11月〜4月限定!バルセロナで名物ネギ焼き「カルソッツ」に舌鼓

| スペイン

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

11月〜4月限定!バルセロナで名物ネギ焼き「カルソッツ」に舌鼓

11月〜4月限定!バルセロナで名物ネギ焼き「カルソッツ」に舌鼓

更新日:2015/11/30 11:58

盛 千夏のプロフィール写真 盛 千夏 スペイン留学&スペイン・ワーキングホリデー(ワーホリ)エージェンシー代表

日本のメディアなどにも取り上げられ、一躍有名となったカタルーニャ州タラゴナ県バイス村の名物「カルソッツ」。

旬はその年の寒さにもよりますが、11月〜4月。この時期にスペインのカタルーニャ州に行くのであれば必ず食べて欲しい名物料理の一つです。

ここでは、バイス村まで行かなくともバルセロナ市内で本格的な炭火の窯を使った「カルソッツ」がリーズナブルにそして気軽に楽しめる店を紹介します。

ネギ焼き「カルソッツ」とは?

ネギ焼き「カルソッツ」とは?

写真:盛 千夏

地図を見る

前述のとおり、カタルーニャ州タラゴナ県バイス(Valls)村が発祥の料理です。

一見その細長い形から「カルソッツ」(Calçots)は長ネギの一種と思われがちですが、実は分類は玉ねぎ。旬は11月〜4月ですが、天候にかなり左右されるので確実に食べたい方は、12月〜3月にカタルーニャ州を訪れるのがよいでしょう。

「カルソッツ」の調理法は至ってシンプルで、ネギを丸ごと網に載せ直火で外の皮が真っ黒になるまで焼き上げます。

カタルーニャ地方では、家族や友人が集まり前菜に「カルソッツ」を食べ、その後同じ網でバーベキューを楽しんだり、マシア(Masia)と呼ばれる郊外の一軒家風レストランで旬の「カルソッツ」を食べるのが寒い時期の定番です。

バルセロナで「カルソッツ」を食べるなら「マウール」

バルセロナで「カルソッツ」を食べるなら「マウール」

写真:盛 千夏

地図を見る

筆者のバルセロナ在住の友人たちが口を揃えて勧めるのが、バルセロナ市内にある「マウール」(Maur)。

市内に2店舗あるレストランで、どちらも中心部や観光地からのアクセスは良好です。

「マウール」には、カルソッツの季節になると特別メニュー「カルソタダ」(calçotada)が登場します。こちらのメニューを頼めば、「カルソッツ」と焼き野菜(アーティチョークなど)、パン・コン・トマテ(パンにトマトとニンニクをすりつけて、オリーブオイルをかけたもの)、お肉の炭火焼きの盛り合わせ+付け合わせの白インゲン豆+デザート+飲み物が付いてきます。

これなら注文も簡単ですし、値段も25ユーロ(2015年)とリーズナブルです。

「カルソッツ」の食べ方

「カルソッツ」の食べ方

写真:盛 千夏

地図を見る

「カルソッツ」は、素焼きの皿に入れられ、「ロメスコソース」(Salsa Romesco)とともにサーブされます。
この「カルソッツ」に欠かせない「ロメスコソース」(Salsa Romesco)の原材料は、トマト・ニンニク・パン・アーモンド・ドライ赤ピーマン・ローズマリー・オリーブオイル・ビネガー・塩・こしょう。

「カルソッツ」は外側が真っ黒に焦げていますがご安心下さい。テーブルにはエプロンと手袋が用意されているのでそれらを素早く装着し、写真のように左手でネギの青い部分(中側)をつまみ、右手で根元から一気に外側の皮を引っこ抜きます。

すると現れるのが真っ白でジューシーなネギ。

これを「コメスコソース」にどっぷり浸し、腕を思いっきり上げ、ネギを高く持ち上げてから口をあーんと上に向けてガブっといただきます。

「カルソッツ」をただの焼きネギと思うなかれ。ジューシーで甘いネギと「ロメスコソース」の複雑なうま味に虜になること間違いなしです。

「カルソタダ」のメイン、ど迫力な肉の炭火焼き

「カルソタダ」のメイン、ど迫力な肉の炭火焼き

写真:盛 千夏

地図を見る

野菜の炭火焼きを食べ、素朴な味のパン・コン・トマテにはまり、さらに「カルソッツ」まで完食し、おなかに隙間がなくなってきた頃に出てくるのが、肉の炭火焼き盛り合わせ。

写真で1人前です。こちらのプレートには、豚と羊の炭火焼きの他に、カタルーニャ地方名物のブティファラ(Butifarra)というソーセージが付いてきます。

パン・コン・トマテ、カルソッツ、ブティファラと1回の食事で3つもカタルーニャ地方の名物料理が食べられる素晴らしいメニュー構成です。

付け合わせの白インゲン豆もおいしいので、ぜひ胃袋の限界まで挑戦してください!

「マウール」について

今回ご紹介したレストラン「マウール」はバルセロナに2店舗あります。

Maur Urgell
住所:Calle Urgell, 9 08011 Barcelona
電話:93 423 98 29
木のテーブル、レンガの壁でスペインの田舎家風で雰囲気抜群です。

Maur Muntaner
住所:Calle Muntaner, 121 08036 Barcelona
電話:93 454 88 69
こちらは、白を基調としたインテリアでモダンなお店です。

どちらの店も、地元民に大人気の平日ランチがあるので、予約をしない場合はスペインのランチ時間の少し前13時30分に入店するとよいでしょう。

気軽な雰囲気のレストランなので、子連れももちろんOK。子供が大好きな炭火焼きピザもたくさんあります。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/02/17 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ