大阪・冬のロマンチックなデートならここ!ドイツ・クリスマスマーケット大阪

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

大阪・冬のロマンチックなデートならここ!ドイツ・クリスマスマーケット大阪

大阪・冬のロマンチックなデートならここ!ドイツ・クリスマスマーケット大阪

更新日:2017/11/07 13:11

東郷 カオルのプロフィール写真 東郷 カオル トラベルライター

すっかり大阪の冬のイベントとして定着した「ドイツ・クリスマスマーケット大阪」も2017年で開催16年を数えます。場所は大阪駅からグランフロント横の通路を抜けた新梅田シティ。ワインやソーセージ、クリスマスオーナメントなど、本場の味やクリスマス気分が楽しめて、クリスマスツリーや小屋の灯りもロマンチック!デート使いにぴったりですよ。

アンティークな木製メリーゴーランドがお出迎え

アンティークな木製メリーゴーランドがお出迎え

写真:東郷 カオル

地図を見る

ドイツ・クリスマスマーケット大阪が開催される新梅田シティは、現状では、大阪駅の北側にあるグランフロント大阪横の地下道を通ってアクセスするのが一般的。現在大阪駅北側の「北ヤード」と呼ばれるエリアの再開発が進み、今後ますますアクセスが便利になることが期待されるエリアです。

地下道を上がるとすぐに会場入口です。入口付近では120年の歴史を持つ木製のメリーゴーランドがお出迎え。単なる飾りではなく、ちゃんと動くんですよ。優しい灯りのメリーゴーランドは木製ならではの優しい雰囲気が魅力。幻想的な写真が撮れますので、おすすめの撮影スポットです。

ドイツ・クリスマスマーケット大阪の中央には幸運のツリー

ドイツ・クリスマスマーケット大阪の中央には幸運のツリー

写真:東郷 カオル

地図を見る

ドイツ・クリスマスマーケット大阪の会場の中央にあるのは、高さ27mのクリスマスツリー。このツリーは中を通り抜けることができます。内部には幸運をもたらすと言われる聖なる木・ミステル(ヤドリギ)がありますので、是非通り抜けしてみてくださいね。

イルミネーションも魅力ですが、ドイツ・クリスマスマーケット大阪のお楽しみは何と言ってもドイツグルメ!主催や後援がドイツ連邦共和国総領事館、大阪ドイツ文化センター、ドイツ観光局など、ドイツ関連の団体ですので、グリューワインにドイツワイン、焼きソーセージやジャーマンポテトと、本格的なドイツの味が楽しめます。

ドイツのクリスマスグッズに目移り

ドイツのクリスマスグッズに目移り

写真:東郷 カオル

地図を見る

会場内には約25軒のヒュッテ(小屋)が軒を連ねます。ヒュッテではクリスマスツリーに飾るオーナメントや、キャンドル、ドイツの工芸品が並び、本場さながらの雰囲気。

イルミネーションは夜だけですが、ヒュッテは昼間も営業していますので、小さなお子様のいるファミリーも楽しめるイベントです。ですが、やはり雰囲気のあるのは夜。カップルは是非夜にお出かけください!

ドイツ・クリスマスマーケット大阪にはゆっくりとお食事できるスペースも

ドイツ・クリスマスマーケット大阪にはゆっくりとお食事できるスペースも

写真:東郷 カオル

地図を見る

ドイツ・クリスマスマーケット大阪の会場には、クリスマスツリーの奥側にお食事できるフードコートがあります。大勢の人が行き交う中のテーブルと椅子ではゆっくりとお食事が楽しめないという方にはピッタリ。ここは独立したスペースが確保されていますので落ち着いてドイツグルメを楽しめます。

時間があればスカイビルにも

時間があればスカイビルにも

写真:東郷 カオル

地図を見る

ドイツ・クリスマスマーケット大阪が開催されるのは「新梅田シティ」。ピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、海外からの観光客にも人気のスカイビル(空中庭園展望台)のある場所、と言った方がわかりやすいかもしれませんね。

クリスマスツリーがあるのはちょうど空中庭園展望台の真下。いつもとはちょっと違った風景に出会えます。

毎年変わるマグカップもドイツ・クリスマスマーケット大阪の魅力

毎年変わるマグカップは「ドイツ・クリスマスマーケット大阪」の楽しみの一つ。毎年楽しみにしている人も多いんです。グリューワインやコーヒーなどのドリンクを買うとマグカップをお持ち帰りできます。二杯目もお安くなります。

2017年のドイツ・クリスマスマーケット大阪の開催は11月17日〜12月25日の17:00〜22:30(金曜は22:00まで、土日祝は11:00〜22:00)です。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/11/29−2016/11/28 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ