食べ方のコツも!沖縄人が並ぶ名店・ジャッキーステーキハウス

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

食べ方のコツも!沖縄人が並ぶ名店・ジャッキーステーキハウス

食べ方のコツも!沖縄人が並ぶ名店・ジャッキーステーキハウス

更新日:2015/12/20 17:33

平井 翔子のプロフィール写真 平井 翔子 リトルカブ乗り、元リゾートバイター、元旅芸人

1972年に日本に返還されるまで、アメリカ統治下にあった沖縄。徐々にアメリカ色が薄くなってきたとはいえ食文化はまだまだアメリカ色が根強く残っています。
その中でもうちなーんちゅから特に人気が高いのがステーキ。家にはステーキソースが常備されているし、国際通りなど繁華街にはステーキハウスがたくさん!
今回はその中でも、群を抜いてうちなーんちゅに大人気の那覇「ジャッキーステーキハウス」を紹介します。

外観から魅力的!アメリカナイズなネオンと内装

外観から魅力的!アメリカナイズなネオンと内装

写真:平井 翔子

地図を見る

ジャッキーステーキハウスは戦後間もないアメリカ統治下の頃にオープンし、現在創業60年を越える老舗ステーキハウスです。そのため、外観や内装など当時の沖縄を思わせる、アメリカンなものになっています。

さて、店に入るまでが一苦労です。ディナータイムは行列ができます。ここで驚かないで欲しいのが、並んでいるのはほとんどが“並ばないことで有名なうちなーんちゅ”だということ。実際には紙に名前を書いて、自由に待っているんですが、そこまでして食べたいステーキなんです。

店に入ると、まるでアメリカのダイナーのよう。無駄を省いたシンプルな内装に、英語のメニューとたくさんの有名人たちのサイン。お客さんでいっぱいのテーブルの間を、たくさんのスタッフがきびきびと動く姿は、見ていてとても気持ちがいいです。

おすすめメニューはテンダーロインステーキ!

おすすめメニューはテンダーロインステーキ!

写真:平井 翔子

地図を見る

ジャッキーには3種類のステーキがあります。テンダーロインステーキ(ヒレ肉)、ニューヨークステーキ(リブ)、ハンバーガーステーキ(ハンバーグ)。もちろんどれも美味しいのですが、ジャッキーといえばテンダーロインステーキが一番人気です!

焼き方も自由にチョイスできるので、ぜひ好みの焼き加減で楽しみましょう!ちなみにおすすめはレア。注文するとほぼ生の状態で登場します。スジを感じないやわらかいお肉は、片面にサッと火を通すだけで、じゅうぶんな美味しさなのです。

うちなーんちゅ直伝!うまく食べるには「にんにく、下さい!」

うちなーんちゅ直伝!うまく食べるには「にんにく、下さい!」

写真:平井 翔子

地図を見る

先ほどのお肉の写真を見てもらえればわかるかと思いますが、ジャッキーのステーキには下味がついていません。なので、客自ら好みの味にする必要があります。
テーブルの上には、ステーキソース、塩、胡椒、醤油、マスタードなどが常備されています。うちなーっぽく、ステーキソースをべったり塗って食べるのも中毒性があっていいのですが、おすすめはにんにく!塩、胡椒を適度にふりかけた後、たっぷりのにんにくをステーキにのせて食べましょう。至福の一時が訪れます。

もちろんステーキソースのみや、シンプルに塩と胡椒で食べるのも、肉自体がやわらかく美味しいので、間違いないです。にんにくはテーブルに常備されていないので、オーダーのときに一緒に注文するのをお忘れなく!

ちなみに、ステーキを頼むとついてくる白いスープ。こちらもほぼ味がついていないので、塩、胡椒で好みの味に整えると美味しく食べられますよ。

ステーキ以外も充実!

ステーキ以外も充実!

写真:平井 翔子

地図を見る

ジャッキーはステーキハウスですが、ステーキ以外もございます。
その中でイチオシなのがタコス。650円で5ピース入り。バリバリの皮の中にスパイス香るタコミートとしゃきしゃきのレタス。こぼれんばかりの黄色く濃厚なチーズが食欲を誘います。爽やかなサルサをのせればいくらでも食べれちゃうこと間違いなし!

お持ち帰りもできるので、ホテルでゆっくりとジャッキーのタコスを堪能してはいかがでしょうか?

おわりに

創業60年を越えるジャッキーステーキハウス。
みんなに愛される老舗ステーキハウスは、今日も手頃でボリューム満点のステーキを提供しています。深夜1時まで営業しているので、飲んだ後の締めにもピッタリ!

場所はゆいレール旭橋駅から徒歩5分。
飲み屋が多い、松山や国際通りからも歩いて行ける距離です。

ぜひ一度、うちなーんちゅが夢中になるステーキを食べてみてくださいね!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -