六本木で愛を語る!?夜景キラキラ「六本木ヒルズ展望台」は年間パスポートがおトク

| 東京都

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

六本木で愛を語る!?夜景キラキラ「六本木ヒルズ展望台」は年間パスポートがおトク

六本木で愛を語る!?夜景キラキラ「六本木ヒルズ展望台」は年間パスポートがおトク

更新日:2016/12/17 18:11

さと しほのプロフィール写真 さと しほ 旅行会社勤務

東京の景色を一望できる「六本木ヒルズ展望台」には屋内と屋上の2つの展望スポットがあります。屋上に出れば、ガラス越しではなく、直接景色を楽しむことができます。屋内のカップルシートに座ってキレイな景色を眺めれば、2人の距離がグッと縮まるかも!?東京タワー、スカイツリー、お台場、富士山。360度ぐるっと一望できる景色が気に入ったら、年間パスポートの購入がおすすめ。1年に3回入場すればモトがとれますよ!

東京の中心「六本木」でキラキラ夜景を楽しもう!

東京の中心「六本木」でキラキラ夜景を楽しもう!

写真:さと しほ

地図を見る

東京には、スカイツリーにも東京タワーにも展望台がありますが、私のおすすめは「六本木ヒルズ展望台」です。山手線の真ん中に位置する「六本木」からなら、東京タワー、スカイツリー、お台場、富士山、羽田空港を離発着する飛行機まで、大都会東京の何もかもが見えます。

東京タワーは通常はオレンジですが、イベント時にはそのイベントにあったカラーに色を変えてライトアップされています。東京タワーのライトアップを見るためには、東京タワーの目の前に建つ六本木ヒルズ展望台にのぼりましょう。クリスマスやバレンタインデーなど、デートにピッタリのイベントが目白押しになる冬は、空気が澄んでいて夜景がさらにキラキラ輝いて見えますよ。

六本木ヒルズ展望台の料金システムをご紹介します

六本木ヒルズ展望台の料金システムをご紹介します

写真:さと しほ

地図を見る

ここで、ちょっと複雑な六本木ヒルズ展望台(東京シティビュー&スカイデッキ)の料金システムについてご紹介します。

◆基本入場料 1,800円 
※1,800円を払えば、52階にある屋内展望スポット(東京シティビュー)だけでなく、53階にある森美術館にも入場できます。

◆追加料金   500円 
※53階のさらに上にある屋上展望スポット(スカイデッキ)に入場するためには、基本入場料の1,800円に追加して500円が必要です(合計2,300円)。

【注意】52階の「森アーツセンターギャラリー」で開催されているイベント展示は別料金です。「森美術館」と「森アーツセンターギャラリー」は、名称が似ている上に同じ場所にあるので混同しがちですが、別モノです。「森アーツセンターギャラリー」へのイベント入場料を払って入れるのは森アーツセンターギャラリーだけです。東京シティビューおよび森美術館には入場できません。ただし、イベント入場料+500円の追加料金を払えば、スカイデッキには入場できます。

◆年間パスポート 6,000円
1年間に何度でも「東京シティビュー、森美術館、スカイデッキ」に入場できるパスポート。3つあわせた入場料は1回あたり2,300円ですから、3回入場すればモトがとれます。1年目は6,000円ですが、2年目以降は「5,000円」になります。

カップルシートでステキな時間を!

カップルシートでステキな時間を!

写真:さと しほ

地図を見る

六本木ヒルズ展望台は2015年に改装工事をすませ、再オープンしました。この改装工事でレストランやショップのレイアウトを変更したため、外が見えるガラス張りのスペースが増えました。展望台入場者は、より多くの方向から東京の景色を眺めることができるようになったんです。
外を見やすくするためにライトダウンされている薄暗い展望台内には、カップルシートが設置されています。とてもいい雰囲気です。バーラウンジも併設されているので、食後にお酒を飲みながら夜景を楽しんでみては?
デートにピッタリですね。

景色が気に入ったら、年間パスポートを買おう!

景色が気に入ったら、年間パスポートを買おう!

写真:さと しほ

地図を見る

昼と夕方と夜、時間毎に違う輝きをはなつ東京の景色を楽しむなら、年間パスポートがおすすめ。1年に何度も入場できて、3回でモトがとれます。クリスマスシーズンや週末などは入場券を購入するための行列ができますが、年間パスポート保持者は行列に並ばずに入場できます。

スカイデッキ(屋上展望台)は天候不順時には閉鎖されることもありますが、天気がよければ、昼間は遠く富士山まで見渡せます。おすすめの時間帯は夕方から夜にかけて。夕日の時間帯に展望台にのぼれば、夕焼けから夜景、東京の街がキラキラしはじめる様子を見ることができます。
昼と夜の景色の違いや東京の夜景がどれだけキラキラしているか。季節によってもキラキラ度合いは違います。ぜひ見くらべてみてくださいね!

また、毎月第4金曜日の夜にはスカイデッキで「星空観察会」が開催されています。星空観察会では、星空専門家の解説を聞きながら東京の夜空を眺めることができます。明るい都会の空にどれだけの星が見えるのか。興味ある方は参加してみては?

おわりに

六本木ヒルズの展望台、いかがでしたか?
東京タワーにのぼると東京タワーは見えないし、スカイツリーにのぼるとスカイツリーは見えないし。そういう意味で、何もかもが見える東京の中心にある「六本木ヒルズ展望台」をおすすめします。
スカイデッキは高さ270mの屋外にあるので、夏でも肌寒く感じられます。冬は特に寒いので、暖かくしておでかけくださいね。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ