ウユニは塩湖のみならず!秘密基地「列車の墓場」を遊び倒せ

| ボリビア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ウユニは塩湖のみならず!秘密基地「列車の墓場」を遊び倒せ

ウユニは塩湖のみならず!秘密基地「列車の墓場」を遊び倒せ

更新日:2015/12/12 09:58

Grace Okamotoのプロフィール写真 Grace Okamoto 世界一周写真家、ライター

「ウユニと言えば塩湖」をご想像される方が多いのではないでしょうか?
合ってます、もちろん正解です。

ところが実際、いざウユニの街に行ってみると、塩湖ツアー以外の時間も多いもの。天候待ち・ツアーの空き待ち等、ちょっとした時間に訪れることができる「列車の墓場」をご紹介します。童心にかえって遊びたくなること、間違い無し!

迷わずひたすら西へ!線路沿いに歩くだけ

迷わずひたすら西へ!線路沿いに歩くだけ

写真:Grace Okamoto

地図を見る

ウユニの駅を南西方向に20分ほど歩いた所に有るのが、列車の墓場。向きが分からない場合には、地元の人に「Cementerio de trenes」(セメンテリーオ・デ・トレネス)というとすぐ教えてもらえます。何も無い平原を、地平線を見ながら真っすぐ歩く爽快感は言葉に言い尽くせません。映画の主人公になった気分で、線路の上を歩きましょう!

やがてウユニの街を背にして左手に、朽ちた列車の一群が見えてきます。列車以外には何も無いので、町中でトイレを済ませ、水やおやつは持参すると良いかも知れませんね。

列車のてっぺんで感じる、平原に吹き抜ける風

列車のてっぺんで感じる、平原に吹き抜ける風

写真:Grace Okamoto

地図を見る

機関室に入ってみたり、あちこちよじ上ってみたり、煙突にぶら下がってみたり、運転室から顔をだして写真を撮ってみたり。普段では決して見ることの出来ない風景がそこにあります。秘密基地で遊んでいた、わんぱくな子供の頃の自由さと楽しさを、きっと思い出すことでしょう。

列車の天辺に登って360°見渡す周囲は、広々としてなお果てしなく続いています。砂漠を抜ける風を感じながら飲むコーヒーも最高!是非お好きな飲み物を持参してみてください。

アクション映画の名シーンを再現!?

アクション映画の名シーンを再現!?

写真:Grace Okamoto

地図を見る

パックツアーでも「列車の墓場」に立ち寄るプランはありますが、滞在は長くて10分ほど。チラっと見て、写真をパパっと撮る程度の時間しかありません。しかし自分で訪れれば、かなり広い範囲にある列車のあちこちをゆっくり探検できます。列車から列車に飛び移る、映画のアクションシーンにも挑戦!

日本では絶対に出来ないであろう上のような写真は、SNSでも沢山の注目を集めそうですね。(無理のない範囲で、安全にお楽しみください)

地元の子どもたちと触れ合ってみよう

地元の子どもたちと触れ合ってみよう

写真:Grace Okamoto

地図を見る

旅の醍醐味の一つは、現地に住む人々と触れ合うこと。列車の墓場に整備された遊び場には、ウユニの街に住む子ども達が集まってきます。お互いにちょっとシャイでも、距離を縮めるキーワードはたった一言。

「Hola!」(オーラ!)

一緒に遊べばいつの間にかコミュニケーションが取れて、あっという間に時間が過ぎるはずです。その時間は、大切なウユニ滞在の一ページとなることでしょう。

神秘的!星空と列車の組み合わせ

神秘的!星空と列車の組み合わせ

写真:Grace Okamoto

地図を見る

道が難しくないので、夜にも簡単に足を運べます。列車とほのかな町灯り、またたく星空の組み合わせは、世界広しと言えどかなりレアな光景!

三脚を持って行き、長時間露光をしてみましょう。絞りは解放にして、ケーブルレリーズが有るならばISOは低めに設定を。無い場合はISOを1600や3200に設定し、お使いのカメラで最長のシャッタースピードで撮ってみて下さい。あなただけの、特別な「もう一つのウユニ写真」が撮れるはずです。

楽しく遊べる「列車の墓場」へ

CMや雑誌の影響でウユニを訪れるゲストも多くなってきました。日本からは、ほぼ地球の裏側であるボリビア。せっかく訪れるならば、塩湖とホテルの往復だけではもったいない!

隠れ名所「列車の墓場」を含めて、ウユニの街全体を楽しんで下さいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/12/30−2014/01/02 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ