スリル満点の伊勢山上!三重県の飯福田(いぶた)寺で度胸試し

| 三重県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

スリル満点の伊勢山上!三重県の飯福田(いぶた)寺で度胸試し

スリル満点の伊勢山上!三重県の飯福田(いぶた)寺で度胸試し

更新日:2016/01/06 17:43

SHIZUKOのプロフィール写真 SHIZUKO 舞台演出者

松阪牛で有名な三重県の松阪には、スリル満点度がずば抜けていることで有名な伊勢山上(いせさんじょう)という場所があります。うん?伊勢の山の上?残念ながら名前の由来は定かではありませんが、飯福田(いぶた)寺の裏手に広がる大岩だらけの行場をそう呼びます。修験道の開祖・役行者が開いた行場で、明治以前は修験者以外、入山不可でしたが、現在は一般に開放されていますので、ぜひ、厳しい行場体験にお出かけ下さい。

岩だらけの行場巡りは、油こぼしから

岩だらけの行場巡りは、油こぼしから

写真:SHIZUKO

地図を見る

誰でもが入山できると言えども、入山にあたっては、必ず社務所に立ち寄り、入山届を提出します。その際、危険度やう回路などについての説明があり、決して無理せず、無事に帰ってくることを誓います。

手続きを済ませたら、赤い橋を渡って行場へ向かいましょう。
苔むした石畳の道を行くと10分ほどで行場の入り口。第一関門の「油こぼし」です。見上げる大岩に鎖がブランと。これを登らない限り、行場巡りはできません。見た目よりも、登ってみると意外に登りやすい岩。鎖に頼り過ぎず、自分の足で登る気持ちでクリアしてください。

岩谷本堂横の鐘掛(かねかけ)を行くか、迂回するか

岩谷本堂横の鐘掛(かねかけ)を行くか、迂回するか

写真:SHIZUKO

地図を見る

油こぼしを登り切ると、次が最大の難関「鐘掛」です。
鐘掛けは、岩谷本堂(写真)の横にある行場。近くで見るより、山を回り込んで正面からこの本堂を見れば、誰がどうやってこんな岩の中にお堂を建てたんだ!と驚かない人はいないはず。本堂横の白くなっている部分を登り、頭のように見える丸い岩の上に出るのが鐘掛です。どうですか?かなり危険だと思われる方は、う回路を行きましょう。

見晴らしのいい鞍掛(くらかけ)岩

見晴らしのいい鞍掛(くらかけ)岩

写真:SHIZUKO

地図を見る

岩谷本堂の上まで出ると、抱きつき岩などを経て、しばらくは穏やかな山の中を登って行きます。

30分ほど行くと、行場は後半に差し掛かります。
亀岩からは、また岩場続き。鞍掛岩、小尻返し、蟻の戸渡、飛び石と続きます。
どの岩も、登りはちょっと高度感もあり、滑りそうだけど、意外と大丈夫。とにかく自分の足の裏をしっかりと岩に密着させる意識で歩きましょう。

眼下にはしたたる緑。高い岩上にどっしりと立ち、風に吹かれる。まるで自分が鷹とか鷲にでもなった気分。最高に気持ちいいですよ。

下りは、鎖を頼りに、ゆっくりと下ります。最初の一歩が怖く感じる部分もありますが、鎖をしっかり握っていれば大丈夫です。

至るところに開祖・役行者さま

至るところに開祖・役行者さま

写真:SHIZUKO

地図を見る

役行者は実在の人物。その名を知らないという人は少ないはず。修験道の開祖で、大阪の葛城山で暮らしていたと言われています。鬼神を自由に操り、奇想天外な伝説をたくさん残しています。伊勢山上のあちこちに銅像があります。他の山に登っても、役行者の像に出会うことはたびたび。それだけ信奉者が多いということなのでしょうね。

ちょっと足を延ばせば、裏行場が

ちょっと足を延ばせば、裏行場が

写真:SHIZUKO

地図を見る

無事に行場巡りを終えたら、もう一つの行場へ行ってみましょう。先に登った場所が表行場。5分ほど下ったところに裏行場があります。時間があれば、ぜひ。

こちらも、まずは油こぼしの大岩から。表行場をこなした人にとっては、なんてこともない感じになっているでしょう。登り切り、しばらく行くと獅子が鼻という大きな岩場。岩場の下にお地蔵さんがあるというので、無理やりを先端の岩を降りて覗くが、見つからず。腹ばいになって覗くと、修行している気持ちになりますよ。

下りは鎖もロープもない崖。ゆっくり一歩一歩、確実に降りていきましょう。裏表の行場をこなしてみると、なんだか自分の中がきれいになったような気がしますよ。

自分の足で立つ

岩場だと思うと、それだけで足がすくむという方もいるでしょうが、足の裏全体をしっかりと岩に押し付けるように立てば、安定して岩場で動くことが出来ます。

スリル満点の伊勢山上ですが、無理は禁物。う回路もうまく使って、行場巡りをしましょう。無心に登ったり下りたりしていると、下山した時にはとてもすっきりした気分になれます。さすが霊場。修行とまではいかなくても、自分を見つめるいい機会になるかもしれません。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/11/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ