浦和ロイヤルパインズホテルで味わう本格「オーベルジュ」体験!

| 埼玉県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

浦和ロイヤルパインズホテルで味わう本格「オーベルジュ」体験!

浦和ロイヤルパインズホテルで味わう本格「オーベルジュ」体験!

更新日:2015/12/04 18:14

中山 のりおのプロフィール写真 中山 のりお ブロガー、ライター、フォトグラファー、地域PR施策アドバイザー

さいたま市の浦和にある埼玉県でも随一のホテル「浦和ロイヤルパインズホテル」には、日本有数のシェフが腕をふるうフランス料理のレストランをはじめ、トップシェフを揃えた中華、和食、天ぷら、ブーランジェリなどが立ち並びます。まさに「オーベルジュ」と呼んでも差し支えない、このグルメなホテルをご紹介。

国内有数のトップシェフを擁する8つのレストランたち

国内有数のトップシェフを擁する8つのレストランたち

写真:中山 のりお

地図を見る

浦和ロイヤルパインズホテルは、埼玉県の県庁所在地でもあるさいたま市の浦和区にある、埼玉県で最も高層のホテルです。埼玉スタジアムで試合を行うスポーツチームや代表チームが宿泊することでも知られており、名実ともに埼玉県有数のホテルでもあります。

そんな浦和ロイヤルパインズホテル最大の特徴といえば、これまた日本でも有数のトップシェフらを擁するレストランたちでしょう。とにかく料理にこだわる同ホテルには、国内外のコンペティションで受賞したような凄腕シェフが何人も所属しており、各人の得意料理をホテル内にあるレストランで味わうことができます。

象徴的なトップレストランである「アール・ピー・アール(フランス料理)」をはじめ、中国料理の「彩湖」、日本料理の「四季彩」、天ぷら専門店の「荒川」、異色のホテル居酒屋「赤松」、ケーキとパンを扱うペストリーショップの「ラ・モーラ」、さらには使いやすいブッフェレストランである「ミケーラ」。さらには最上階のオーセンティックバー「トップラウンジ」と、実に8店舗ものレストランとバーがあるというのは、日本全国のホテルを見渡しても、なかなか珍しいのではないでしょうか。

世界一になったシェフを味わう「アール・ピー・アール」

世界一になったシェフを味わう「アール・ピー・アール」

写真:中山 のりお

地図を見る

さて、そんな多数のレストランが楽しめるホテルにおいて、象徴的な存在であるのが、フランス料理の「アール・ピー・アール」です。スタンダードなホテルフレンチの店ではありますが、こちらの料理長を勤める竹下公平氏は、なんと2011年の「第3回オーギュスト・エスコフィエ国際コンクール」世界大会優勝の実績を持つスーパーシェフ。これはフランス料理の世界大会であり、同氏のフランス料理の実力が世界で認められたということになるわけです。他にも多数の大会で優勝・入賞を果たしており、日本を代表するフレンチの達人ということができるでしょう。

そんなシェフの料理を気軽に味わえるのが、このアール・ピー・アール。というのも、実は値段が都内の有名ホテルでのフレンチに比べ、2〜3割も安いから。浦和という立地を理由に挙げる方がいるかもしれませんが、いまや浦和には東京駅や新宿駅から30分程度で来ることができ、下手に地下鉄を乗り継いで行くような駅寄りも簡単に到着することができるのです。しかもレストランのある19階からの眺めは、高層物件の少ない埼玉の事情もあって絶景そのもの。冬期には富士山もくっきり見ることができるのです。

同様のクオリティで和食、中華、スイーツ類が楽しめる

同様のクオリティで和食、中華、スイーツ類が楽しめる

写真:中山 のりお

地図を見る

さらに浦和ロイヤルパインズホテルがすごいのは、同ホテル内の他のレストランでさえ同等のクオリティを出していることでしょう。それは中華でも、和食の店でも、天ぷらでも、さらにはペストリーショップやブッフェレストランであっても変わりありません。特に天ぷら専門店の「荒川」は、全席カウンターで調理を目でも楽しめる上に、その味は都内の有名店とも遜色がなく、穴場とも言えるでしょう。

どのレストランも質が高いうえに、あくまでサービスはホテルのそれ。明朗会計で、とにかく安心して使えることも、この浦和ロイヤルパインズホテルの特徴なのかもしれません。もちろん複数の店をはしごしてもいいでしょう。天ぷらのあと、中華を食べてもいいのです。もちろんシメには最上階のラウンジへどうぞ。

これはまさに「ホテル・オーベルジュ」である

このように、食に特化した浦和ロイヤルパインズホテルは、まさに「オーベルジュ(宿泊できるレストラン)」です。食べたいから泊まる。そんな贅沢な体験を、ぜひこのホテルで味わってみてほしいところ。

なお、同ホテルには会員カード制度があり、こちらに入会することで、各レストランや宿泊をよりリーズナブルに楽しむことができます。こちらも合わせて利用することで、さらに満足度を高められること間違い無し。利用時にはチェックしてみてください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/11/23−2015/11/24 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ