島根・隠岐の島プラザホテルで新鮮魚介と「焼き飯茶漬け」を味わう!

| 島根県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

島根・隠岐の島プラザホテルで新鮮魚介と「焼き飯茶漬け」を味わう!

島根・隠岐の島プラザホテルで新鮮魚介と「焼き飯茶漬け」を味わう!

更新日:2016/01/11 20:53

牡丹餅 あんこのプロフィール写真 牡丹餅 あんこ フリーライター

日本海に浮かぶ「隠岐の島」は、4つの有人島と約180の無人島があり、美しい自然と歴史深いことから2013年に「世界ジオパーク」に認定された島です。豊かな自然にあふれた隠岐の島の風景や、今上天皇陛下も召し上がったと言われる「焼き飯茶漬け」も満喫できる「隠岐プラザホテル」をご紹介します。

豊かな自然に囲まれた「隠岐プラザホテル」

豊かな自然に囲まれた「隠岐プラザホテル」

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

隠岐の西郷港から、約5分のところにある「隠岐プラザホテル」は、周辺の観光スポットにローソク島や白島海岸、岩倉の乳房杉などのジオパークがあり、自然の造形美の魅力をふんだんに体感できる絶景が点在しています。そして、春夏秋冬さまざまな表情を見せる港の風景や、獲れたての魚介類をふんだんに盛り込んだお料理が自慢のホテルを、まずはお部屋からご紹介しましょう。

窓辺からは四季折々の風景と海の香が楽しめる

窓辺からは四季折々の風景と海の香が楽しめる

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

お部屋の窓からは港が見え、穏やかなさざ波が聞こえてきます。窓をいっぱいに開けて、しばらく自然の音に耳を済ませてください。隠岐で味わえるのは美味しいものだけではなく、耳からも自然の奏でるメロディーを味わうことができます。目で見た風景、そして耳から聞こえてきた波の音や潮の香りなど、五感で満喫することも、隠岐プラザホテルを贅沢に楽しむポイントの1つです。

月夜の海に浮かぶ船の夜景もまた癒しの1つ

月夜の海に浮かぶ船の夜景もまた癒しの1つ

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

夜になり、カーテンを開けるとお部屋の外には、チカチカと漁火が見えたり、月明りで染まる夜の海を眺めたりすることができます。ぜひ、お部屋の明かりを落として、隠岐プラザホテル自慢の夜景をお楽しみください。また、この夜景はお風呂からも眺望することができますので、ゆっくりお風呂につかりながら眺めてくださいね。

獲れたての海の幸や天皇陛下とゆかりのある逸品も

獲れたての海の幸や天皇陛下とゆかりのある逸品も

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

隠岐で獲れたばかりの新鮮な魚介類をふんだんに使った、隠岐プラザホテル自慢の「しまどれ海鮮会席」は、どれから食べようか迷うほどバリエーションが豊富です。
お膳の左側に見えるお茶漬けは、今上天皇が隠岐に行幸の折に、とても気に入られたといわれる「焼きめし茶漬け」で、隠岐独特の味噌を付けて焼いた握り飯を茶漬けに仕立ててあります。たくさん海鮮を召し上がったはずの陛下が、思わずお代わりなさったことから、隠岐の名物料理の1つとなったそう。どこか懐かしい味わいは、シメに食べたい一品です。

朝食も磯の香りいっぱいのお料理を堪能できるのがうれしい

朝食も磯の香りいっぱいのお料理を堪能できるのがうれしい

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

隠岐は「藻塩米」というお米が名物で、隠岐の島の自然の恵みをふんだんに受けたお米です。
朝食時に出てくる隠岐プラザホテル名物の「もずく粥」は、島根の美味しいお酒を飲んだ翌日にとても嬉しい一品。厳選された若いもずくがおかゆの中にたくさん入っています。若いもずくは磯の香が高く、ツルツルとした独特の触感が、朝から食欲を掻き立てます。ぜひ白米と両方味わってみてください。

焼きめし茶漬けは予約時に確認を!

いかがでしたか?
隠岐プラザホテル周辺は、どこか懐かしい路地や港町風景があり、ノスタルジックな景色と出会うことができます。にぎやかな観光地もいいですが、仕事で疲れた心と身体のメンテナンスをするなら隠岐の島がおススメ。
また、「焼きめし茶漬け」は、通常のお料理につくのですが、お料理の内容によりコースに含まれない場合があるそうなので、予約時に確認することをお勧めします。

※冬季メンテナンス中のため、2016年のご予約は3月からになりますのでご注意ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/09/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -