御殿場の和菓子店「とらや工房」が素敵!今すぐ誰かに教えたくなる魅力とは!?

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

御殿場の和菓子店「とらや工房」が素敵!今すぐ誰かに教えたくなる魅力とは!?

御殿場の和菓子店「とらや工房」が素敵!今すぐ誰かに教えたくなる魅力とは!?

更新日:2016/01/05 14:34

雄大な富士山と箱根の山麓の間に位置する自然豊かな御殿場市に、「“和菓子屋の原点”を今の時代に再現してみたい」という思いから2007年10月にオープンした「とらや工房」。当初は、ホームページも設けず広告的な宣伝はやめていましたが、口コミだけで瞬く間に人から人へと伝わり、お店の存在を知った多くの人々が楽しみに訪れるようになりました。まるで隠れ家のように佇み、訪れれば誰かに教えたくなる魅力とは一体!?

山門の奥に広がる世界感にワクワク

山門の奥に広がる世界感にワクワク
地図を見る

とらや工房は、元々は別荘であった約5600坪の広大な敷地の中に建てられています。隣には、安倍晋三首相の祖父にあたる第56・57代の岸信介元首相が晩年を過ごした自邸があり、現在は東山旧岸邸として一般公開されています。

東名御殿場ICから5分程とアクセス至便。秩父宮両殿下が実際に住まわれていた別邸を整備してつくられた秩父宮記念公園や東山湖などが近くにあり、御殿場でひときわ美しいエリアに位置しています。

とらや工房・東山旧岸邸共通の駐車場から入口へと一歩足を踏み入れると、茅葺の山門と京都嵐山や静岡修善寺をも連想させる青々とした竹林や背の高い木々がお出迎え。山門をはじめ、別荘にもともとあった竹林や木々を残しながらも、とらや工房としての新たな空間が誕生しています。山門の前に立つと、入口から見える奥の風景にワクワク。とらや工房の建物へと続く自然豊かで静寂な散策路が続きます。

2011年度には静岡県景観賞の優秀賞を受賞

2011年度には静岡県景観賞の優秀賞を受賞
地図を見る

清々しい木々に囲まれ、散歩するだけでも心地よい緩やかなカーブを描く散策路。ゆっくりと進んでいくと、箱根の伏流水が湧き、梅林や池を併せ持つ庭園と共にとらや工房の建物が見えてきます。

自然との調和を大切に庭園と建物が一体であるかのように弧を描くよう建てられたとらや工房。写真手前から、喫茶席(室内)・テラス席(オープン)・販売所・厨房と4つの空間に分かれ、どこにいても季節が感じられる自然にとけ込んだ建築です。ほぼ全面に大きなガラスが張られた素敵な建物です。

三重県鳥羽市にある「海の博物館」など名だたる作品を手掛け、数々の建築の受賞歴をもつ内藤廣さんが設計。森の隠れカフェ「とらや工房」として、2011年度には静岡県景観賞の優秀賞(静岡県建築士会賞)も受賞しています。

和菓子はお持ち帰りも店内での飲食も可能

和菓子はお持ち帰りも店内での飲食も可能
地図を見る

和菓子の購入や店内で飲食する場合、まずは販売所で注文します。とらや工房は、美味しい羊羹で有名な老舗「とらや」のグループ会社が経営していますが、こちらで提供されるのは全てとらや工房限定。一つ一つ丁寧に手作りされた和菓子や軽食は、ココでしか食べることができません。

富士山をモチーフに、その麓にあるとらや工房をイメージした「ふじと」と呼ばれるオリジナルのロゴが表面に焼かれたどら焼きは、御殿場産のさくら玉子の黄身をたっぷり使用。少し硬めに焼き上げつつふっくらと厚みのある皮には、皮にあわせて考案されたという小倉餡(黒と白の2種有)がたっぷりで人気商品。

その他、平日限定の大福と土日祝限定の赤飯大福や最中、季節毎の商品などがあり、お持ち帰りだけでなく、お菓子に合うように淹れられた煎茶とともに、つくりたてを店内で食べることも可能。干羊羹は、お持ち帰りのみですが、日持ちもするため、お土産に最適です。

寛ぎ感たっぷりの店内で食べる美味しいお菓子と軽食

寛ぎ感たっぷりの店内で食べる美味しいお菓子と軽食
地図を見る

店内で食べる場合、注文し支払いを済ませたらテラス席か喫茶席の空いているお好きな席に座ります。どちらも木を基調とした自然の風合いやぬくもりのある寛ぎ感たっぷりの席で、お庭をゆっくりと眺められる癒しの空間。寒い季節には、テラス席には大きめのストーブが設置されブランケットの用意もあります。

小倉汁粉は、三度に分けてじっくりと蜜漬けしたという小豆をたっぷりと使用。小豆の粒も残し、ややとろみのある汁に香ばしくふっくらと焼かれたお餅が入っています。箸休めの塩昆布とその都度丁寧に淹れてくれる煎茶付。お茶のおかわりは嬉しい事に何度でも無料。販売所にお湯のみを持っていくと淹れたてのお茶をいただけます。食べ終えた後は、販売所入口手前の返却テーブルに戻しましょう。

他にも、あんころ餅・あんみつ・ところ天などの季節毎の喫茶メニューがあり、夏季にはかき氷の提供もあります。

敷地内で採れた野菜などは和菓子や軽食で利用

敷地内で採れた野菜などは和菓子や軽食で利用
地図を見る

和菓子の他に、季節毎に軽食も用意されています。敷地内にはこのように竹林や木々に囲まれた畑があり、こちらで採れた野菜も和菓子や軽食として提供されています。実は、庭園にある梅の木から採れた梅は和菓子に、竹林で生えた筍は「たけのこおこわ」に使われるなど、敷地内や近所の畑で採れた新鮮で安全な材料を使って提供する地産地消の場でもあります。

秋から冬へと移ろう季節には、色鮮やかな紅葉が畑のまわり一面に絨毯のように落葉。それはカラフルで見事な美しい光景が広がります。青い竹林に映えるオレンジ色の紅葉も、この地の豊かな自然を象徴するかのよう。新緑・紅葉・雪景色、そして梅の花が咲き誇るなど、とらや工房では四季折々の移ろいを感じながらゆったりと過ごすことができるでしょう。

きっと誰かに教えたくなる・・・

いかがでしたでしょうか?まるで隠れ家のようなとらや工房で、思い思いのひと時を、美味しい和菓子と共にゆっくりと過ごされてみませんか?厨房はガラス張りになっているので、職人が丁寧に心をこめて和菓子を作っている工程を見ることができ、貴重な体験もできます。

また、お時間がある方は、ぜひ隣接している東山旧岸邸にもぜひ足を運んでみて下さい。こちらでも、建築家吉田五十八さんによる貴重な近代数寄屋建築の見事な邸宅と手入れの行き届いたお庭を楽しむ事ができます。

※現在は、ホームページがありますので、詳しくは下記関連MEMO欄をご覧下さい。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/12/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -