映画「北のカナリアたち」のロケ地にもなった礼文島の岬と花を巡る旅

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

映画「北のカナリアたち」のロケ地にもなった礼文島の岬と花を巡る旅

映画「北のカナリアたち」のロケ地にもなった礼文島の岬と花を巡る旅

更新日:2015/10/29 15:15

しののプロフィール写真 しの 旅する調理師

礼文島は決して大きくはない島ですが、南北に細長い形から海に面している場所が多く崖が続くため、岬では映画のロケ地にも選ばれるほどの絶景を楽しむことが出来ます。今回は、天気のよい日はサハリンまで見える最北端の「スコトン岬」と、2つの岬を同時に見渡せる「澄海(スカイ)岬」をご紹介。
合わせて短い夏にしか見られない色とりどりの高山植物も撮影出来ましたので、可愛い花の写真と共にお楽しみください。

サハリンが見える事もある!礼文島の最北端「スコトン岬」

サハリンが見える事もある!礼文島の最北端「スコトン岬」

写真:しの

地図を見る

礼文島は日本の有人島としては最北に位置する北海道の離島です。
成り立ちは古く、海底が隆起してできた島だと言われており、氷河期の頃は大陸と地続きだったとか。
なだらかな陸の風景は氷河が残した地形だそうです。
その礼文島の中でも最北端「スコトン岬」は海に突き出たような形をしており、高台になっているので見晴らしはとてもよいです。
こちらからは「トド島」と言う周囲4キロの無人島が見えます。晴れた日にはサハリンが見える事もありますよ!
映画ではこのスコトン岬の崖の上で、主人公(吉永小百合)が物語の中心人物である元刑事(仲村トオル)と初めて出会うシーンが撮影されています。訪ねた時は写真を見ても分かるように、映画のような厳しい季節ではなかったのですが、それでも風がとても強いので、いつ訪ねても上着を持っていく等の対応が必要です。
また、駐車場脇にある売店では昆布や昆布を使った各種お土産物、昆布ソフトなどが販売されていますので記念に購入してはいかがでしょうか?

岬をさらに彩る高山植物、お土産等

岬をさらに彩る高山植物、お土産等

写真:しの

地図を見る

岬に行く展望台に至る道すがら、高山植物を見つけました。その時は何の種類かわからなかったのですが、後で調べるとレブンシオガマ、オオハナウド、エゾカワラナデシコなどでした。
本州の低地ではまず見ることが出来ない可憐な花々。他の観光客も、この先にある絶景を前に、しばし足を止めて花の美しさを楽しんでいました。
私もエゾカワラナデシコをパチリ☆
皆さまもぜひ1枚、カメラに残して帰りたいものですね。

3つの岬を見る事ができる澄海岬

3つの岬を見る事ができる澄海岬

写真:しの

地図を見る

スコトン岬から南へ行ったところにあるのが澄む海と書いてスカイ岬。岬付近の海はその名前の通り、礼文島の中でも一番澄み渡った海だと言われています。映画では、美しい夕日に主人公(吉永小百合)が照らし出されているシーンで使われました。
ここからは遮るものがないので、最初に紹介したスコトン岬もよく見えます。その間にあるゴロタ岬、そして今立っている澄海岬を含めて、3つの岬が島の西側に突き出して、地形の険しさや自然の雄大さを教えてくれます。あまりのスケールの大きさに感動すること間違いなし!

澄み渡った海と高山植物を見る事ができる澄海岬への道

澄み渡った海と高山植物を見る事ができる澄海岬への道

写真:しの

地図を見る

駐車場から岬へは若干きつめの坂(階段)を登らなくてはいけません。そんな疲れを癒してくれるのが、ここでもやっぱり高山植物。可憐な花々が咲いていました。その年々によって咲く時期は異なりますが、毎年6月から7月にかけては、利尻を代表するユリの仲間、エゾカンゾウが咲き誇ります。短い夏を告げる花、エゾカンゾウは利尻・礼文固有の高山植物というわけではありませんが、群生を作って一面が黄色くなる事もあるそうです。
主な植物については駐車場の近くに看板がありますので、そちらを参考になさってくださいね。

その他の岬について

その他の岬について

写真:しの

地図を見る

礼文島は小さい島ながら多彩な風景を楽しめる島です。
ご紹介したのは映画のロケ地にもなったスコトン岬と澄海岬ですが、他にもゴロタ岬、金田ノ岬があります。
いずれの岬付近でもトレッキングコースが設けられており、それぞれ季節にもよりますが高山植物を見る事ができますよ。
北国の短い夏のシーズンに絶景に出会いに行きませんか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/07/11−2013/07/13 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ