鄙びた温泉の聖地のひとつ!熊本県・人吉温泉「新温泉」

| 熊本県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

鄙びた温泉の聖地のひとつ!熊本県・人吉温泉「新温泉」

鄙びた温泉の聖地のひとつ!熊本県・人吉温泉「新温泉」

更新日:2015/11/29 18:09

温泉ソムリエぐっちのプロフィール写真 温泉ソムリエぐっち 源泉かけ流し温泉伝道師、温泉ライター

熊本県の人吉市には鄙びた温泉がいくつかあります。その中でもひときわ渋さを醸し出しているのが「新温泉」。
「新温泉」と言いますが、新しいわけではなく昭和6年創業。
建物の中へ入ればさらにタイムスリップ必至。

路地裏にひっそりと

路地裏にひっそりと

写真:温泉ソムリエぐっち

地図を見る

人吉の大通りから路地へ曲がり少し行けば、ひっそりと佇む「新温泉」があります。
木造の建物はとても年季が入っていて、青いトタン屋根に長年の雨風に耐え忍んできた黒ずんだ板塀。このような姿のまま平成の時代も普通に営業を続けられています。

中に入ればさらに感動

中に入ればさらに感動

写真:温泉ソムリエぐっち

地図を見る

一歩入れば、さらに時間が止まったような風景が広がります。
脱衣所の使い込まれた板張りの床は黒く光り、壁にはいつの頃のものかはわかりませんが、かなり古めかしい看板が掲げられています。
どこを見てもイマドキなものは何もなく、使い古されたベンチがさらに味わい深さを増しています。
そして、灰皿も設置されていて、このご時世に脱衣所で喫煙も出来ます。

ガラス張りのレトロな浴室

ガラス張りのレトロな浴室

写真:温泉ソムリエぐっち

地図を見る

浴室には浴槽が2つ。ひとつの浴槽には湯口からお湯が滾々と注がれ、並々と満たされていますが、もうひとつの浴槽はほとんど湯が入っていません。お店の方に聞けば、どうも近年湯量が減ったため、ひとつの浴槽をメインに使われいるとのこと。
コンクリート製の床や浴槽は、長年による温泉成分等でところどころ変色し、とても歴史を感じさせられます。
湯の温度は熱くもなくぬるくもなくの適温のため、ゆっくりと浸かることが出来ます。
湯に浸かりながら浴室を眺めていると、きっと今がいつの時代か錯覚することでしょう。

鄙びた温泉はお早めに

人吉の温泉はウーロン茶のような色を呈しているところが多くあります。これは一般的に「モール泉」と言われ、植物起源の有機質を含んだ温泉で、浴感としてはツルツルします。もちろん「新温泉」も薄いウーロン茶のような色を呈しています。

また、人吉には「堤温泉」「鶴亀温泉」といった鄙びた温泉がありますが、日本全国に点在するこのような鄙びた温泉は建物の老朽化や運営者の事情で年々数が減っていますので、もしいつか行ってみようと思われた方はお早めに行かれることをお勧めします。

◆新温泉
【住所】熊本県人吉市紺屋町80−2
【泉質】アルカリ性単純温泉
【湯の使い方】源泉かけ流し(加水なし・加温冬季のみ有り・消毒なし)

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/10/09 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ