沖縄そばの名店「元祖大東ソバ」の至高の麺は南大東島の恵み!

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

沖縄そばの名店「元祖大東ソバ」の至高の麺は南大東島の恵み!

沖縄そばの名店「元祖大東ソバ」の至高の麺は南大東島の恵み!

更新日:2017/07/20 11:05

bowのプロフィール写真 bow トラベルライター

南大東島は沖縄本島の東方約300kmの洋上に浮かぶ絶海の孤島。その南大東島をルーツにもつ沖縄そばの名店が那覇市内にあります。その名も「元祖大東ソバ」は、南大東島の恵みを生かした沖縄そばが美味いと地元民からも評判の人気店!メディアにも度々取り上げられた、ロマン溢れる「大東そば」の魅力をご紹介します。

特徴的な麺が決め手の「大東そば」

特徴的な麺が決め手の「大東そば」

写真:bow

地図を見る

一口に「沖縄そば」と言っても、お店によっては様々で味のバリエーションも多種多様。そんな沖縄そばの名店として、地元でも人気なのが南大東島出身の店主が開業した「元祖大東ソバ」です。

特徴的な縮れの太麺は自家製で、南大東島の海洋深層水を使って練り上げられたもの。非常にコシが強く、噛むほどに旨味が溢れて食べ応え満点!この麺を引き立てるスープにもやはり南大東島の塩を使用。鰹と豚、更に鶏もブレンドしたあっさりながらも深みのある味わいが印象的です。

ソーキそばも美味!

ソーキそばも美味!

写真:bow

地図を見る

沖縄そばを語る上で外せないのはやはりソーキそば。ここ「元祖大東ソバ」もまた、ソーキそばが美味!いわゆるスペアリブのソーキはホロホロと柔らかく崩れ、じっくりと染み込んだ旨味を堪能できる逸品。しかしながらスープの邪魔はしないという存在。すいませんが、もう一切れいただけますか?とついつい言ってしまいたくなる極上ソーキそばなのです。

逸品・大東寿司は必食!

逸品・大東寿司は必食!

写真:bow

地図を見る

「元祖大東ソバ」でそば以外におすすめしたいもの、それは「大東寿司」です。これは醤油やみりんなどをブレンドした特製のタレにサワラやマグロ、カジキといった南大東島特産の魚たちを漬け込んだ握り寿司で、作り方を知りたくなるほどに、とにかく美味いの一言!いくつでも食べることが出来そうな寿司です。

「大東寿司」のルーツは沖縄から遥か東方の八丈島にあるというロマン溢れる郷土料理。実は南大東島は八丈島からの移民が開拓した島でもあり、沖縄本島と文化圏が異なる島でもあります。そのため、挨拶も沖縄の「はいさい」ではなく、八丈島の方言「おじゃりやれ」なのです。

そんな大東寿司は那覇空港の空弁にもラインナップされているほどの人気メニュー。そばとのセットもありますので、これはマストオーダーです!

ここでしか味わえない逸品を堪能せよ

ここでしか味わえない逸品を堪能せよ

写真:bow

地図を見る

沖縄そばにも「八重山そば」や「宮古そば」など、色々な種類が存在しますが、「大東そば」が食べられるのは南大東島とここ那覇の2店舗のみ。

「元祖大東ソバ」は南大東島に本店がある二代目が店主で、かつては南大東島から初代が打った麺を空輸していたそうです。いずれにしても、南大東島と那覇でしか「大東そば」は味わえないという激レアな沖縄そばでもあったのです。

リピーター必至!「元祖大東ソバ」にあなたも通う羽目になる。

台風情報でしか知らないような遥か彼方の南大東島。そんな島に思いを馳せながらいただく大東そばは、一度食べたら虜になってしまい、不思議とまた通いたくなってしまいます。芸能人にもファンが多いという大東そば、沖縄旅行で食べたいものリストに入れてみてはどうでしょうか?

「元祖大東ソバ」は国際通りの裏通りとして知られるニューパラダイス通り沿いにあります。ホテルで言えば、ホテルJALシティ那覇のちょうど裏手にありますので目標にしてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/12/18 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -