ワインの競演! 山形・赤湯温泉街にあるプチワイナリー3選

| 山形県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ワインの競演! 山形・赤湯温泉街にあるプチワイナリー3選

ワインの競演! 山形・赤湯温泉街にあるプチワイナリー3選

更新日:2018/11/01 16:34

加藤 雅のプロフィール写真 加藤 雅 「上質なお宿」トラベラー、グルメトラベラー

山形県の赤湯温泉は開湯900年余りの名湯ですが、実は日本有数の小さなワイナリーが集まっている地でもあります。ぶどうの収穫量国内3位の山形県は生食のぶどうは勿論、美味しいワインでも全国的に有名。
温泉と言えば熱燗の日本酒が思いつきそうですが、ぶどう畑に囲まれた赤湯温泉ではワイン!今回ご紹介するのは、徒歩で巡れる3つの小さなワイナリー。温泉街を散策しながら、ワイナリー探検に出かけましょう。

東北最古のワイナリー「酒井ワイナリー」

東北最古のワイナリー「酒井ワイナリー」

写真:加藤 雅

地図を見る

「酒井ワイナリー」は創業1892年で東北では最古。日本でも2番目に古いワイナリーです。米沢に牛肉文化を確立させたチャールズ・ヘンリー・ダラスが、肉料理に合うワインをぶどうの産地である赤湯で作れないかと訪れたのが始まりで、当時27歳だった酒井弥惣氏がブドウ園を起こし、栽培醸造を繰り返した苦労のワイナリーです。

温泉街にあるお店は、一見ワイナリーとは思えないほど気軽に入れる可愛いお店。お客の中には浴衣姿もいるほど温泉街に馴染んでいます。小さいながらパイオニアとしてこだわりのあるワイン造りを続け、ろ過機を一切使わず、上澄みだけをとってさらにビンに詰め替えていくノンフィルターワインが自慢。
一つ一つが人の手のかかった手作りのワインで、メインの辛口は何の料理にも合うので、試飲をしながら好みの一本を選べます。
店に併設して青空カフェ「やまどり」もオープン!おつまみ付きのグラスワインやブドウジュース。バニラやぶどう、バニラ&ぶどうのミックスのソフトクリームなどもあるので、アルコールが苦手な方にもお勧めです。

『日本で飲もう最高のワイン2015』受賞!佐藤ぶどう酒工場

『日本で飲もう最高のワイン2015』受賞!佐藤ぶどう酒工場

写真:加藤 雅

地図を見る

「ワイン造りはブドウ作りから」をモットーに、赤湯温泉街の工場は1940年の創業。家族中心の小さいワイナリーで、大量生産を行わずに繊細な注意を払ってワイン造り。自家ぶどう畑と地元農家によるぶどうを100%使用し、地域に密着した地ワインを製造。山形県南陽市赤湯にあるぶどう畑は、江戸時代まで金が採れた渓谷だったことから、「金渓ワイン」というブランドで生産しています。

「日本で飲もう最高のワイン」ベストワイン受賞を始め、国産ワインコンクール銅賞受賞、2013ジャパンワインチャレンジ奨励賞等、数々の賞を受賞しているので、酸味と甘みのバランスは折り紙付き。2015年にはNHKの番組で佐藤ぶどう酒工場が放映され、ますます人気が出てきたワイナリーです。
ただお店は小さな路地の奥まったところにあり、見過ごしてしまうほど。店内の広さも僅か2畳!温泉街を楽しみながら、散策気分で探してみましょう。

個性派のワインが勢揃いの「大浦ぶどう酒」

個性派のワインが勢揃いの「大浦ぶどう酒」

写真:加藤 雅

地図を見る

「大浦ぶどう酒」の創業は1939年。地元のぶどうでのワイン造り、ぶどう品種の個性を活かしたワイン造り、品質を重視したワイン造り、手造りで愛情込めたワイン造りなど、こだわりを持っています。その時代が求めるワインの理想を掲げながら、美味しいワイン造りをしています。また3つのワイナリーの中で一番多くの種類を生産しています。

「大浦ぶどう酒」はワインショップも充実。ぶどうだけではなく、地元産のりんごやラフランス、山ぶどうなどのフルーツワインの人気も高く、しかもジュース類も豊富。またワイングラスで試飲できるのも嬉しいポイント。店の奥には落ち着いたゲストホールがあり、ワイナリー見学も可能なので、温泉街から浴衣姿で散策して、そのまままったりと過ごすことも可能な素敵なワイナリーです。
毎年秋の完熟ぶどうのフレッシュでフルーティなヌーヴォーも楽しみの一つ。

ワイン&温泉旅として絶好のスポット

古くから栄えていた赤湯の小さな温泉街に、何と3つもあるワイナリー。
その秘密は高台の畑。急斜面に囲まれた赤湯は、通称「鳥上坂(とりあげざか)」。鳥さえ上れないほどの急勾配な地と言われ、葡萄を植えたところ、傾斜が急なため日照量が多く、風通しがいいので、害虫もつきにくい。最適な葡萄の産地となり、ワイン生産も盛んになりました。

赤湯に宿泊をすれば、車の心配が無いので、何杯でも試飲が可能!温泉街を散策しながら、自分の好みに合ったワインを探すのもいいでしょう。勿論宿泊をしなくてもワインとコラボした数々のレストランもあり!秋には葡萄狩りも始め、数々のフルーツ狩りも楽しめます。
美味しいワイン旅、出かけませんか。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -