コアラ抱っこやカンガルーの餌付けも!ゴールドコーストの動物園

| オーストラリア

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

コアラ抱っこやカンガルーの餌付けも!ゴールドコーストの動物園

コアラ抱っこやカンガルーの餌付けも!ゴールドコーストの動物園

更新日:2015/12/01 11:52

やぎ とものプロフィール写真 やぎ とも 「旅ログ」管理人

オーストラリアの代表的な観光地、ゴールドコースト。サーファーズパラダイスをはじめ綺麗なビーチやサーフスポットなどで有名ですが、それだけではありません!

コアラやカンガルー、ウォンバットなどオーストラリア特有のかわいい動物たちを見たり触れ合ったりすることができる動物園もあるんです!大人も子供も大満喫間違いなし♪の「カランビン ワイルドライフ サンクチュアリ」をご紹介します。

まずはふわふわ〜のコアラを抱っこしよう!

まずはふわふわ〜のコアラを抱っこしよう!

写真:やぎ とも

地図を見る

オーストラリア代表!と言っても過言ではないコアラ。オーストラリアではコアラを見られるところはたくさんありますが、抱っこできる場所は限られていますので、「カランビン ワイルドライフ サンクチュアリ」では是非コアラ抱っこを体験してみてください。
プロのカメラマンが記念撮影もしてくれますよ!ふわふわで可愛らしいコアラに癒されること間違いなしです♪

撮影料金は入園料とは別にかかりますが、コアラ保護に還元されています。

子供も大喜び!カンガルーと思いっきり触れ合おう♪

子供も大喜び!カンガルーと思いっきり触れ合おう♪

写真:やぎ とも

地図を見る

一番のオススメはカンガルーやワラビーたちの餌付け。自動販売機で餌を購入し、広場内のいたるところにいるカンガルーやワラビーたちに、自由に餌をあげることができるんです!

ここのカンガルーたちは毎日たくさんの観光客に囲まれているからか、人が近寄っても動じる様子はなく、餌を食べてくれたり体を触らせてくれたりします。お気に入りのコを見つけて、思う存分ふれ合っちゃいましょう!

ちなみにカンガルーとワラビーの違いですが、どちらもカンガルー科に分類されていて大型種がカンガルー、小型種がワラビーと区別されています(中型種はワラルー)。ですので、カンガルーは体も大きくなかなか貫禄がある(笑)。一方ワラビーは小さくて可愛らしいので、ワラビーのほうがふれあいやすいかも!?

餌の自動販売機は硬貨しか使えないので、あらかじめ小銭を用意していくといいですよ。

レインボーカラーが美しいロリキート

レインボーカラーが美しいロリキート

写真:やぎ とも

地図を見る

オーストラリアの野鳥・レインボーロリキートの餌付けもとっても人気です。でも、餌付けができるのは朝と夕方の決まった時間だけなので、入園するときにスケジュールをチェックしておくといいですね。

園内の移動は無料のミニトレインが便利!

園内の移動は無料のミニトレインが便利!

写真:やぎ とも

地図を見る

広い園内、歩きまわるのに疲れたら(疲れてなくても!)無料のミニトレインを利用するのもオススメです。

緑が生い茂る園内を颯爽と走り抜けるミニトレインに乗りながら「あっ!あそこにカンガルーがいたーー!!」なんて動物たちを見つけることも。楽しくて何度でも乗りたくなってしまう乗り物です。

ほかにもオーストラリア特有の動物たちがたくさん

ほかにもオーストラリア特有の動物たちがたくさん

写真:やぎ とも

地図を見る

コアラやカンガルー以外にもウォンバットやタスマニアンデビル、ディンゴ、ツリーカンガルー、エミューなどオーストラリアならではの動物たちがたくさん飼育されています。

動物たちのショーや、オーストラリアの原住民アボリジニーのダンスショーなど楽しみも盛りだくさん!日本語のガイドマップもあるので、ショーの時間をチェックしながら園内をまわることをお勧めします。

おわりに

ゴールドコースト空港からはバスで約10分、サーファーズパラダイスからはバスで約30分で行ける「カランビン ワイルドライフ サンクチュアリ」。

オーストラリアの動物たちに会いたいと思ったら、ぜひ訪れてみてください!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/08/15 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ