野菜もルーも選択式!野菜を食べるカレーcampがエキマルシェ新大阪で進化!

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

野菜もルーも選択式!野菜を食べるカレーcampがエキマルシェ新大阪で進化!

野菜もルーも選択式!野菜を食べるカレーcampがエキマルシェ新大阪で進化!

更新日:2015/12/24 09:25

浮き草 ゆきんこのプロフィール写真 浮き草 ゆきんこ トラベルライター、プチプラ旅専門家、LCC弾丸トラベラー

季節感あふれる野菜を多く取り入れ、作りおきせず、注文ごとにお客様の目の前でカレーを調理する「ライブ感」をコンセプトとするカレー専門店「camp」。全国に続々と店舗を広げている人気のカレー屋さんです。
エキマルシェ新大阪では、他の店舗にはないオーダーメイド方式でカレーを作ることが可能になりました!どんなカレーが出来るかは、あなたの選択次第!

キャンプしているような雰囲気の店内

キャンプしているような雰囲気の店内

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

カレーと言えば、野菜とルーを煮込んで食べるイメージがありますが、campの店主は、昔、キャンプで仲間と作った即席の野菜たっぷり入りカレーが驚くほどうまく、これを再現したい!との思いからライブで作るカレーを考案したそうです。

campという店名とおり、店内には木がふんだんに使われ、ランプやリュックなどキャンプに必要なものがオシャレにレイアウトされています。ナプキン入れは飯盒!キャンプのご飯には必須ですよね!青空の中、キャンプしているようなイメージで作った店内は駅ナカと思えないほどとっても開放的です。

camp発!14種類の野菜が選べる!

camp発!14種類の野菜が選べる!

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

camp全店で不動の人気を誇る「1日分の野菜カレー」は、厚生労働省推奨の一日の摂取量350gがとれるカレーです。まずは、入り口すぐのところにある野菜のショーケースに行き、注文をします。店員さんが、野菜の好き嫌いなどを聞いてくれ、自分からも好みの野菜を増やしたり、逆に取り除くといったオーダーができます。

じゃがいも、玉ねぎといったカレーの具材に定番のものから紫キャベツ、チェリートマトといった変わり種までより取りみどり!。季節に応じた14種類の旬の野菜をたっぷりと採れるのはうれしいですよね。

エキマルシェ新大阪発のルーも登場!

エキマルシェ新大阪発のルーも登場!

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

カレーのルーは5種類から選べます。

1.不動の人気campオリジナルカレールー
2.コショウがきいたカシミールルー
3.辛い物が苦手の人に最適な欧風ルー
4.ココナッツ風味のグリーンカレー

そして、5つめはエキマルシェ新大阪限定の鶏肉が盛りだくさんのキーマカレー!初心者の人はオリジナルカレーを、campリピーターはキーマカレーがおススメ。オリジナルカレーもちょっとスパイスがきいているので、辛いものが苦手な人は欧風カレーをミックスしてみてくださいね。

野菜を感じるカレーの出来上がり!

野菜を感じるカレーの出来上がり!

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

野菜の具材は、固くもなくやわらかくもなく、野菜の食感を感じることができる適度な食べ応え。甘みも充分に感じることができます。鉄板が熱々なので、いつまでも温かいカレーを食べることができます。

ちょっとルーが辛かったなと思ったら、生卵をトッピングしたり、ほんのりあま〜い濃厚ラッシーをオプションでつけるといいですよ!

また、塊の肉を柔らかく煮込んだBBQカレーも1日10食限定で販売!口の中でとろけていくお肉のとりこになるはず!

片付けはセルフサービスで!

片付けはセルフサービスで!

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

店員さんは基本的に厨房にいて、オーダーメイドカレーを作っているので、食べ終わったら奥の食器返却口へ持っていってくださいね!

camp風といっても食器洗いはしなくていいのでご心配なく(笑)

注文から食べ初めまでたった5分!

野菜を注文したり、ルーを選んだりしているうちに数分かかりますが、ルーを選択している間に野菜をいためているので、あっという間にカレーが目の前に出来上がってきます。食べ始めまで、たった5分!カレーってこんなに早くできるんだ!と違った驚きも感じることができるはず!

新幹線に乗る前にガッツリ食べたいな〜という人や、カレーマニアはぜひお立ち寄りを!新食感のカレーに魅了されますよ!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ