絶品!トルコ有数のグルメ天国・アダナのご当地グルメ5選

| トルコ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

絶品!トルコ有数のグルメ天国・アダナのご当地グルメ5選

絶品!トルコ有数のグルメ天国・アダナのご当地グルメ5選

更新日:2015/12/12 09:41

Ey. Satoのプロフィール写真 Ey. Sato プロフォトグラファー

アダナは中東国トルコの中でも4番目に大きい都市で、場所はトルコ中央南部、地中海から50キロほど内陸に位置し、農業や果樹栽培が盛んなところです。またトルコ料理は世界3大料理とも言われ、その豊富な種類の料理で有名ですが、アダナにはトルコでも指折りのご当地料理がたくさん!そんなアダナで食べられるご当地グルメとその魅力をご紹介します。

トルコで最も美味しいと言われる「アダナケバブ」

トルコで最も美味しいと言われる「アダナケバブ」

写真:Ey. Sato

地図を見る

「アダナケバブ」はその名前にもつけられていますが、アダナが発祥で、羊肉のひき肉に尾油身を混ぜスパイスなどと練り込みしばらく寝かせたものを、長い串に巻きつけて焼いたものを言います。少し辛いのが特徴ですが、トルコの薄くてもっちりとしたパンと一緒に食べてみれば、その肉の旨さと、たちどころに口の中いっぱいに広がるスパイシーな香りを楽しむことができるでしょう!

アダナスタイルで食べる「シシ・ケバブ」

アダナスタイルで食べる「シシ・ケバブ」

写真:Ey. Sato

地図を見る

「シシ・ケバブ」はトルコ全域で食べられていて、お肉をひき肉にはせずそのまま串に刺して炭火で焼いたものを言います。アダナではこの「シシ・ケバブ」を専門のパン屋さんが焼く薄いピタパンにお肉とトマトや玉ねぎ、パセリを入れてクミンパウダーと唐辛子パウダーを振りかけて食べます。スパイシーで噛みしめるほどに旨さが引き立つお味なので、ビールと一緒に食べるとついつい食べ過ぎてしまいますよ!

アダナのモツ料理「ケッレパチャ」

アダナのモツ料理「ケッレパチャ」

写真:Ey. Sato

地図を見る

トルコ料理は羊肉をよく食べますが、そのモツ(内臓)も同じく重宝されていますので、モツ料理の種類も多種多様。アダナでも例外なくそれらの料理は多いのですが、写真の「ケッレパチャ」という料理はどちらかというと、レストランよりも屋台でよく出されていて、地元の人達から愛されている1皿です。「ケッレパチャ」は羊の肺や胃袋を煮込んだ後、軽く火であぶり塩とオリーブオイルとレモンで味をつけ、パセリと唐辛子パウダーで食べます。とっても食感が楽しいお料理です。

アダナにもあったお酒の後のシメ料理

アダナにもあったお酒の後のシメ料理

写真:Ey. Sato

地図を見る

日本ではお酒の後のシメはラーメンが定番ですが、アダナでは「シュルダン」という若い羊の胃袋の少し上の内臓に、トマト風味のピラフを詰め込んで3〜4時間煮込んだものがシメの定番とされていて、夜遅くには「シュルダン」を出す屋台に人が集まってきます。アダナでは大人気のB級グレメなんですが、この料理はなぜかアダナでしか食ベることができない謂わば“激レア”グルメ。食べ方はクミンパウダーと唐辛子パウダーをかけて、レモンを絞って手で豪快にいただきましょう。外のモツの部分はサクサクした食感で、中のピラフがそれらをうまくまとめていて、シメなのにお代わり必至の一品です!

また食べたいと思わせる「キュネフェ」

また食べたいと思わせる「キュネフェ」

写真:Ey. Sato

地図を見る

「甘いものはちょっと」という方もこれだけは別。とアダナでも大人から子供まで大人気の「キュネフェ」。カダユフという髪の毛よりも少し太いくらいのパスタで、アダナで作られるホワイトチーズを挟み揚げ焼きにしたものに、シロップとピスタチオパウダーをかけたデザート。香ばしく揚げ焼きにされた外側のパスタに染み込んだ控えめなシロップの甘さと、とろけたチーズのしょっぱさが絶妙のコンビネーション。忘れられない絶品スイーツなのです。

最後に

トルコ・アダナの絶品グルメ5選、いかがでしたか?さすが世界3大料理の一つ、美味しそうでしょう!他にもアダナは美味しい料理がいっぱいのグルメ天国ですが、どのお料理もアダナに行かないと食べられないものばかり。これらのお料理を食べにアダナに行きませんか?きっと忘れられない味に魅了されてしまいますよ!

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/12/09−2013/12/17 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -