“ヒンメリ”って?阪急うめだ本店のクリスマスイルミネーションが幻想的

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

“ヒンメリ”って?阪急うめだ本店のクリスマスイルミネーションが幻想的

“ヒンメリ”って?阪急うめだ本店のクリスマスイルミネーションが幻想的

更新日:2018/11/25 17:57

東郷 カオルのプロフィール写真 東郷 カオル 癒されたい系女子旅ライター

クリスマスシーズンは街が最も華やぐ季節。大阪・梅田周辺にはイルミネーションスポットがいっぱい!その中でも是非見ていただきたいのが阪急うめだ本店の「未来のハートウォーミングクリスマス」。人気の“光のヒンメリ”が“ミラーボールオーナメント”として登場し、9階・祝祭広場に幻想的な空間が広がります。屋内で寒くないのでデートにもおすすめ。毎時00分から始まる無料のショーは必見です。

“ヒンメリ”って?

“ヒンメリ”って?

写真:東郷 カオル

地図を見る

ここ数年で耳にするようになった“ヒンメリ”。ヒンメリとはフィンランドの伝統装飾で、藁に糸を通したものを繋ぎ合わせて多面体を作って吊るす装飾のこと。日本でもクリスマスシーズンに欠かせない装飾となってきています。

2018年は、宇宙空間に浮かぶクリスマスオーナメントをイメージしたミラーボールが主役。今まで主役だった“ヒンメリ”という言葉は使われておらず、確かに写真のようなミラーボールが主体のアートとなっています。

“ヒンメリ”って?

写真:東郷 カオル

地図を見る

大阪の阪急うめだ本店でクリスマスシーズンにあわせて開催されている“北欧クリスマスマーケット”ではヒンメリが取り扱われており、過去には自分で作ってみることのできるワークショップも開催されました。阪急うめだ本店の祝祭広場のイベントで“ヒンメリ”のことを初めて知った方も多いのではないでしょうか。

“ヒンメリ”って?

写真:東郷 カオル

他にも可愛らしいクリスマス装飾のお店が沢山あり、普段目にしないような北欧のクリスマス文化に触れることのできる楽しいイベントです。ホールの天井も高いので屋外のような雰囲気で、まるで海外のマーケットに来ているかのような錯覚に陥ります。

ホットチョコレートやクランベリージュースが出る蛇口のあるドリンクスタンドもありますよ。

クリスマスシーズンだけの美しい祝祭広場

クリスマスシーズンだけの美しい祝祭広場

写真:東郷 カオル

地図を見る

光のハートウォーミングクリスマス会場は阪急うめだ本店9階の祝祭広場。祝祭広場の大階段から見下ろすと、まるで北欧の小さな町のような景色が広がります。その頭上にはキラキラと光を放つミラーボール。忙しくてなかなか海外旅行に行けない人も、この大階段に座り、時間を忘れてボーッと過ごすと、ちょっとした北欧旅行の気分が味わえます。

この写真は2015年の光のヒンメリ。一番上のものが2018年のミラーボールオーナメントです。毎年違ったデザインで私たちの目を楽しませてくれます。

無料のスペシャルイルミネーションショー

無料のスペシャルイルミネーションショー

写真:東郷 カオル

地図を見る

ミラーボールは静かに揺らいでいるだけではなく、毎正時(00分)からスペシャルイルミネーションショーが始まります。

美しく色を変え、オーロラのような光を放ちながら、光が壁面を流れるように動く様子は幻想的。特にミラーボールの上の天井の美しさにはうっとり。いつまでも見飽きない芸術性の高いショーです。

ファミリーに人気の撮影スポットも

ファミリーに人気の撮影スポットも

写真:東郷 カオル

地図を見る

毎年用意される撮影スポットも楽しみのひとつ。このソリ型の車に乗って記念撮影をすることができます。横にはサンタ帽が用意されていますよ。

ファミリーに人気の撮影スポットも

写真:東郷 カオル

地図を見る

2016年は誰もが知っているスノーマンがいましたが、2018年は謎の生物が…。イエティでしょうか。ここはファミリーにも大人気の撮影スポットで、いつもスマホを手にしたお母さんたちで賑わっています。

デートにも待ち合わせにも寒くなくておすすめの「未来のハートウォーミングクリスマス」。「前に見たことあるし」という方も、ぜひ今年のイルミネーションショーを楽しんでくださいね。

光のミラーボールイルミネーションの基本情報

場所:阪急うめだ本店9階 祝祭広場
期間:12月25日まで
料金:無料

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/12/04−2016/11/25 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -