伊・シチリア島バロックの宝庫!ノートの町で装飾彫刻のバルコニー巡り

| イタリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

伊・シチリア島バロックの宝庫!ノートの町で装飾彫刻のバルコニー巡り

伊・シチリア島バロックの宝庫!ノートの町で装飾彫刻のバルコニー巡り

更新日:2016/01/06 14:47

Hiroko Ojiのプロフィール写真 Hiroko Oji ヨーロッパ一人旅愛好家

伊・シチリア島東南部のノート渓谷には、ヨーロッパにおける後期バロック様式の頂点と称される町々が点在しています。その中の一つに、小さいながら優美で素晴らしいバロック装飾のバルコニーが見所のノートの町があります。

かつての町は大地震により破壊されてしまい、場所を変えて新たに生まれ変わったという町並みには見事な彫刻で飾られる邸宅や教会が続き、町外れの公園ではのんびりと寛げる風景が広がっています。

バロック装飾の美しい町への入り口はレアーレ門

バロック装飾の美しい町への入り口はレアーレ門

写真:Hiroko Oji

地図を見る

伊・シチリア島南東部のシラクーサから列車で約30分、バスなら約1時間で到着するのは、バロック装飾の美しい小さな町ノート。バス停があるのは町外れの市民公園前で、この奥に、町への入り口ともいうべきレアーレ門があります。ブルボン家のフェルディナンド2世を称えて造られた小ぶりの凱旋門といえるこの門をくぐると、町の大通りヴィットリオ・エマヌエーレ通りがまっすぐ続きます。

見事な彫刻が施されたバルコニーを見上げるのはニコラチ通りで!

見事な彫刻が施されたバルコニーを見上げるのはニコラチ通りで!

写真:Hiroko Oji

地図を見る

ノートの町並みは、カターニアより南のノート渓谷の町々と同様、17世紀の大地震の際に壊滅状態となりました。その後、元あった場所から10キロほど離れたところに、バロック様式の建築によって再建され、その美しさが認められて、2002年に世界遺産として登録されるようになりました。

見所はメインストリートのヴィットリオ・エマヌエーレ通りとニコラチ通り周辺に集中しています。特に坂道になったニコラチ通りは、両側は、軒下に優美でダイナミックな彫刻が施されたバルコニーのオンパレード。その坂道を上り詰めると教会があり、さらにバロック様式の建物が建ち並ぶカブール通りへと繋がっています。

一つひとつ違う、繊細緻密なデザインの彫刻が並ぶバルコニーの軒下

一つひとつ違う、繊細緻密なデザインの彫刻が並ぶバルコニーの軒下

写真:Hiroko Oji

地図を見る

ニコラチ通りでは、一つのバルコニーだけでもそれぞれ違った表情の人面や動・植物などの彫刻に出会えますが、そのバルコニーが何段にも何列にも並ぶ様は壮大そのもの!バルコニーにいると見えない装飾が通りからなら見上げるだけでOK!軒下だけでなく窓の上部にも注目しましょう。

一つひとつの人物像の表情が違うのも面白く、その隣や上下のバルコニーでは動物であったり仮想の生き物であったりと多種多様!彫刻装飾に圧倒され、よくぞここまで細密で美しいものが揃ったものだと目を瞠るばかりです。

広々とした階段の上に聳える大聖堂

広々とした階段の上に聳える大聖堂

写真:Hiroko Oji

地図を見る

建物のバルコニーばかりでなく、通り沿いに点在する教会も素晴らしい姿を見せています。

ヴィットリオ・エマヌエーレ通りにある大聖堂は、横幅の広い開放感あふれる階段の上にあり、両側に鐘楼が設置された存在感の大きなもので、内部は3廊式になっています。又近くには同じような立派な造りの教会がいくつかあり、どれも小さな町にもかかわらず見事な設計です。

市民公園は緑いっぱい!

市民公園は緑いっぱい!

写真:Hiroko Oji

地図を見る

町外れの市民公園は広い敷地に緑溢れる市民の憩いの場となっています。端からはノート渓谷の緑豊かな風景が眺められ、所々にベンチが設置されています。近郊からのバスが発着するバス停がそばにあって、バス待ち時間にも利用できるのが嬉しい所です。

いかがでしたか?

ノートの町は素晴らしい装飾彫刻に出会える素敵なところですが、小さな規模なので、半日もあれば十分歩き回れます。近くのラグーザもしくはシラクーサなどで宿泊するか組み合わせるかして、バスや列車を利用して訪れるのにちょうど良いでしょう。車窓風景も素晴らしいので、移動時間もたっぷり楽しんでくださいね。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2007/03/27 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ