黄金の凍れる滝!スノーシュートレッキングで裏磐梯の奇観「イエローフォール」へ

| 福島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

黄金の凍れる滝!スノーシュートレッキングで裏磐梯の奇観「イエローフォール」へ

黄金の凍れる滝!スノーシュートレッキングで裏磐梯の奇観「イエローフォール」へ

更新日:2015/12/21 16:43

泉 よしかのプロフィール写真 泉 よしか 女子目線温泉ライター、キッザニアマニア

スキー・スノボで賑わう冬の福島県裏磐梯。でもまだあまり知られていないウィンタースポットがあるのです!スノーシューを履いて冬にだけ現れる氷瀑。奇観イエローフォールを見に行くのはいかがでしょうか。
スノートレッキングのガイドツアーに入れば初心者でも大丈夫。半日程度の山歩きで、凍った湖の上を歩いたり、磐梯山の噴気孔を見上げたり、天然のすべり台を滑ったり、冬のアウトドアが何倍も楽しめちゃいますよ!

スノーシーズンの裏磐梯と言えばスキーとスノーボード

スノーシーズンの裏磐梯と言えばスキーとスノーボード

写真:泉 よしか

地図を見る

裏磐梯スキー場、裏磐梯猫魔スキー場、グランデコスノーリゾートなど沢山のスキー場がパウダースノーで迎えてくれます。でも他のこともしてみたいというあなたにお勧めなのが、スノーシューを履いてイエローフォールを訪ねるコース。地元のガイドの案内で雪の上をトレッキング。特別な技術はいりません。初心者でも大丈夫。シューズ、ストック、スノーシュー、スノースパッツは現地でレンタルできます。半日程度のトレッキングができる体力があれば、小学校高学年のお子さんから参加できます。

雪の中を歩いていれば動物の足跡や変わった植物を見つけることも!ゆっくり歩くことでいろいろな発見をしてみてください。

火山が作る不思議な黄金色の滝

火山が作る不思議な黄金色の滝

写真:泉 よしか

地図を見る

ゲレンデのリフトを下りたところから歩き始めて、スムーズに行けば1時間程度でイエローフォールに到着します。気象条件に寄りますが、イエローフォールが楽しめるのは1月上旬から3月下旬ぐらいまで。温かくなってくると崩れて溶けてしまいます。

この珍しい黄金色の氷は磐梯山の噴火に由来する金属や硫黄が溶け込んだ水分によるもの。だからなめてみると鉄さびみたいな味がするんですよ。ちなみに夏場はここには滝はありません。冬にだけ氷の滝が現れます。写真は1月上旬のものですが、2月中旬〜3月はじめにはもっと大きく迫力のある姿に成長します。

凍った湖を歩いたり、磐梯山の噴気孔を見上げたり、天然のすべり台を滑ったりしよう!

凍った湖を歩いたり、磐梯山の噴気孔を見上げたり、天然のすべり台を滑ったりしよう!

写真:泉 よしか

地図を見る

イエローフォールを訪ねるコース上には他にも楽しみがいっぱい。1888年に大災害となる大きな噴火を起こした磐梯山は、今も山体のあちこちから噴気が上がっています。トレッキングコース上には銅沼(あかぬま)と呼ばれる湖を渡るルートもあり、氷上を歩きながらここから磐梯山の火口(噴気孔)を見上げることができます。山腹に空いた穴からもくもくと白い蒸気が上がっているのを見ると大地が生きていると感じることができるかもしれませんね。

天然の雪の滑り台になっている場所もあります。しっかりウェアのチェックをして、隙間から雪が入らないようにしてから滑り降りましょう。なかなかの迫力ですよ。

興味を持ったらガイドを申し込もう!

コース上には雪が乗っているだけで地面は陥没している危険な場所もあります。必ずプロのガイドに同行して貰いましょう。裏磐梯エリアのホテル宿泊ならホテルに、そうでなければ裏磐梯観光協会などに相談して、安全にスノーシュートレッキングを楽しんでください。きっと楽しい時間が過ごせますよ!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/01/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -