イスタンブールの活気はグランドバザールの喧騒あってこそ!

| トルコ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

イスタンブールの活気はグランドバザールの喧騒あってこそ!

イスタンブールの活気はグランドバザールの喧騒あってこそ!

更新日:2015/12/09 17:36

イスタンブールと言えばモスクなど観光モニュメント目白押しですが、ショッピングのお薦めはやはりグランドバザール!呼び込みなども激しいですが、この雑踏と喧噪こそがイスタンブールの活気の源でしょう。
旧市街を歩いていると、必ずや日本語で「グランドバザールは高いから買い物はしない方がいい」と声をかけられますが、価格云々と言うよりも、歴史ある建物で商品を見て歩くのが楽しい、やっぱり訪問は必須です!!

さぁ〜いざオスマン帝国の迷宮へ!

さぁ〜いざオスマン帝国の迷宮へ!
地図を見る

オスマントルコ帝国時代の1461年から続く歴史的建造物の中は、まるで迷路のように道が入り組み、細い路地に4000軒以上の店が並んでいるのです。
グランドバザールはトルコ語で「カパリチャルシュ」(屋根付き市場)を意味するように、屋内構造なのでお天気が悪くてもそぞろ歩きが楽しめますよ♪

傾いたキオスク?不思議なネーミングのショップも必見!

傾いたキオスク?不思議なネーミングのショップも必見!
地図を見る

傾いたキオスクと呼ばれる建物があり、中はジュエリー屋になっています。ホントに少し傾いているので是非確かめに行ってみて下さい!ここは商品そのものもいいですが、建築美を楽しむところとして訪れることをお薦めします。このキオスクのところに由緒ある水飲み場もあるので見るのをお忘れなく!
バザール内はとにかく広くて迷うので、こういった建物を目印として見つけておくのもいいですよ。通りによって壁や柱の装飾が異なっているので、それを覚えておくのもいいでしょう。お気に入りのショップは住所などが入ったショップカードをもらっておくと、一回りした後に再訪するのにも役に立ちます。

ショッピングを通して伝統と文化を感じるグランドバザール

ショッピングを通して伝統と文化を感じるグランドバザール
地図を見る

グランドバザールで売られている物は実に様々ですが、トルコと言えば浮かぶモザイクの美しいランプや、チャイを入れる伝統の食器類はやはり目に留まります。ハマムグッズなどは自宅のバスタイムにも使えそうですよ!
トルコの方が日常使う食器や小物や衣装など、エキゾチックな雰囲気の中で出会う物は、その商品を通して文化や伝統を感じる事が出来ます。

値段は自分で納得するなら良しとしよう♪

値段は自分で納得するなら良しとしよう♪
地図を見る

冒頭でも述べましたが、道で声をかけてくるトルコ人はみな、グランドバザールは高いから買わない方がいいと言いますが、自分で納得するならそれも良しかと思います。5つ買うから1つオマケして〜などと言ってみるのも地元の方と触れ合う楽しみでは?
例えばこんな石鹸はいかがでしょう?ちょこんと付いた青い眼玉の飾りは、ナザールボンジュウと呼ばれる魔除けの一種なんです。この青い眼玉の付いた雑貨はたくさん目にしますよ。こういった雑貨類ならオマケしてくれる可能性も大!

歩き疲れたら賑わうカフェで一休み♪

歩き疲れたら賑わうカフェで一休み♪
地図を見る

イスタンブールは歴史と規模と多彩な文化をとりそろえた、世界でも面白い都市です。そんなエキゾチックな空間に身を委ね、行き交う人々をウォッチングするのもまた楽しい時間です。歩き疲れたらカフェでチャイを一杯!あぁ〜イスタンブールにいるんだなって瞬間です。
FesCafeは特に賑わいを見せていて、バザールの雰囲気に溶け込んでいます。

FesCafe
Halicilar Cad No.62

たくさんの人が訪れるのでスリには注意!

とにかく広い敷地のグランドバザール。そのアクセスゲートも数か所ありますが、トラム「ベヤジット駅」下車、Carsi Kapisi(チャルシュ・カプス)と呼ばれる入り口が一番一般的でしょう。トラム駅から徒歩1分程で到着です。

観光客に混じり地元の方もたくさんいるので、とにかく人でごった返しています。こんなところは特にスリには注意が必要です。尚、お店は夕方になるとだんだん店仕舞いするところが多いので、18時頃までに訪問することをお薦めします。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/12/29−2016/01/04 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -