アフリカ丸かじり!ウガンダローカルフードおすすめ5選

| ウガンダ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

アフリカ丸かじり!ウガンダローカルフードおすすめ5選

アフリカ丸かじり!ウガンダローカルフードおすすめ5選

更新日:2015/12/14 09:50

アフリカ大陸中央東部、赤道直下の海なし国ウガンダ。かつて英国首相のウィンストンチャーチルが、ヴィクトリア湖を取り囲むように美しい自然があることから「アフリカの真珠」と呼んだところです。今回ご紹介するのはそんな豊かな自然の中でウガンダの人たちが普段から食べているローカルフード5選です。これらを食べてアフリカの味を体験してみましょう!

絶対的存在の主食

絶対的存在の主食
地図を見る

まず、どこのローカルレストランに行っても主食は必ず出てきます。これがないと始まらないと言っても過言ではありません。種類も豊富にあって、さつまいも、じゃがいも、白いとうもろこしの粉を練った最もポピュラーな「ポショ」や調理用バナナを蒸してつぶした「マトケ」や稗の粉を練った「カロ」、お米などが常時あります。食べたいものを食べたい種類だけ言えば、お皿に山のように盛ってくれますよ!ちなみに、写真は「カロ」と「さつまいも」です。

アフリカ的煮込み料理

アフリカ的煮込み料理
地図を見る

ウガンダでのおかず(副菜)の紹介です。アフリカでもポピュラーな調理法にバナナの葉で包んで煮込む方法があります。ウガンダでは「ルオンボ」と言って、一般的に牛肉やヤギ肉を使います。注文するときは「ルオンボ・ミート」の牛肉かヤギ肉かのどちらかを言いましょう!食べ方は煮込んだ肉や汁を、主食につけて食べるのがウガンダ流です。

みんな大好きな内臓肉

みんな大好きな内臓肉
地図を見る

続いてはあまり見慣れないかもしれませんが、ウガンダではヤギのお肉も内臓も余すところなく全ていただきます。特に内臓はお肉よりも人気で、トマトやピーナッツのペーストと一緒に煮込んで食べたりします。お味はとても内臓とは思えないほど、コクがあって人気があるのも納得です。食べ方は「ルオンボ」と同じで、主食につけたり、かけたりしていただきます。これを路地裏のローカルレストランなんかで食べてると、地元の人は本当に嬉しそうにしてくれますよ。ぜひトライしてみましょう!

路地裏で大々的に食べられる炭火焼ポーク

路地裏で大々的に食べられる炭火焼ポーク
地図を見る

アフリカは宗教も多種多様なので、食べ物も特に豚肉は通常のレストランでは置いていないことの方が普通です。ですので豚肉を食べたいときには、「ポークジョイント」というところに出かけると、思う存分食べることができます。照明もない外の炭火焼場で、串で何本というように注文し、熱々を手でビール片手にやっつければもうローカル道まっしぐら!また炭火焼ポークと一緒にウガンダの蒸留酒「ワラジ」も是非試してみましょう。でも「ワラジ」はとても強いお酒なので、ほどほどにしておいてくださいね!

ヴィクトリア湖の恵み「ティラピア」

ヴィクトリア湖の恵み「ティラピア」
地図を見る

ウガンダの人たちのもう一つの好物にヴィクトリア湖で採れる魚たちがあります。その中でもとりわけ「ティラピア」の姿揚げが食べられています。ローカルレストランのメニューの中でもかなり高級なメニューで、特別な日やみんなが集まった時に食べたりしています。食べ方は大量のポテトフライと一緒に手で皮ごといただきます。お味はさすが「淡水の鯛」と言われるだけあって、一切臭みはなく、身はほぐれやすく淡白なお味で、とても美味しいお魚です。日本人にも素直に受け入れられるお料理でしょう。

おわりに

ウガンダ料理5種いかがでしたか?馴染みの少ないアフリカのそれも海のないウガンダ・ローカル料理。食べたことがあるというだけで、ちょっぴり自慢ができますね。ただそれだけではなくお味も本当に美味しいものばかりなので、ローカル料理を目当てにウガンダに行ってみませんか?赤道直下なのに以外と涼しくて過ごし易いウガンダは初めてのアフリカ旅行として強くお勧めできますよ!!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/02/18−2014/03/15 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -