世界中を鉄道模型で再現!独・ハンブルクのジオラマ博物館

| ドイツ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

世界中を鉄道模型で再現!独・ハンブルクのジオラマ博物館

世界中を鉄道模型で再現!独・ハンブルクのジオラマ博物館

更新日:2015/12/28 10:47

ヒロ サンチェスのプロフィール写真 ヒロ サンチェス 観光ライター、アマチュア写真家

ハンブルクの港湾部に2002年にオープンした、鉄道模型を用いたジオラマ展示のミュージアム。
もともと倉庫として使われていた一角を2階分利用してジオラマが展開されています。内部は、ハンブルク・スイス・アメリカなど8つのエリアが細かな模型で再現されていて、その規模は圧巻。30分ごとに照明の色が変わり、昼間と夜間を演出しています。大人でも充分に子供ごころに戻って楽しめるスポットです。

飛行機の離着陸がとてもリアル!

飛行機の離着陸がとてもリアル!

写真:ヒロ サンチェス

地図を見る

今回ご紹介するのは、ハンブルク港湾部にある「ミニチュア・ブンダーランド」。屋内にあるので天候も時間も気にせず見てまわることができます。その中でもお勧めな3つのエリアをご紹介しましょう。

まず最初は一番新しいコーナーでもある空港。ハンブルクの現地にある実際の空港をモチーフに作られています。見どころは、実際に大きな飛行機の模型が離陸そして着陸するシーン。実在の空港と同じようにタイムスケジュールも頭上の電光掲示板に表示されています。ドイツの航空会社だけでなくANAの飛行機があるのも、日本人としてはうれしいところ。滑走路の近くには、なつかしのコンコルドも待機しています。

目前に迫るスイスの山並み

目前に迫るスイスの山並み

写真:ヒロ サンチェス

地図を見る

2つ目はスイス。ワンフロアだけでなく、上下二つのフロアを存分に使って演出されている雪山は迫力満点です。

氷河鉄道の模型が走っている様は、まるでアルプスの山に巨人として迷いこんでしまった感じに眺めることができます。上からも下からもぜひ山岳地帯を楽しんでください。また階段部に設置されているトンネルにはアクリル板がはめ込まれていて内部をのぞくことも可能。なんとこの中にもプラットホームが設置されます。その隣にはトンネル工事の凝った模型も。

ハンブルクの町並みもきれいに再現

ハンブルクの町並みもきれいに再現

写真:ヒロ サンチェス

地図を見る

3つ目はハンブルク。中央駅をメインにして、ハンブルク市内の名所がこれでもかというほどフロアに詰めこまています。

実際の位置関係にずれはありますが、ここを見て回るだけで、ほとんどの観光名所は上から望むことができます。細かいところを見ていくと、サッカースタジアムの中の電光掲示板では、実際のサッカーの試合がビデオで流されています。また放送局のジオラマの中ではニュースが。他に目をむけると火事が突然発生して、消防車と救急車が大集結なんてシーンも鑑賞することができます。

他にも見どころは多数!

他にも見どころは多数!

写真:ヒロ サンチェス

地図を見る

そのほか、アメリカはラスベガスと西部の山々が、スカンジナビアエリアでも雪山や氷河を進む船などが再現されています。

それぞれに見所はいっぱい。ラスベガスでスペースシャトルが発射する様は少し笑ってしまいますが、現地のイメージをとことん妥協なく作りこんでいる姿勢には、頭が下がります。また、この博物館は会館以来拡張を続けています。2015年冬現在はイタリアのエリアを設営中。訪れるたびに新しい発見と出会うことができます。

模型のコントロールは本格的。

模型のコントロールは本格的。

写真:ヒロ サンチェス

地図を見る

こちらで走っているのは、HOゲージサイズの鉄道模型と自動車の模型。中央制御エリアのコントロールの下に、実際にひっきりなしに動いています。これはただの電源オンオフだけでなくコンピューターによる画期的なもの。ですから、走りっぱなしと言うことはなく駅では必ず止まりますし、車の場合であれば、渋滞で立ち往生なんてシーンも見ることができます。とにかく全てがリアルに重きを置いて作られているので、見ごたえは抜群。

すべてのエリアをくまなく回ろうと思ったら一日滞在することとなるでしょう。鉄道オタクでなくても顔がほころんでしまうテーマパーク。ぜひ充分な時間をとって訪れてみてください。

レストランには実際の車両で使われていた座席が並べられていて、さながら食堂車で食事をしているような気分になってきます。日本では数が少なくなってしまった食堂車。ぜひ時間を作って、その雰囲気を楽しんでみてください。

リアルな模型の数々を自宅で楽しむことも。

おみやげコーナーでは、実際に内部で使われている部品・模型なども販売されています。購入して自宅で組み立ててみるのも面白いかもしれません。ミニカーも充実しています。日本であまり見ることのない車種ばかりですから、こちらでも興奮してしまうかも。

アクセス:ハンブルク中央駅からは地下鉄U3番でBaumwall下車。そこから運河を渡って倉庫街に沿って歩いていくと10分ほどで到着します。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/11/22 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ