沖縄で初日の出!絶景朝日ならニライカナイ橋と知念岬公園で決定!

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

沖縄で初日の出!絶景朝日ならニライカナイ橋と知念岬公園で決定!

沖縄で初日の出!絶景朝日ならニライカナイ橋と知念岬公園で決定!

更新日:2017/02/24 15:11

離島 こむのプロフィール写真 離島 こむ 離島ドットコム管理人、沖縄在住サブスリーランナー

年越しを南国で!沖縄ならハワイよりも気軽に行けます。しかも沖縄は小さな島の集まりなので、初日の出を望むために東海岸へ行くのも簡単。沖縄本島でも那覇から気軽に行ける絶景朝日スポット、それが「ニライカナイ橋」と「知念岬公園」です。楽園があると言われている東の水平線から、昇る朝日を望むことができます。1年の始まりを南国・沖縄で過ごし、初日の出を見ながら両手を合わせて「パンパン」しましょう!

初日の出おすすめコース!最初は絶景橋「ニライカナイ橋」の上

初日の出おすすめコース!最初は絶景橋「ニライカナイ橋」の上

写真:離島 こむ

地図を見る

年末年始を南国で過ごしたいと思われる方も多いと思いますが、沖縄なら同じ日本国内なので気軽に行くことができます。正月文化も同じなので、南国でありながら日本の正月気分を楽しめるのが沖縄の魅力です。しかも年末年始でも温暖な気候。そして小さな島の集合体なので、初日の出を見るために、朝日が昇る東側へすぐに行くこともできます。

特におすすめなのが、沖縄本島南部の東岸。南城市の旧知念村エリアです。このエリアには世界文化遺産の「斎場御嶽(せーふぁうたき)」がありますが、それ以外にも絶景橋ナンバーワンの「ニライカナイ橋」があり、知念岬一帯を整備した秘密の絶景スポット「知念岬公園」もあります。そして坂を下ればマリンスポーツも楽しめる「あざまサンサンビーチ」や、神の島「久高島」への船が出る安座真港があります。周辺には絶景カフェも多く、初日の出だけではなく、何時行ってもいろいろ楽しめるエリアです。

朝日に関してはニライカナイ橋、知念岬公園、あざまサンサンビーチで望めます。でも初日の出になると朝日がかなり南側から昇りますので、北向きのあざまサンサンビーチからは望めません。初日の出におすすめなのはニライカナイ橋と知念岬公園。どちらも初日の出が昇る東向き。遮るものもありませんので、水平線から昇る朝日を楽しめます。

まずはこのエリアで最も高い場所から朝日を望める、「ニライカナイ橋」の上にある展望スペースへ。「ニライカナイ」こと「海の向こうにある楽園」まで行けそうな絶景橋を望みつつ、同時に水平線から昇る朝日を鑑賞しましょう。初日の出が現れる時間は「午前7時15分前後」。那覇市街から車で約45分で行けますので、午前6時30分頃に出発すれば間に合います。沖縄の県道86号線を利用して移動するのがおすすめです。

初日の出をフレームイン!ニライカナイ橋入口のトンネルを活用しよう!

初日の出をフレームイン!ニライカナイ橋入口のトンネルを活用しよう!

写真:離島 こむ

地図を見る

ニライカナイ橋上の展望スペースで初日の出を見たら、車には乗らずにそのまま歩いて橋方面へ行きましょう。駐車スペースからニライカナイ橋に向かうと、すぐに短いトンネルがあります。そのトンネルまで行ったら、その中でストップ!するとトンネルの円弧の縁から初日の出がフレームイン。他ではなかなか望めない「トンネル越しに見る初日の出」です。しかもそのトンネルの先には「楽園」こと「ニライカナイ」がありそうな海。まさにおめでたい光景です。

楽園に導かれる光景。ニライカナイ橋から見る初日の出

楽園に導かれる光景。ニライカナイ橋から見る初日の出

写真:離島 こむ

地図を見る

トンネル入口で初日の出のフレームインを見たら、トンネルを抜けてニライカナイ橋本体へ。そこにはそのまま「ニライカナイ」こと「楽園」まで行けそうな光景が広がっています。初日の出がいずる水平線の彼方に、楽園が見えそうです。また初日の出が昇る場所に神の島「久高島」があるのもにくいところ。思わず「パンパン」と手を合わせて拝みたくなります。

朝日の名所の知念岬公園へ!吾妻屋でのんびり初日の出

朝日の名所の知念岬公園へ!吾妻屋でのんびり初日の出

写真:離島 こむ

地図を見る

ニライカナイ橋での朝日を楽しんだら、約2km先の知念岬公園へ移動しましょう。公園入口には「知念体育館」がありますが、その体育館の裏に「知念岬公園」があります。広々とした駐車場もありますので、ゆっくり初日の出を楽しめます。駐車場からも初日の出は望めますが、公園内から見るとさらに絶景!特に駐車場から延びる遊歩道の先にある吾妻屋。おすすめ絶景ポイントです。吾妻屋の中から見るのもいいですが、一歩下がって吾妻屋と初日の出を、1つのフレームに収めるのがおすすめです。

初日の出おすすめコースの締め!ベンチでのんびり絶景朝日

初日の出おすすめコースの締め!ベンチでのんびり絶景朝日

写真:離島 こむ

地図を見る

ニライカナイ橋の上から始まった「初日の出おすすめコース」。最後は知念岬公園内にある、公園を一望できるベンチでのんびり初日の出鑑賞。まさに朝日を望むためにあるかのようなベンチ。太陽に向かって「パンパン」と両手を合わせたくなります。南国・沖縄での初日の出の締めくくりは、この知念岬公園のベンチで決まりです!冬でも温暖な沖縄なので、のんびり座って初日の出を楽しめます。飲物やちょっとした食べ物を持ってくると、さらに幸せな気分になれるかも?

初日の出なら「ニライカナイ橋」と「知念岬公園」で決定!

沖縄本島は南北に長い島なので、初日の出が望める東岸のスポットも多いです。でも多くの宿泊施設が集まる那覇市街からアクセスしやすく、また1つのエリアで様々な初日の出を楽しめるのが今回の「ニライカナイ橋」と「知念岬公園」があるエリア。こんなに様々な初日の出の光景を楽しめるエリアは、他にはありません。沖縄で初日の出を見るなら、この「ニライカナイ橋」と「知念岬公園」で決定です。

ちなみに沖縄で初日の出が望める時間は「午前7時15分前後」ですが、万が一寝坊した場合は那覇市街からでも望めます。那覇だと首里や識名の高台越しから「午前7時半過ぎ」に顔を覗かせます。冬の沖縄は天気が不安定で曇りがちですが、ここ数年は無事に初日の出を望めています。期待しましょう!

気軽に行ける南国「沖縄」。沖縄で年越しをして、そしてニライカナイ橋と知念岬公園で初日の出。絶景朝日に向かって両手を合わせて「パンパン」しましょう!「1年の計は元旦にあり」。是非沖縄で初日の出を!

掲載内容は執筆時点のものです。 2007/12/26−2015/11/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ