お土産にしたい!攻め過ぎる香港カルビーのスナック5選

| 香港

| 旅の専門家がお届けする観光情報

お土産にしたい!攻め過ぎる香港カルビーのスナック5選

お土産にしたい!攻め過ぎる香港カルビーのスナック5選

更新日:2018/07/23 16:03

やま かづのプロフィール写真 やま かづ 機内食&マンゴーにはうるさいトラベルライター

定番のポテトチップス「うすしお味」に加えて、「関東だししょうゆ」などの地域限定、「しあわせバタ〜」などの期間限定、そして「のりしおトリプル」などのコンビニ限定、さらにはロッテリアとのコラボ商品など、カルビーは圧倒的な商品開発力で日本中を攻めまくっています。しかし、実は香港でも、カルビーは容赦なく攻め続けているんです。
お土産として、話のネタとして、そんな香港カルビーのスナック菓子はいかがですか?

ただの「ピザ味」じゃない!和風の「明太子マヨネーズピザ味」

ただの「ピザ味」じゃない!和風の「明太子マヨネーズピザ味」

写真:やま かづ

「チーズピザ味」「スパイシーピザ味」に続いて、とうとう「和風ピザ味」が登場、その名も「明太子マヨネーズピザ味」です。
明太子という和のフレーバーを取り入れたピザですが、味のベースはマヨネーズ、なおかつ、仕上げに溶かしたチーズを吹きかけ、さらに焼き海苔を振りかけるといった凝りようで、これはまさしく明太子ピザの食材構成です。
パリッと一口食べると、あら不思議。口の中で味が目まぐるしく変化し、もう、「やめられない♪とまらない♪」なんです。

おやつ?おかず?自問自答したくなる「トマト味」

おやつ?おかず?自問自答したくなる「トマト味」

写真:やま かづ

日本にも「トマトチーズ味」「トマトケチャップ味」など、トマト・プラス・アルファのポテトチップスはありますが、これは何のまじりっけもない「トマト味」のポテトチップスです。
ギザギザにカットされたポテトチップスに容赦なく振りかけられた粒状のドライトマト。もう、ポテトの味なんてどこかにいってしまって、スライスされたトマトが揚げられてチップスになってしまったのかと思えるほどです。
食べ終わった後も、長く尾を引くトマトの味覚。小腹がすいたときのスナック菓子として食べる?クルトンのかわりに、サラダのトッピングとして砕いて振りかける?果たしてこれは、おやつか?おかずか?自問自答したくなる「トマト味」です。

お刺身をイメージした「サーモンわさびせん」

お刺身をイメージした「サーモンわさびせん」

写真:やま かづ

「かっぱえびせん」を平打ちしたような形状にしてサクッと仕上げ、サーモンのお刺身をイメージしてつくられたのが「サーモンわさびせん」です。
しかし、脇役のはずの「わさび」がしっかりと主役に居座り、もはやサーモンは脇役以下の裏方に。昨今の東南アジアのひそかな「わさび味」ブームを微妙にキャッチしています。
わさび風味のついでにサーモンの風味も香る、香港にしてはあっさり味系のスナック、いかがですか〜。

ヒーハー!本気で辛い「カレー味」

ヒーハー!本気で辛い「カレー味」

写真:やま かづ

ポテトチップスの「カレー味」って、日本でもほぼ定番のフレーバー、大して珍しくもありません。しかし、香港の「カレー味」は、かなりのヒーハー!ものです。なめてかかるといけません、これはスナック界の16禁ポテチ、R16指定が必要かもしれません。
しかし、一口食べて口の中がマヒすると、あら不思議。先ほどまでは辛さしか感じなかったのに、カレー独自の深いうまみが口の中に広がっていくのがわかります。
香港の「カレー味」を知ってしまうと、もう日本の「カレー味」はお子様向け。物足りなく感じても知りません。

どこかで見かけた?焼きトウモロコシの「粟一焼」

どこかで見かけた?焼きトウモロコシの「粟一焼」

写真:やま かづ

トウモロコシを原料としてスティック状にねじって揚げた「粟一焼(焼きモロコシ)」はどこかで見かけたような……。
そうなんです。湖池屋の「スコーン」とはウリ二つ。どちらが先かは知らないけれど、香港では、この「粟一焼」は超人気スナックです。「麻辣味」や、期間限定の「日本の豚カツカレー味」のほかにも「バーベキュー味」「ニンニク味」「ウナギの蒲焼味」など、バリエーションは豊富。その人気の高さがわかります。
サクサクっとした食感とパンチのある味つけで、ビールが進む進む〜。

これからも攻め続ける香港カルビーから目が離せない

香港ではカルビーを「卡樂B」と書き、今や香港を代表するスナックのブランドとなっています。
ポテトチップスシリーズ、かっぱえびせんシリーズ、粟一焼(焼きモロコシ)シリーズ、野菜スナックシリーズをメインに据え、さらに新製品の開発に余念のない香港カルビー。香港人の好みに合わせた濃い目の味つけは、同じカルビーを食べ慣れている日本人にとって新たな味覚の世界です。
これからもますます攻め続ける香港カルビー。旅行の話のネタに、お土産に、香港に行ったらぜひお求めください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/11/21−2015/11/23 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -