橋で出会った男女は結ばれる!?伊豆・湯ヶ島「出会い橋」

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

橋で出会った男女は結ばれる!?伊豆・湯ヶ島「出会い橋」

橋で出会った男女は結ばれる!?伊豆・湯ヶ島「出会い橋」

更新日:2016/01/12 14:46

sachieのプロフィール写真 sachie 伊豆史女、伊豆専門ナビゲーター

伊豆・湯ヶ島の奥深い山間を流れる川「本谷川」と「猫越川」。その2つの川の流れが合流する地点に、「男橋」「女橋」がそれぞれの川に架けられています。この2つの橋は、別名「出会い橋」と呼ばれ「橋で出会った男女は、結ばれる」と言う巷で噂のスポット!
ロマンチックに、乙女の恋を実らせてくれる?!縁結び祈願に御利益ありの最高のラブパワースポット「出会い橋」をご紹介します。

ドキドキワクワク!!運命の人に出会えるかも?!

ドキドキワクワク!!運命の人に出会えるかも?!

写真:sachie

地図を見る

ご紹介する「出会い橋」は、名曲「天城越え」で知られる伊豆市湯ヶ島にあります。歌の中に登場する「浄蓮の滝」から下流の川を「本谷川」といい、手前に見える(写真下から上へ向かう)川が、その本谷川です。

一方、写真左側から中央に向かい流れてくる川は「猫越川」で、湯ヶ島南部の西伊豆町と伊豆市の境を起点として流れてくる川です。この場所(写真中央)で、ちょうど2つの川が合流し、奥に見える「狩野川」へと流れていきます。

川が合流する手前に、本谷川に「男橋」と言う橋と、猫越川に「女橋」と言う橋が架けられており、この2つの橋は、通称「出会い橋」と呼ばれています。「出会い橋で出会った男女は結ばれる」と伝えられ、出会い橋は、恋愛・結婚にまつわる噂のスポットになっています。期待を胸に、早速橋へ行ってみましょう!

恋の予感漂う?!女橋!

恋の予感漂う?!女橋!

写真:sachie

地図を見る

こちらは、女橋です。
出会い橋は、木目調のチョコレート色をした橋が特徴。天城の山々などの自然の色とマッチした美しい橋で、それぞれ橋長39.5m。橋が架かる猫越川は、流れが緩やかで穏やかなため、女性的な印象の川です。この女橋を渡って、そのまま真っ直ぐ進むと男橋が繋がるようにあり「ここで会った人と結ばれる」という噂の他、実際に「一緒に渡った人と結婚した」という実話もあるほど、恋愛力がUPする場所。

橋の中央部分は、展望デッキになっており、ここで川のせせらぎや景色を堪能しながら、運命的な出会いを待ってみては? 恋人募集の人だけでなく、カップルやご夫婦の方は、改めてここで出会うと、より強く結ばれると言われているので是非、試されてみては如何でしょうか?

出会いのパワー漲る?!男橋!

出会いのパワー漲る?!男橋!

写真:sachie

地図を見る

変わって、こちらは男橋です。
橋が架かる本谷川は、石がゴツゴツとしており、荒々しく力強く流れる川。本谷川は、男性的なイメージで、先程の猫越川は、女性的なイメージ。この2つの川が、ここで落ち合うことから、男女の出会いに例えられている縁起が良いスポットです。
川の流れと同じように、新しい人生を歩み始めるパートナーとの出会いのきっかけを願いながら橋を渡れば、きっと願いは届くはず!

特別な意味を持つ!モニュメントは見逃せない!

特別な意味を持つ!モニュメントは見逃せない!

写真:sachie

地図を見る

こちらは、川の三角州にあるハートのモニュメント。
女橋と男橋の中継地点にあり、真正面から見ると、ご覧のようにハートの形に見えます。ですが、このモニュメントは「つ」の字のような支柱が2本あって、互い違いに建てられているため、横から見るとバラバラに見えます。

まるで寄り添っているかのような形に見え、仲睦まじいような様子。ロマンチックな場所で、記念写真にもってこいのスポットなので、是非記念にどうぞ! もしも、橋で出会いがあったら、その人と一緒に写真を撮ってみても良いかもしれませんね。

おわりに

如何でしたか?
男橋のたもとには「ほたる公園」があり、初夏には「天城ほたる祭り」が開催されます。期間中は、多くの人が訪れるので、ほたるが飛び交う幻想的な雰囲気の中、新しい出会いがあるかも。祭りについての詳しい内容は、下記のMEMO【天城ほたる】をご覧下さい。

橋の近くには、老舗温泉宿「落合村上楼」、一年中営業している珍しい川床がある温泉宿「たつた」などのもあるので、温泉旅行を兼ねて訪れても良いですね。
是非とも、恋力パワーアップする「出会い橋」を訪れて、幸せをガッチリ掴んでみては如何でしょうか?

きっと、胸が高鳴る出会いが待っているはず!

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/12/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ