札幌の「キャンディ・ラボ」でキャンディーアートなお土産を

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

札幌の「キャンディ・ラボ」でキャンディーアートなお土産を

札幌の「キャンディ・ラボ」でキャンディーアートなお土産を

更新日:2015/12/28 10:57

玉恵のプロフィール写真 玉恵 カメラマン、ライター

札幌の中心部から車で30分、お城のような建物が見えて来ます。札幌を代表するお菓子屋さん、「ISHIYA」の白い恋人パーク兼チョコレートファクトリーです。店内は、多くの観光客で込み合っています。この白い恋人パークに誕生した「キャンディ・ラボ」は、まるでおもちゃのようなカラフルで可愛いキャンディのお店です。飴なんて…と思うなかれ。今回は美味しい「キャンディ・ラボ」の魅力をご紹介します。

工場だけではない、テーマパークな魅力

工場だけではない、テーマパークな魅力

写真:玉恵

地図を見る

ISHIYAは、北海道の銘菓「白い恋人」が有名な菓子メーカーである石屋製菓です。その複合施設である「白い恋人パーク」は、イギリスの建築を意識したチュダーハウスや、コンサドーレ札幌の練習場でもあるサッカー場や、チョコレートファクトリー等から成り立っています。ドアをくぐると、お城の大広間のような階段やシャンデリアが迎えてくれます。

メリーゴーランドで童心に戻って楽しんで

メリーゴーランドで童心に戻って楽しんで

写真:玉恵

地図を見る

中に入ると、すぐに「キャンディ・ラボ」があります。その前にカラフルな観覧車が!!コインを入れて手動で回すと…音楽とランプが点滅して、ころんとキャンディーが出てくる仕組みです。この遊び心に、大人も子供も思わず回してみたくなりますね。どのキャンディーが出てくるかはお楽しみです。

こだわりのキャンディーアートが並ぶ店内

こだわりのキャンディーアートが並ぶ店内

写真:玉恵

地図を見る

キャンディ・ラボの店内は、パッケージされたキャンディーがずらりと並んでいます。全日本のコンクールに入賞した職人さんが、細工だけではなく、味にもこだわったカラフルでポップなキャンディー達に、思わずあれこれ目移りしてしまいます。

職人達のパフォーマンスに感嘆の声続出

職人達のパフォーマンスに感嘆の声続出

写真:玉恵

地図を見る

こちらのラボでは、時間によって実演が見られます。熱い飴を練ったり延ばしたりして、金太郎飴が出来る様子を見せてくれます。飴の粉をキラキラと降らせてくれたり、重い飴を振り回したり、見ている人を楽しませてくれます。出来上がった出来立ての飴は、試食させてくれますし、店頭でも販売されています。

コンパクトで可愛いパッケージはお土産にぴったり!!

コンパクトで可愛いパッケージはお土産にぴったり!!

写真:玉恵

地図を見る

そして出来上がったのが、こちらのキャンディー。このカラフルさ、可愛いさ、ワクワクしますね!!口に入れるとホロホロとした軽い口当たりで、いくらでも食べられます。キャンディーの味は様々で、柑橘系やコーラやソーダ。そして、焦がしバターもお勧めです。焦がしバターは、北海道のお土産にぴったりですよね。札幌のお土産と思い出に、ISHIYAのキャンディーアートをどうぞ!!

おわりに、

白い恋人パークへのアクセスは、札幌中心部の地下鉄大通りから約20分。地下鉄宮の沢下車で徒歩7分です。お菓子作りの体験を希望するのであれば、予約がおすすめ。所要時間を確認して行きましょう。チョコレートファクトリーの他、昔のおもちゃの博物館やシュガークラフトも、おすすめの見所です。詳しくは関連メモのホームページをご覧ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -