自由を愛する旅人の楽園!パタヤで見るべき絶景スポット5選

| タイ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

自由を愛する旅人の楽園!パタヤで見るべき絶景スポット5選

自由を愛する旅人の楽園!パタヤで見るべき絶景スポット5選

更新日:2015/12/03 17:59

沢木 慎太郎のプロフィール写真 沢木 慎太郎 放送局ディレクター、紀行小説家

ニューハーフの世界大会が開かれるなど、自由気ままな雰囲気に満ちたタイのビーチリゾート・パタヤ。美しいサンゴ礁の島や奇抜な木造寺院、新鮮なシーフード料理が食べられる船上レストラン、世界中の夜遊び好きが集まったナイトスポットなど、旅の魅力が満載!そこで、パタヤに観光で訪ねたなら、ぜひ見ていただきたい絶景スポットをご紹介します。

バンコクから一番近い楽園「ラーン島」

バンコクから一番近い楽園「ラーン島」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

パタヤは、タイの首都バンコクから南東へ約160キロに位置。バンコクからバスで350〜400円ほどの料金で行くことができます。

まず、おススメはバンコクから最も近いサンゴ礁の島「ラーン島」。パタヤ南部の桟橋から高速船で約20分の沖合にあり、マリンスポーツのメッカとなっている島です。
何といっても抜群の透明度。優しい潮騒がとても心地いい。

美しい入り江に沿って雑貨店が並び、水着やパレオなども売っているので手ぶらで来ても海水浴を楽しむことができます。バンコクから近いので、日帰り入水も可。

永遠に終わらない巨大木造寺院「サンクチュアリ・オブ・トゥルース」

永遠に終わらない巨大木造寺院「サンクチュアリ・オブ・トゥルース」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

続いては、ちょっと奇怪な寺院を。パタヤビーチの北部に、ひと際異彩を放つ巨大な木造建築物がそびえています。これは、「サンクチュアリ・オブ・トゥルース」(プラサート サッチャタム)という寺院。パタヤの青い海と空を背景に、孤高にたたずむ姿は迫力があり、一度見たら記憶に深く刻まれます。

“真実の聖域”と名づけられた寺院の内部は、アジア諸国の神々を織り込んだ荘厳な彫刻を見ることができ、奇跡に輝くほどの美しさ。
30年ほど前に建てられた寺院ですが、海のすぐそばにあるために強烈な潮風と直射日光で劣化が激しく、1000年以上の時を経た重みを感じさせます。

タイで培ってきた建築技術を後世に伝えることが目的で建てられ、この寺院は常に建築と修繕を繰り返し、永遠に未完成のまま。タイの死生観を感じさせる寺院です。

絶景の夕陽のスポット!船上レストランで新鮮なシーフードも

絶景の夕陽のスポット!船上レストランで新鮮なシーフードも

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

静かな波音と、ヤシの樹のさわさわとした優しい歌。ビーチベッドでのんびりお昼寝というのがパタヤスタイルの基本です。

パタヤのビーチは夕暮れが美しいことでも知られるスポット。水平線の彼方に沈む夕日をいつまでも見つけることができます。音もなく、穏やかに暮れてゆく空。茜色の光が波間に揺れ、たいへん美しい。

左にちらりと見えるのは、船上レストランの「オリエンタルクルーズ」。カニやロブスター、魚介類を使った料理など、新鮮なシーフードを食べることができます。パタヤ湾内をクルーズしながら豊富な海の幸を味わうのも、パタヤならではの楽しみ。

絶景のネオン!?パタヤ最大のナイトスポット「ウォーキングストリート」

絶景のネオン!?パタヤ最大のナイトスポット「ウォーキングストリート」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

パタヤの本領を発揮するのは日没から。パタヤビーチの南部にある歓楽街ウォーキングストリートはゴーゴーバーやバービア(オープンエア形式のバー)がひしめき、毎晩、夜明け前まで大騒ぎ。世界中から夜遊び好きが集まる巨大なナイトスポットエリアです。

きんきん、キラキラ輝くネオンは、日本のどこの繁華街でも見られない、ど派手で衝撃のきらめき!

何といってもウォーキングストリートは、路上に立つコスプレ姿の可愛い女の子たちや大道芸人たちが繰り広げるパフォーマンスがおもしろい。無料のムエタエショー(タイのキックボクシング)もあり、街を歩いているだけでも楽しむことができます。これは日本のナイトスポットでは、まずお目にかけれない光景。

大人の歓楽街だけのように思われがちですが、安くておいしいシーフードレストランも多く、ご家族で食事を楽しんでいる姿もあり、さまざまな旅の過ごし方ができます。

ただ、路上を歩いていると、ニューハーフちゃんに腕を絡まれることもあり、男性の方は要注意。相手は“元男性”なので力が強い。いったん腕をつかまれたなら、なかなかほどくことができません。惚れられたら無理だと思って、あきらめましょう。

絶景のロビー!「ヒルトンホテル・パタヤ」で深い眠りを

絶景のロビー!「ヒルトンホテル・パタヤ」で深い眠りを

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

最後に、パタヤで最もくつろぐことができるホテルのロビーを。パタヤビーチの中央に建つリゾートホテル「ヒルトンホテル・パタヤ」。夜になれば、このホテルのロビーはご覧のように実に素晴らしい美しさ!

まるで、オーロラの中に紛れ込んでしまったかのような錯覚さえおぼえます。この美しさに抱かれて、深い眠りに陥ってしまいそう。

また、ロビーを抜けると、そこはプールバーになっていて、パタヤの入り江を一望することができます。陽が暮れると街明かりが宝石のように連なり、ここも絶景スポット。パタヤの旅の終わりにくつろいではいかがでしょうか?

おわりに

自然あふれるパタヤは潮騒が気持ちよく、ビーチでのんびりしたい方におススメ。バンコクからタクシーを使えば十分に日帰りも可能です。バンコク観光のオプションの一つとして、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

なお、パタヤのおすすめスポットについては別途、記事にまとめていますので、ご興味のある方はリンクからのぞいてみて下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/11/20 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ