絶景サンライズ!利尻島の朝は鴛泊港に昇る日の出を拝もう

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

絶景サンライズ!利尻島の朝は鴛泊港に昇る日の出を拝もう

絶景サンライズ!利尻島の朝は鴛泊港に昇る日の出を拝もう

更新日:2015/11/19 16:37

月宮 うさのプロフィール写真 月宮 うさ ブロガー

フェリーターミナルのある北海道利尻島の玄関口「鴛泊港(おしどまりこう)」は、島内屈指のサンライズスポットでもあります。晴れた日の朝に開催される、早朝のほんのひとときだけのショータイム。海と空の色が刻々とオレンジ色に染まりゆく光景は絶景そのものです。
島での朝はいつもより少しだけ早起きをして、港に昇る美しい日の出を拝みに出かけましょう!

利尻島の早朝は鴛泊港で日の出鑑賞!

利尻島の早朝は鴛泊港で日の出鑑賞!

写真:月宮 うさ

地図を見る

2014年3月にオープンしたフェリーターミナル「海の駅おしどまり」が建つ、利尻島「鴛泊港(おしどまりこう)」は、北海道本土「稚内港(わっかないこう)」とお隣の礼文島「香深港(かふかこう)」を結ぶフェリーが行き来する島の玄関口です。

日中は賑やかな港ですが、陽が沈むと観光ピークシーズンでも静かな夜を迎え、早朝には絶景ショータイムが始まります。まずは、前日に日の出時間を要チェック、目覚まし時計をセットして就寝しましょう。そして、太陽が昇る時間に合わせて港へでかけましょう!

北海道でも北に位置する利尻島の朝は夏でも寒さを感じることが多々ありますので、おでかけの際はあたたかい服装で。特に春・秋の朝・夜はびっくりするくらい冷え込む日もありますのでご注意くださいね。冬は厚手の防寒着必須です。

絵になる絶景サンライズがここに!

絵になる絶景サンライズがここに!

写真:月宮 うさ

地図を見る

太陽が顔を見せる頃、鴛泊港には静寂と感動に包まれたオレンジ色の絶景が広がります。それはまるで絵に描いたような美しさ!利尻島に来たならば、早起きして絶対に見ていただきたい風景です。

オレンジ色の鴛泊港を早朝散歩

オレンジ色の鴛泊港を早朝散歩

写真:月宮 うさ

地図を見る

日の出を拝んだ後はオレンジ色に染まる港を歩いてみませんか?
見る角度が変われば見える景色も変わり、自分だけの絶景にも出会えるかもしれません。美しい利尻島の朝の風景があちらこちらで待ってますよ!

体力必須の絶景スポット「ペシ岬展望台」から望む日の出

体力必須の絶景スポット「ペシ岬展望台」から望む日の出

写真:月宮 うさ

地図を見る

体力に自信がある皆様へ、更なる絶景サンライズスポット「ペシ岬展望台」をご紹介。
ここは鴛泊港から遊歩道入口まで徒歩で約5分の場所にある標高93メートルの岩山の岬です。入口から展望台までは約20分。途中から道が二手に分かれます。体力に自信のある方は迂回せず登る左側、不安がある方は少し遠回りになりますが比較的緩やかな傾斜が続く右側がオススメ。ちょっとした軽登山のような道が続きますので、足元は2つのルートどちらを選んでも運動に適した靴が必須です。

展望台は360度見渡せる絶景スポット!港はもちろんのこと、島のシンボル「利尻山」も目の前に!そして白亜の灯台「鴛泊灯台」・日本海の向こうには水平線に昇る太陽の姿が。さえぎるものは何もないからこそ見ることができる美しい日の出をゆっくりと鑑賞してくださいね。

また、ここは夕日が美しいサンセットスポットでもあります。夕方の散策もオススメですよ。

昼の鴛泊港も美しい!

昼の鴛泊港も美しい!

写真:月宮 うさ

地図を見る

港が美しいのは朝だけではありません。昼間にも絶景が待っています!
写真では山頂が雲の中に隠れていますが目の前には利尻山の姿があり、水面に映し出されるその風景はため息を飲むほどの美しさです。
お時間が許す方は是非、昼の散歩も楽しんでみてくださいね。

鴛泊港付近に宿泊ならお部屋から日の出が見られる!

港付近は宿泊施設も多く建ち並ぶエリアです。海の見える部屋に宿泊をすれば、日本海に昇る美しい日の出をお部屋からゆっくりと眺めることができます。

利尻島は自然景観が美しいだけではなく、あたたかい人々が出迎えてくれるほっこりとする島。美味しい海の幸も待っていますよ。皆様も是非一度訪れてみませんか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ