足が凍る!?アラスカの「コールドフット」は足が凍るほど寒い北極圏の村

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

足が凍る!?アラスカの「コールドフット」は足が凍るほど寒い北極圏の村

足が凍る!?アラスカの「コールドフット」は足が凍るほど寒い北極圏の村

更新日:2018/01/15 11:30

さと しほのプロフィール写真 さと しほ 旅行会社勤務

北極圏の村「コールドフット」まではアラスカのフェアバンクスから軽飛行機で約1時間。「足が冷えきってしまうほど寒い村」という名前は、村の特徴を簡潔に表しています。ここでは、頭上からふるようなオーロラが見えることもありますよ!
海外航空券の最安値をチェック!
家族で楽しめる旅行先はこちら

北極圏へ出かけよう!

北極圏へ出かけよう!

写真:さと しほ

地図を見る

アラスカのフェアバンクスから「コールドフット」までは8〜10人乗りの軽飛行機で約1時間の空の旅です。
軽飛行機は有視界飛行なので、天候が悪い場合は欠航することもあります。飛行機が小さいので機内は狭いですが、その分、飛び立つときも着陸するときも迫力があってアトラクション感覚。ワクワクドキドキです。

北極圏へ出かけよう!

写真:さと しほ

地図を見る

凍ったユーコン川や真っ白な山々を見ながらの遊覧飛行。フェアバンクスから200キロほど北上したところで北緯66度に突入!そこから北は北極圏です。

北極圏へ出かけよう!

写真:さと しほ

地図を見る

見渡す限りつづく白い山。こんなに低い場所を飛べるのは軽飛行機ならでは。遊覧気分で北極圏の冬景色を楽しみましょう。

北米最北のドライブインへ

北米最北のドライブインへ

写真:さと しほ

地図を見る

北極圏の村「コールドフット」には小さいながらも空港と宿泊施設と、北米最北のドライブインがあります。

北米最北のドライブインへ

写真:さと しほ

地図を見る

ここは北極海にあるプルドーベイ油田との中継地点なので、油田に向かう大型トレーラーのドライバーが多く立ち寄ります。気温が−50℃にもなるような緯度の高い場所にある北米最北のドライブインに、大型トレーラーが何台も駐車していることにびっくりです。

北極海へ続く道

北極海へ続く道

写真:さと しほ

地図を見る

プルドーベイ油田へ続くダルトンハイウェイはさらに北へ。最果ての地、北極海までつづいています。周囲は見渡す限りの大自然。雪原で野生のムースを見かけることもありますよ。

北極圏の村に泊まってみませんか?

北極圏の村に泊まってみませんか?

写真:さと しほ

地図を見る

人が行かないような珍しい場所に行きたい方には、フェアバンクス発着のコールドフット宿泊ツアーはいかがでしょう?
コールドフットには「スレートクリークイン」という宿泊施設があります。

北極圏の村に泊まってみませんか?

写真:さと しほ

地図を見る

最果ての地なので設備は古いですが、部屋にはトイレやシャワーもあって快適!

北極圏の村に泊まってみませんか?

写真:さと しほ

地図を見る

外は寒くても室内はポカポカ。こんな最果ての地で快適に過ごせることに感謝です。

隣村「ワイズマン」の人口は14人!

隣村「ワイズマン」の人口は14人!

写真:さと しほ

地図を見る

せっかくだから、コールドフットの隣村「ワイズマン」へも足を伸ばしてみては?コールドフットから車で30分ほど北上したところにあるワイズマンの人口はたったの14人。ここも北極圏の村です。お店もレストランもない、ひっそりと静まりかえった小さな村には建物や電灯が少ないので、オーロラ観賞に最適です。
コールドフット発着でワイズマンに行くオーロラ観賞ツアーもありますよ。

隣村「ワイズマン」の人口は14人!

写真:さと しほ

地図を見る

北極圏ではオーロラが自分の頭の真上に見えることがあります。フェアバンクスで斜め上に見えたオーロラは、北極圏まで北上すれば、頭上から降ってくるような位置に見えるんです。北極圏で頭上にゆれるオーロラのカーテンを見ることができたら、一生忘れられない思い出になりますよ!

北極圏へ行ってみよう!

北極圏の村、いかがでしたか?
フェアバンクスからなら軽飛行機で約1時間。あっという間に到着です。北極圏に足を踏みいれてみたい方はぜひ!

2018年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

※冬のアラスカの楽しみ方に関して、別の記事に詳しくまとめています。
記事下のMEMOにリンクがありますので、あわせてご覧ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -