですが、タイではパン屋さんも是非覗いて頂きたい!日本と同じあんぱんなども売られてますが、ココナッツミルクのパンはほのかな甘さで食べやすく、チャーシュー入りの惣菜パンはチャーシューの甘じょっぱいソースがパン生地に染込み、癖になる味ですよ。

毎日10万人以上が訪れるタイ人の集い場

毎日10万人以上が訪れるタイ人の集い場

写真:浅井 みらの

地図を見る

MBKセンターのフードコートは規模も品数も桁違いですが、デパート全体の規模が凄まじいです。1985年にオープンし、現在ある店舗の数はなんと2000店舗以上!毎日10万人以上の人が訪れ、その大半が現地のタイ人です。なので生活用品を取り扱っている店舗も多いです。7階建てビルのほぼ全てのフロアで電化製品を扱っており、5階では家具が販売されています。

お土産を扱っているお店も2階、3階、6階にあります。多く買うことで値段交渉をしてくれますので、まとめ買いがお勧めですよ。洋服やアクセサリーもお手頃価格のものが多いので、お気に入りのものを数ある店舗の中から見つけるのも楽しいですね!

全ての人が幸せになることを目指すデパート

MBKセンターは、多すぎる商品に圧倒されながらも、どんどん歩を進めてしまうデパートです。フロア中にテナントが密集し、独特の雰囲気や活気が出ています。ありとあらゆるものを揃えているのは、MBKセンターの掲げるミッション「全ての人に幸せを」をかなえようということからではないでしょうか。その一端を担うフードコートも、全ての人が満足できるよう多種多様なメニューが揃っています。新しいタイ料理が食べたいと思った時は、MBKセンターのフードコートへ是非訪れてみてください!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/10/26 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -