アニメ制作現場の"現実"を体感してみる?福島ガイナックス「福島さくら遊学舎」

| 福島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

アニメ制作現場の"現実"を体感してみる?福島ガイナックス「福島さくら遊学舎」

アニメ制作現場の"現実"を体感してみる?福島ガイナックス「福島さくら遊学舎」

更新日:2015/12/19 20:03

右肩のプロフィール写真 右肩

「新世紀エヴァンゲリオン」をはじめとした人気アニメを数多く手掛ける、アニメーション制作会社「ガイナックス」が、福島県三春町に「福島ガイナックス」を設立し、アニメーション制作の新拠点となるスタジオを開設しました。
同時にアニメーションミュージアムもオープン!制作会社が自ら作った施設ならではの内容と魅力が詰まった「空想とアートのミュージアム 福島さくら遊学舎」をご紹介します。

福島ガイナックスに併設「空想とアートのミュージアム 福島さくら遊学舎」

福島ガイナックスに併設「空想とアートのミュージアム 福島さくら遊学舎」

写真:右肩

地図を見る

福島県三春町に開設された「福島ガイナックス」では、アニメの作画や仕上げ業務等を受託し、地元で採用した人材をアニメクリエイターへ育成して、地元雇用創出に貢献しています。
現在では、地元銀行のCMや、復興応援キャンペーン、自治体の観光PR用等の短編アニメも独自に制作する様になりました。

併設された「空想とアートのミュージアム 福島さくら遊学舎」は、アニメの制作過程を体感できる常設展示をメインに、原画等の貴重な資料も展示し、企画展やイベント等も行われる展示施設です。
廃校となった中学校を利用しているのですが、学校とは思えない開放的な建物で、アニメの世界にどっぷり浸かる事ができます。

アニメ好きには堪らない「企画展」

アニメ好きには堪らない「企画展」

写真:右肩

地図を見る

下駄箱が並ぶ玄関を入り、学校であった頃の雰囲気を感じながらチケットを購入してミュージアムへ入ります。
最初は、ホールを中心に複数の部屋で構成される「企画展」スペースがあります。
写真は、ガイナックス制作「放課後のプレアデス」展示の様子です。テレビシリーズやコミカライズの複製原画やアフレコ台本、絵コンテ等、貴重な資料が展示されていました。
この様な人気アニメや、著名クリエイター等の企画展をはじめ、制作者や声優を招いたイベントも開催され、アニメ好きには堪らないコンテンツを提供してくれます。内容は期間により入れ替わりますので、詳細は公式サイトをご確認下さい。

著名クリエイターが書いたもの多数「ステカン」

著名クリエイターが書いたもの多数「ステカン」

写真:右肩

地図を見る

ミュージアムでは、ステカン(廃材利用の捨て看板)をキャンバスにして、来場者が自由に好きなものを描く事ができるワークショップがあります。
ミュージアム内には、クオリティの高い綺麗なイラストが描かれたステカンが沢山並んでいて、これだけでも一つの展示会並み。
それもそのはず、来場した著名クリエイターが描いたステカンも何げに置いてあるのです。見れば誰でも知っているキャラクターが描かれていますので、あのアニメ作った人?と想像しながら見るのも楽しいです。
腕に覚えのある方は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょう?

アニメ制作の過程をリアル体感できる「ガイナックス流アニメ作法」

アニメ制作の過程をリアル体感できる「ガイナックス流アニメ作法」

写真:右肩

地図を見る

ミュージアムのメインとなる常設展示が、アニメ制作の流れを解説した「ガイナックス流アニメ作法」です。
アイデアが出る夜のバーから始まり〜テレビ放映や利権管理まで、アニメーション制作スタジオを中心にリアルに再現されています。
その再現レベルは、アニメーターが使用するデスクや道具はもちろん、棚に並んだ資料や書籍、何気なく飾られたフィギュア、角に並ぶコーヒーやお茶のペットボトル、ゴミ箱代わりに掛けられたコンビニ袋まで、オフィスの生活感まで感じる事ができるほど徹底しています。
各制作過程の作例も置かれ、自由に触れて見る事ができます。

人の群れがアニメを創る!「ガイナックス流アニメ作法」

人の群れがアニメを創る!「ガイナックス流アニメ作法」

写真:右肩

地図を見る

リアルなのはセットだけではありません。
まず、アニメを制作する各工程を解説したボードが多く掲示され、作業の内容を詳しく知る事ができます。
文章が並ぶ解説ですが、一般的な堅苦しい文章ではなく、お金の事情をも含む現実や本音が見え隠れするユーモア溢れる文章ですので、色々な意味でリアルなアニメ制作の実情を知る事ができます。

また、制作に関わる人々が等身大のボードで表現され、至るところに配置されており、吹き出しに書かれたセリフを読めば、何をしているのか分かる様になっています。吹き出しの裏側には「本音」セリフが隠れていますので、建前と本音の違いを楽しめます。

まるでスタジオにいるかの様なリアルな再現に加え、セリフ付きの等身大ボードの存在で、漫画の世界に入り込んだ様な気分にもなる、まさに体感的展示となっています。
多数の工程と多くの人々によってアニメが制作されている事も分かり「人の群れがアニメを創る!」という展示副題の言葉がピッタリです。

福島ガイナックスのミュージアムで、アニメの世界を存分に味わいましょう!

東日本大震災により大きな被害を受けた福島県は、特に原発事故のマイナスイメージが大きいのが現実です。
アニメというコンテンツを利用して雇用創出と観光拠点の開発を実践し、福島県に貢献する目的も持って開設された「福島ガイナックス」。いずれは福島発のアニメを世界へ発信し、マイナスイメージを少しでも払拭したいという目標を持っています。その様な「福島ガイナックス」へ訪問すれば、震災復興の一助にも繋がります。

見学できる施設「空想とアートのミュージアム 福島さくら遊学舎」は、子供から大人まで楽しめる内容で、アニメファンも満足できる充実した展示が売りです。
沢山のフィギュアを展示したスペースや、オリジナルグッツも多数揃えた販売スペースもありますので、全国的も珍しい現代アニメのミュージアムを体感してみて下さい。
ちなみに、近くには日本三大桜のひとつとして有名な「三春の滝桜」もあります。

ミュージアムの開館日時やアクセス等の詳細につきましては、以下【関連メモ】欄のリンクより、公式サイトをご確認下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/10/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -