この世の楽園!イタリア・カプリ島「青の洞窟」は大感動間違いなし

| イタリア

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

この世の楽園!イタリア・カプリ島「青の洞窟」は大感動間違いなし

この世の楽園!イタリア・カプリ島「青の洞窟」は大感動間違いなし

更新日:2015/12/13 18:45

大川原 明のプロフィール写真 大川原 明 旅行ジャーナリスト(ライター)

イタリア南部ナポリから近いカプリ島。カプリ島は青の洞窟がある事で有名な観光名所です。国内外を問わず、世界各地から青の洞窟目当てに、多くの人々がカプリ島にきております。小舟に乗り、青の洞窟に乗りこめば大感動間違いなし!今回はイタリアのカプリ島の青の洞窟をご紹介いたします。

青の洞窟まで行くには?

青の洞窟まで行くには?

写真:大川原 明

地図を見る

カプリ島に行くには添乗員つきパッケージ旅行では、添乗員の案内してもらえますが、添乗員無しのパッケージ旅行や自由旅行では少しだけわかりづらいものです。まず、ナポリの港から行くのが最善であります。

ナポリまでは日本からは直行便出ておりませんので、経由便でナポリもしくはローマなどで滞在した後に電車でナポリになります。ナポリの港は市街地に面しておりますので分かりやすいです。

上記写真の船に乗り込み、30〜40分ほどでカプリ島の港に到着します。船のチケットは、パッケージ旅行であればついている事多いですし、自由旅行であれば、港の券売り場で購入が可能です。

カプリ島にてイタリア料理堪能

カプリ島にてイタリア料理堪能

写真:大川原 明

地図を見る

せっかくカプリ島に来たのであれば、カプリ島のレストランで昼食をとる事をお勧めいたします!美味しいレストランが多くあります。ぜひ港の景色が楽しめるテラス席があるレストランにて食事をしましょう。

写真は、カプリ島の近海で取れる海の幸を使用したシーフードパスタとイタリア・パルマ産の生ハムです。おすすめは、カプリ島の近海で取れる海の幸を使用したシーフードパスタとイタリア・パルマ産の生ハム(写真)です。海に囲まれたカプリ島。カプリ島周辺で穫れる海の幸を是非とも堪能してください。

カプリ島の港から青の洞窟へ

カプリ島の港から青の洞窟へ

写真:大川原 明

地図を見る

青の洞窟までは、カプリ島の港から小型ボートに乗り込み、向かいます。カプリ島は断崖絶壁で風光明媚ですが、40分程のクルーズを楽しむ事が出来ます。青の洞窟以外にもいくつかの場所によりますが、透明度も高くコバルトブルーの美しい海です。素晴らしい眺望と共にクルージングが楽しめます。

青の洞窟に入るための手漕ぎボートへ

青の洞窟に入るための手漕ぎボートへ

写真:大川原 明

地図を見る

青の洞窟の前に到着し、ここで手漕ぎボートに乗り変えます。順番に入るので、しばらく手漕ぎボートに乗り換えるために待ちます。洞窟へ入るには入場料が別途、入場料が必要です。

順番がまわってきたら手漕ぎボートに乗り込み、船頭さんに洞窟まで案内してもらえます。注意点があり、洞窟に入る際には、必ず、頭を下げる必要があります。そうしないと洞窟の入り口で頭を打ってしまうからです。船乗りさんは洞窟に入る前に説明してくれます。

ついに神秘的な青の洞窟へ

ついに神秘的な青の洞窟へ

写真:大川原 明

地図を見る

青の洞窟に入ると神秘的な雰囲気が漂っております。洞窟内にいる船乗りさんが、皆で、歌を歌うのですが、雰囲気をさらに醸し出しております。洞窟内滞在時間は、約5分程です。感動する事、間違いないと思います。

一点、皆さんに助言いたします。洞窟内では写真撮影をしましたが、ボートが揺れているので、撮影にブレが生じる可能性がございます。良い写真を撮るにはある程度、高性能のカメラを持参する事をお勧めします。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
天候や波により洞窟内に入れない事もありますが、季節により洞窟に入れる確率に違いがありますので、絶対入りたい方は、可能性を高めるために確率が高い時期に行くことをお勧めします。
ちなみに、過去のデータによれば入れる確率は、5月〜8月は8割以上の確率で入れるそうです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/08/27 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ