埼玉県で最大の巨木「上谷の大クス」越生町の里山に立つ関東最大のクスノキ

| 埼玉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

埼玉県で最大の巨木「上谷の大クス」越生町の里山に立つ関東最大のクスノキ

埼玉県で最大の巨木「上谷の大クス」越生町の里山に立つ関東最大のクスノキ

更新日:2016/06/24 11:07

大木 幹郎のプロフィール写真 大木 幹郎 巨木マニア、低山登山家、ブロガー

埼玉県のほぼ中央部に位置している越生町の里山には、県最大の巨木にして関東最大のクスノキ(楠)である「上谷の大クス」が立っています。視界に収まりきらない巨大な幹と、大きめの街路樹ほどもある枝が四方へ伸び上がる姿は大迫力です。

越生町の里山に立つ大クスノキ

越生町の里山に立つ大クスノキ

写真:大木 幹郎

地図を見る

「上谷(かみやつ)の大クス」は越生町の北部の里山の中に立っています。越生町は西側が市街地で、東側は森林に覆われた山間部が占めた場所です。名勝地として市街中心部に近くでは、日本三大梅林の「越生梅林」、東の山間部には「黒山三滝」と、飯能市との堺付近には、展望地の「関八州見晴台」などがあります。上谷の大クスは、越生梅林から北西に直線で2kmほどの里山の中で、近くまで車で移動できます。

写真の上谷の大クスの姿は、南側の斜面下から見たものです。大クスの全体像を見ることができる位置です。近年になって大クスの保護のために、近くの木々が伐採され、根元には柵も兼ねた見学用のウッドデッキが作られました。

埼玉県で最大の巨木「上谷の大クス」

埼玉県で最大の巨木「上谷の大クス」

写真:大木 幹郎

地図を見る

写真の上谷の大クスの姿は、ウッドデッキの上、西側寄りから見たものです。大クスは、幹周約15m、樹高約30m、推定樹齢1000年以上とされる巨木です。樹形は、東西に並んだ2本の巨木が合体したようなものです。根元付近で固まった幹は巨大な塊となり、そこから大きく5本に分かれた大枝(この枝だけでも巨木)は広く高い樹冠を形成しています。見るものに圧倒的な存在感で迫ってくる見応え十二分の巨木です。

上谷の大クスの大きさは、全国的に見ても上位の巨木で、昭和63年度に環境省(当時は環境庁)が実施した調査では、全国巨木ランキング16位でした。ちなみに、ランキング上位の巨木の殆どをクスノキが占めています。

クスノキ(楠)はどんな木?

クスノキ(楠)はどんな木?

写真:大木 幹郎

地図を見る

写真の上谷の大クスの姿は、ウッドデッキ上の南側の根元から見たものです。最も幹が太く見える位置で迫力があります。視界に収まらない巨大な塊が巨木なのか何なのか分からなくなってきます。

ここでクスノキについて少し説明を。クスノキは常緑の高木で、上谷の大クスのように巨大に生長し、全国巨木ランキングの上位を占める樹種です。5月から6月頃にかけて小さな黄緑色の花が咲き、10月から11月頃にかけて小さな緑色の実が熟して黒っぽくなります。葉や幹の成分には樟脳(しょうのう)が含まれています。樟脳には、血行促進、鎮痛、消炎の作用があるので、古くから防虫剤や医薬品に使用されてきました。

クスノキの生育地は、木偏に南を付けて楠と呼ぶように、暖地を主とします。日本では本州西部の太平洋側、四国、特に九州では多く内陸部まで分布しています。全国巨木ランキングの上位を占めているクスノキの殆ども九州のもので、日本最大の巨木は、鹿児島県の「蒲生の大楠」(幹周24.2m)とされています。

逆境に負けず巨大になった貴重なクスノキ

逆境に負けず巨大になった貴重なクスノキ

写真:大木 幹郎

地図を見る

写真の上谷の大クスの姿は、ウッドデッキ上の東側から見たものです。幹と枝がまとまって見える位置です。傾斜地に立っていて、張り出した逞しい根が巨体を支えています。

上谷の大クスは、全国的に見ても貴重なクスノキの巨木と言えます。それは立地が特殊な為です。クスノキは暖地を好む樹種のため、本州西部の太平洋側、四国、九州に集中して分布しています。寒冷地となる関東北部や東北地方では巨大化や生育が難しくなるのです。ここ埼玉県の越生町でも冬季の気温は氷点下に下がり雪が積もることもあります。上谷の大クスは逆境に負けず、1000年のときをかけて、ここまで生長してきたかけがえのない巨木なのです。ここはクスノキの生育に適した暖地ではありませんが、南に面した日当たりの良い里山の谷間に抱かれた立地が、奇跡的に大クスを育てる環境となったのかもしれません。

関東地方にある他のクスノキの巨木

関東地方にある他のクスノキの巨木

写真:大木 幹郎

地図を見る

写真は栃木県宇都宮市の「八幡山のクスノキ」(幹周9.9m)で、栃木県で最大のクスノキであると共に、関東以北で最大のものと思われます。埼玉県の上谷の大クスよりも、ずっと北部に位置しているため、より厳しい寒さに耐えてきた貴重な巨木です。場所は八幡山公園の頂上付近で、展望台もある景色の良いところです。

他に関東地方にあるクスノキで特に巨大なものには、神奈川県の湯河原町にある「明神の楠」(幹周11.8m)と、千葉県の富津市にある「環の大楠」(幹周12.5m)です。2本とも太平洋に近い関東地方では比較的に温暖な地域に生育しています。

おわりに

以上、巨木「上谷の大クス」の紹介でした。埼玉県で特に見学をオススメする巨木の一つで、圧倒的な巨体の迫力の前に難しい言葉は不要、ただ単純に、大きい!立派!何だコレ?と感嘆して下さい。周辺の観光としては、「越生梅林」と「五大尊つつじ公園」が有名で、見頃は時期(3月・5月)は見事です。また、越生町と隣接する「ときがわ町」にも、見応えのある多くの巨木がありますので、お立ち寄りをお勧めします。詳細は、関連MEMOのリンクをご参照ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/03/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -