ワンニャンがラブリー!立川市・阿豆佐味天神社はペット神社

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ワンニャンがラブリー!立川市・阿豆佐味天神社はペット神社

ワンニャンがラブリー!立川市・阿豆佐味天神社はペット神社

更新日:2015/12/10 18:17

Naoyuki 金井のプロフィール写真 Naoyuki 金井 武蔵国ナビゲーター、歴史探索ブロガー

東京都立川市にある『阿豆佐味(あずさみ)天神社』の祭神は、健康・知恵の神である少彦名命と文学・芸術の神である天児屋根命の二柱で、加えて天神社を始めとした境内社が10社もあることから、ご利益あり過ぎるオールマイティ神社として評判です。
しかし、それ以上に人気なのが、「可愛すぎる」と囁かれている犬とネコを仲良く祀っていることです。
今回は、ペット好きなあなたに贈るラブリーな神社をご紹介いたします。

オールマイティなご利益『阿豆佐味天神社』

オールマイティなご利益『阿豆佐味天神社』

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

延喜式に記載のある東京都西多摩郡の阿豆佐味天神社総本宮から勧請されて江戸時代初めに創建されたのが、ここ立川市の阿豆佐味天神社です。

阿豆佐味天神社という割には、祭神は二柱で天神社は境内社になっています。これは、“天神”が菅原道真のことではなく、「天の神(あまつかみ)」と云う意味の、少々ややこしい社名だからです。それ故に間違えて合格祈願に来る方もいたようで、そのため境内社に天神様を祀っているという噂もチラホラです。

立川市の鎮守らしく本殿は立川市最古の建築物である市有形文化財で厄除け・縁結び・学問・五穀豊穣・交通安全等々、オールマイティ神社に相応しい風格を滲ませています。

水と子供のご加護『立川水天宮』

水と子供のご加護『立川水天宮』

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

境内社の一つに『立川水天宮』があります。
由緒は不詳ですが、立川と冠しているので、おそらく元々立川にあったものを阿豆佐味天神社境内に遷座したのではないかと考えられます。

祭神は、天御中主大神・安徳天皇・建礼門院・二位ノ尼の四柱で、安徳天皇・建礼門院・二位ノ尼は親子三代。安徳天皇と祖母の二位ノ尼(清盛の妻)は壇ノ浦の戦いで入水し、母の建礼門院(清盛の娘)は生き延びて出家しました。そして壇ノ浦の戦いで落ち延びた平家の官女が、平家の霊を慰めるために祠を建てたことが水天宮の始まりで、意外に悲しい由緒を持っています。
こうしたことから水の神天御中主大神と合わせて水天宮は、水と子供の守り神なのです。

安産・子授けのご利益『豊之泉』

安産・子授けのご利益『豊之泉』

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

水と子供を守護するとした由来から水天宮は、水難除け、漁業、海運、水商売、安産、子授け、子育てにご利益があるといわれています。

初詣や安産祈願のほか、七五三にもファミリーが大勢参拝しており、子どもの成長の祈願と御礼にご祈祷されているのです。
その水天宮の社殿の前には、『豊之泉』があり、手水の縁には“張り子の犬”が鎮座しています。これはもともと犬の出産が軽いことに因んでおり、妊婦さんは5か月目に入った戌の日に安産祈願を受けて、腹巻を巻くと良いと云われているご利益です。
悪い物を追い払う力があると云われる張り子の犬が、縁起物として授与されており人気なのです。

蚕を守る金色姫命『蚕影神社』

蚕を守る金色姫命『蚕影神社』

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

その水天宮の隣には、聞きなれない境内社『蚕影神社』があります。祭神の金色姫命は、蚕に禍をなすネズミを駆除する猫の守り神といわれる養蚕の神です。

かつてこのあたりの立川市砂川地区は、非常に養蚕の盛んな地域で、蚕の天敵であるネズミを駆除する猫がとても大切にされていたそうです。そして金色姫命の伝説に基づいて起こったのが“蚕影山信仰”で、この信仰により1860年に養蚕の守り神として常陸国豊浦湊から勧請されたのです。
その猫を大切にする気持ちを表すために、蚕影神社の前には『ただいま猫』と呼ばれる石像が建立されていますので、優しく撫でて労わってあげてください。

猫を無事を祈願する『猫返し神社』

猫を無事を祈願する『猫返し神社』

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

こうした猫神社とも云われる蚕影神社に一人の男性がお参りに訪れました。ジャズファンならご存知のピアニストでエッセイストの山下洋輔氏です。

山下氏はある日、愛猫が行方不明になり毎日探したのですが見つからないため、最後は神頼みとばかり祈願したところ、翌日愛猫が帰って来たのです。単なる偶然と思った山下氏ですが、それが2度つづいたことから、これはご利益だとエッセイに書いたところ、噂が広まり《ただいま猫》と共に『猫返し神社』と呼ばれるようになったのです。
境内には、あのアバンギャルドな山下氏とは思えない奉納演奏《越天楽》の曲が流れ、猫の無事を祈る切なる絵馬が掲げられています。

最後に。。。

来年の初詣にはペットの分も祈願して良い年を迎えてみてはいかがでしょうか。きっとペット共々良い年を迎えられるかもしれませんね。
ただし、犬とネコに関係する神社ではありますが、境内にペットを連れて入ることはできませんのでご注意ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/11/21 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -