海派も山派もと・り・こ!ハワイ、マウイ島で大自然にふれる!

| ハワイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

海派も山派もと・り・こ!ハワイ、マウイ島で大自然にふれる!

海派も山派もと・り・こ!ハワイ、マウイ島で大自然にふれる!

更新日:2015/12/07 17:20

wanderlust tomokoのプロフィール写真 wanderlust tomoko シヴァナンダ ヨガのインストラクター

日本人からの絶大な支持を得るオアフ島をおさえ、世界の人気旅行先投票では上位にランキングするマウイ島。開発されたリゾート地もある一方で、自然のままのビーチや山や渓谷、夕暮れが映える町など、どこを切り取っても美しく穏やかな風景。
ウミガメも、海抜3055メートルでのハレアカラ国立公園のサンライズも、飾らず自然のままの姿で迎えてくれます!

世界では話題沸騰中!ビーチ派もマウンテン派も満足させる島

世界では話題沸騰中!ビーチ派もマウンテン派も満足させる島

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

日本人がオアフ島を愛してやまないように、アメリカ人がこよなく愛するのは、実はマウイ島なのです。アメリカの旅行雑誌、コンデナスト・トラベラーやTravel + Leisureではランキング上位の常連。
更には、トリップアドバイザーの“世界で行きたい島”で第2位にも選ばれ、世界中の旅行者からも注目を集めています。

しかしその本当の姿は、日本の大阪府や香川県ぐらいの面積で13万人が住む素朴な島なのです。

マウイ島の近く、スノーケリングスポットとして有名なのがモロキニ。こちらが一定距離を保つよう注意しながら泳いでいても、カメの方からアロハ!と挨拶をしているかのように近づいてくることも。そして1日のスタートは、太陽の家というニックネームを持つ、マウイ島最高峰、海抜3055メートルのハレアカラ国立公園(以下、ハレアカラ)のサンライズで始めましょう。

トレッキングは不要!3055メートルの山頂までドライブ&ご来光

トレッキングは不要!3055メートルの山頂までドライブ&ご来光

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

ハレアカラとはハワイ語で「太陽の家 (house of the sun)」という意味で、サンライズを望むのにこれ以上の場所はないはず。そして、3055メートルの山頂までドライブで行くことができるのもメリット。もちろん、汗をかいてトレッキング後に見る山頂からのサンライズに感動することは言うまでもありません。が、のんびりと過ごしている休暇中ならば、車で行って、サンライズを眺められるなんて最高ですよね。

レンタカーを借りて自力で訪れる旅行者もいますが、夜明け前の眠たい時間帯のドライブに加えて、防寒着が必要になるので、ツアーに参加するのが安心です。
宿泊場所にもよりますが、ホテルを出発するのは深夜の2時〜3時頃の間。くねくねと続く山道をぐんぐんと登っていきます。酔いやすい人は注意が必要ですが、道はしっかりと舗装されているのでガタガタと揺れることはありません。
到着後にはサンライズ前にもハイライト!空いっぱいの星が出迎えてくれます。

真っ暗だった空の色が紫、オレンジ、赤と少しずつ変化する色合いにうっとりしてしまいます。時間の速さは同じはずなのに、この時ばかりは、日が昇るまでとてもゆっくりと流れているような気がします。

自然と身震いが!月面にいるかのように感じるほどの巨大クレーター

自然と身震いが!月面にいるかのように感じるほどの巨大クレーター

提供元:HTA/Tor Johnson

http://www.hawaiitourismauthority.org

明るくなって周囲を見渡してみると、雲海が広がり、雲の上にいることに改めて感動が湧き上がってきます。天気がよいと、ハワイ州の最高峰、ハワイ島のマウナケアも望めます。

ハレアカラは、世界の休火山では最大級というだけあって、山頂にあるクレーターは面積約42平方キロメートル 、深さは860mとビッグサイズ。まるで山ではなく月面にいるようなゾクゾクっとした感覚も。
あっ!と驚く美しさのサンライズを見ることができる場所はたくさんありますが、それらの中でもここは別世界と感じられます。

ハワイ諸島は何百万年も前の火山活動によって形成された島々。マウイ最高峰の3055mのこの場所も、はるか昔は、海底に沈んでいたのだと思うと、古代の海からのパワーがみなぎってきます!

珍しい植物との一期一会も!

珍しい植物との一期一会も!

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

ここで生息する珍しい動植物も見逃せません。ハレアカラ山頂には絶滅危惧種の動物や植物との出会いがたくさんあるのです。
滅多に見ることができないハワイ州の鳥で雁の一種、ネネにもこの周辺では遭遇できますよ。そして、山頂の過酷な環境で力強く育つ銀剣草(シルバーソード)は一生に一度だけ、花を咲かせる植物。運がよければ一期一会の出会いがあるかもしれません。
写真よりも、もっともっと大きく花が伸びているものもありますので探してみてください。

大自然の中の、自然ジェットコースター!自転車で急下降

大自然の中の、自然ジェットコースター!自転車で急下降

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

標高2000メートル辺りから自転車でくだるダウンヒルツアーは、恐さと美しさナンバーワンのまるで自然ジェットコースターのよう。この風景をもっと間近で見て目に焼き付けたいなんていう人、スリリングな体験をしたい人向けのアクティビティです。

登りはもちろん車で山頂まで行くので自転者を担いだり、こいだりする必要はなく楽チン。自転車だと体全体で風を感じ、雲の中を突っ切り、爽快感120パーセント!

小さな島にあふれんばかりの自然の数々!

年間通して訪れることができるメリットがある一方で、ハレアカラのツアーは人数や催行日には限りがあるのでお申し込みはお早めに。
マウイ島には、ビーチはもちろん、マイナスイオンたっぷりの緑いっぱいのイアオ渓谷、ラベンダー農園、夕暮れ時が魅力をます「ラハイナ」には、樹齢140年を越えるバニヤンツリーもあり自然の豊かさを体いっぱいに感じることができます!

掲載内容は執筆時点のものです。 2011/10/13−2011/10/15 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -