「今宵天空に遊ぶ」は伊達じゃない!下呂の温泉街を一望 「しょうげつ」

| 岐阜県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

「今宵天空に遊ぶ」は伊達じゃない!下呂の温泉街を一望 「しょうげつ」

「今宵天空に遊ぶ」は伊達じゃない!下呂の温泉街を一望 「しょうげつ」

更新日:2016/01/16 20:05

Happy ブンブンのプロフィール写真 Happy ブンブン

下呂温泉は有馬、草津と並ぶ天下の三名泉と謳われてきました。旅館の数も50件近くある歴史のある温泉地です。その中でも20年前の創業時から利益の上がる団体客を取らず、個人の客を対象とした今を見据えていた名旅館があります。
それが今回ご紹介する旅館「今宵天空に遊ぶ しょうげつ」です。
下呂温泉でも屈指のこの高級旅館で過ごせば、若いカップルから熟年のご夫婦まで、いつまでも記憶に残る思い出になるでしょう。

温泉街から少し離れた高台から下呂温泉を一望

温泉街から少し離れた高台から下呂温泉を一望

写真:Happy ブンブン

地図を見る

「しょうげつ」は温泉街と川を挟んだ高台にあり、下呂温泉を一望する事が出来る絶景の宿です。温泉街の向こうには飛騨の山並みがそびえ、すぐ下を流れる飛騨川に掛かる鉄橋は高山本線の電車が渡っていきます。どの部屋からもこの景色を見る事が出来、主室は10畳以上で別室と広縁があり、部屋の広さ十分です。

それでは「しょうげつ」の客室を紹介しましょう。
4階から10階までが客室で各階の部屋数はたった3部屋、総客数21室で旅館の大きさからは考えられないゆったりした大きさです。エレベーターを降りればどの部屋にも歩いて5歩で玄関に着きます。
中央の部屋は左右の角部屋より少し大きく、灯りと夜景のバランスも計算した、大きめの広縁になっています。窓も大きく開放感は抜群です。
写真は10階の中央の部屋(3002号室)。続いて紹介するのはしょうげつでも贅沢なテラス付き露天風呂のあるお部屋です。

3部屋限定のテラス付き露天風呂客室は贅沢の極み

3部屋限定のテラス付き露天風呂客室は贅沢の極み

写真:Happy ブンブン

地図を見る

4階は一番低い階層ですが、この階の3部屋には窓の外にテラスと露天風呂が備え付けられています。露天風呂の釜の大きさは二人で入っても余裕の大きさ。大浴場の温泉とは源泉が違うのでこの部屋に泊まれば2種類の下呂の温泉を楽しむ事が出来ます。湯船に浸かりながら下呂の温泉街を見おろす贅沢はここだけのものです。(2401号室)

天気に恵まれれば、温泉街の向こうの山からきれいな月が昇ってます。写真は満月の前の日だったので、丸い大きな月を見る事が出来ました。
誰にもじゃまされる事なくゆっくりと時間が流れて行きます。

天下の三名泉は女性にうれしい美人の湯

天下の三名泉は女性にうれしい美人の湯

写真:Happy ブンブン

地図を見る

眺望を楽しんだ後は大浴場に向かいます。部屋の鍵は2個用意されているので帰る時間を合わせる必要もありません。大浴場には露天風呂も有り、男女ともほぼ同じです。泉質はアルカリ単純泉でスベスベお肌になる美人の湯です。
湯上がり処にはマッサージチェアや飲み物のサービスがありここで待ち合わせるカップルも多いようです。

食事は個室の水琴亭で絶品の懐石料理を

食事は個室の水琴亭で絶品の懐石料理を

写真:Happy ブンブン

地図を見る

食事は朝、夕とも水琴亭と名付けられた個室の食事処でいただきます。二人だけで部屋に籠りたければ部屋食のプランも用意されていますが、水琴亭の雰囲気がとても良いので私は食事処をお勧めします。水琴亭は1階のフロア全体が料理茶屋風になっていて畳の掘り炬燵の部屋や椅子の部屋と趣が違います。水の上に浮かんでいるような部屋も有るんですよ。

料理は本格的な懐石料理で一品ずつ、できたてが運ばれてきます。良い出汁から生まれる椀物やお造りも美味しいですが、やはり一番は飛騨牛の料理でしょうか。最後の水物まで約2時間の幸せな夕食です。
また夕食事には女将が各部屋を挨拶に回ってくるので楽しい会話も出来ます。恥ずかしがらずに声をかけるといいと思います。満月が明日という情報は実は女将から聞いた情報でした。

終わりに

創業時から個人の宿泊者を大事にしてきた旅館ですから接客はしっかりとした教育がされていているので満足できると思います。気になる事や要望があれば気軽に声をかけましょう。あなたの楽しい旅のお手伝いをしてくれます。
すべての面で高いレベルにある「今宵天空に遊ぶ しょうげつ」この旅館での滞在は忘れられない思い出になるでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/12/24−2015/12/25 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -