赤坂のラグジュアリーキャビンは破格の2500円〜!センチュリオンホテルレジデンシャルキャビンタワー

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

赤坂のラグジュアリーキャビンは破格の2500円〜!センチュリオンホテルレジデンシャルキャビンタワー

赤坂のラグジュアリーキャビンは破格の2500円〜!センチュリオンホテルレジデンシャルキャビンタワー

更新日:2016/12/13 10:39

浮き草 ゆきんこのプロフィール写真 浮き草 ゆきんこ トラベルライター、プチプラ旅専門家、LCC弾丸トラベラー

東京・赤坂エリアは、東京駅、新宿駅、渋谷駅へ地下鉄で1本でいける抜群の立地。デザイナーズホテルなどのおしゃれなホテルが豊富にあり、ホテル激戦区と言ってもいいほどのエリアです。
抜群の立地なら値段も高いよね・・・としり込みしてしまいそうな赤坂ですが、なんとデザイナーズホテルがプロデュースした新感覚のキャビンに2500円〜で宿泊できるんです!赤坂エリアに2連泊も夢じゃありません!

和をイメージして作られたキャビン!

和をイメージして作られたキャビン!

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

スタイリッシュでおしゃれなデザイン空間を演出するセンチュリオンホテル・レジデンシャル赤坂の真横に、別館として2015年11月、センチュリオンホテルレジデンシャルキャビンタワーがオープンしました。

キャビンというと、カプセルホテルのようなイメージを持つ人が多いと思いますが、今回オープンしたキャビンタワーは全く違います。デザイナーズホテルがプロデュースしただけあり、館内はコンパクトかつラグジュアリー!日本の和をイメージして作られた空間は別世界に迷い込んだかのよう。

キャビンは2段ベットになっており、扉を閉めれば外の光も完全シャットアウト!自分だけのプライベート空間に様変わりします!

必要な機能がぎゅっと詰まったキャビン

必要な機能がぎゅっと詰まったキャビン

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

キャビンはフロアごとに混合(ドミトリー)、男性専用、女性専用と分かれており、それぞれのフロアに入るには、カードキーをかざさないと入室ができないためセキュリティー面は安心!

キャビン内はシングルベットがあるだけのこぢんまりとした空間ですが、160cmの筆者でも足をまっすぐ伸ばして眠ることができる広さ。しかも、フランスベット製の高級マットレスを使用しているので、眠り心地も抜群!さらに、座ってもまだ天井に余裕がある高さもあり狭さはあまり感じません。CS放送を無料で見ることができるテレビも設置されており、ヘッドフォンもあるので大音量で視聴することができます。スマフォや携帯電話の充電器、鏡、出し入れできるテーブル、フリーWi-Fiと至れりつくせり。

さらにホテル並みのアメニティーも豊富に取り揃えられているんです!

パウダールームにはアメニティーが豊富に!

パウダールームにはアメニティーが豊富に!

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

キャビンルームのほか、一人一つの大型ロッカーが割り当てられます。ロッカーにはバスタオル、フェイスタオル、歯ブラシ、ヘアブラシ、ボディータオルまで入っており、手ぶらで宿泊が可能。靴をいれるスペースがあるので館内は備え付けのスリッパで過ごすことができます。また、浴衣も入口に置いてあるので、お風呂あがりも困りません!

パウダールームには、パリの老舗「デタイユ・ラ・メゾン」のクレンジング、化粧水なども完備。ナノイオンドライヤーやヘアーアイロンなどもあり、足りないものはないくらいの充実ぶりです。

シャワールームは脱衣所とシャワーブースに分かれており、洋服が濡れるなどの心配もなし!シャワブース内にも、「デタイユ・ラ・メゾン」のシャンプー・リンスが備えつけられているので、自由に使うことができます。

サムライラウンジでフリードリンク

サムライラウンジでフリードリンク

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

ちょっと広いところで本を読んだり、スマフォがしたいなと思いますよね。そんなときは1階のサムライラウンジへ。コーヒー、紅茶、ジュースなど24時間無料で飲むことができ、大画面のテレビも設置されています。雑誌や東京ガイドなども置いてあるのでいろいろ便利ですよ。

フリースペースのサムライラウンジですが、一押しの過ごし方は、戦国時代の鎧を着て記念撮影をすること!無料でコスプレができるので旅の記念にぜひどうぞ!

軽朝食をラウンジで

軽朝食をラウンジで

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

素泊まりが一番格安で泊まれますが、朝ごはんはゆっくり食べたいという人は朝食付きプランを。簡単ですが、パンやサラダは食べ放題、そして、ドリンクももちろん飲み放題!パンはトースターがあるので、焼き立てを味わうことができます。

朝食は+500円です。

チェックイン時のポイント!

キャビンは2段ベットとなっていますが、上段か下段かを予約時には選択できません。チェックイン時に、伝える必要がありますが、やはり下段は人気。下段を希望する人は少し早めにチェックインして外出するようにしたほうがいいでしょう。また、キャビンの入口付近は人の出入りの音が少し気になります。「なるべく奥の方で」と伝え、奥のキャビンをゲットしましょう!

キャビンはスタンダートのほか、女性はバスルームやキャビンスペースが広くなるデラックスキャビンを選択することができます。また、ファミリー向けに2段ベットが2台入った個室型キャビンもあり、1室8000円からと超お得に宿泊できますよ。

格安ホテルの概念を覆す超おしゃれな「センチュリオンホテルレジデンシャルキャビンタワー」。東京での宿泊費をとことん押さえたい人必見です!

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -