豪華!米・カリフォルニア ナパバレー・ワイントレインで優雅なひととき

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

豪華!米・カリフォルニア ナパバレー・ワイントレインで優雅なひととき

豪華!米・カリフォルニア ナパバレー・ワイントレインで優雅なひととき

更新日:2016/01/18 10:05

麻田 ユウミのプロフィール写真 麻田 ユウミ 旅ブロガー

カリフォルニア州にあるナパバレーはサンフランシスコから車で1時間北上したところにある有名なワインの産地。ナパとそのお隣にあるソノマはワインカントリーと呼ばれ、有名なワイナリーから隠れ家的ワイナリーまで大小様々なワイナリーがあり、その数なんと400以上!
そんなワインの産地ナパでの観光の目玉がアンティークな車両でひと際目を引くワイントレイン。豪華な列車内でのお食事とワイナリーをご紹介。

旅立つ前からテンションMAX!ワイントレイン駅

旅立つ前からテンションMAX!ワイントレイン駅

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

旅の始まりはナパバレー・ワイントレイン駅。駅に停まっている列車に気分が上がります。まずはカウンターでチェックイン。待合室はトランク型のテーブルがあったり、ランタンが置いてあったりと今からの旅の気分を盛り上げる小物がたくさん!もちろんワイントレインに乗る前からワインを飲むことも可能なので、乗車前の説明をゆったりワインを飲みながら聞くのもGOOD。お土産屋も併設してあり、品揃えもよいので帰りに気に入ったワインや、今回行けなかったワイナリーのワインを買うこともできます。

ワイントレインの魅力は豪華で美味しい食事!

ワイントレインの魅力は豪華で美味しい食事!

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

ワイナリー付きのコースは3種類あり、今回ご紹介するのはグルメ車両でお食事をいただき、その後途中下車で線路沿いのワイナリーに立ち寄るコース。列車に乗り込んだら豪華なランチの始まり。オリジナルのハウスワインをいただいて、プリフィクスの前菜、メイン、デザート、飲み物のコース。ワイントレインでいただく料理はどれも美味しく、日本人の好みに合う味付け。もちろん焼き加減も選べます。別料金ですがワインも豊富でそれぞれの料理に合うワインも揃えてあるので、ここでお気に入りを見つけるのもいいかも?

ワイナリーツアーで様々なワインを試飲!

ワイナリーツアーで様々なワインを試飲!

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

食事を終えたらガーギッチ駅で途中下車してワイナリーツアーへ。訪れたのはGrgich Hills Estateというシャルドネで定評のあるワイナリー。まずはグラスを受け取り、このグラスを持ってツアーを回ります。要所要所で説明があり、赤白合計6杯の試飲ができます。あまりお酒が強くない人は『a little bit』と言って少しだけにしてもらいましょう。試飲で使ったグラスはお土産として持ち帰ることができるので(新しいグラスをいただけます)、旅の記念になること間違いなし!
ツアーが終わればワイントレインが折り返してくるまではショッピングタイム。ワインはもちろん、コースターやワインオープナー等の小物類も充実しています。

最後は展望車でゆったりデザートタイム

最後は展望車でゆったりデザートタイム

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

セントヘレナ駅で折り返してきたワイントレインが到着したらデザートタイム。お食事をした車両とは別のラウンジ車両に移動して、素敵なブドウ畑を見ながら優雅な時間が過ごせます。デザートは2種類、飲み物はコーヒー、紅茶から選べます。
時間があれば是非オープンデッキへ。ナパの心地よい風を感じながら、どこまでも続くブドウ畑を見ているとアメリカ、地球の大きさを肌で感じることができ、今まで悩んでたこともちっぽけな事だと感じます。

様々なスタイルで選べるワイントレイン

ご紹介したナパバレー・ワイントレインはサンフランシスコから車で約1時間の距離。レンタカーで行くのが便利ですが、サンフランシスコからツアーを利用したり、フェリーと送迎バスを使って個人で訪れることもできます。
今回はワイナリー付きのコースをご紹介しましたが、その他にもゆっくりお食事を楽しみたい人にはお食事のみのコース(3種類あり)や、他のワイナリーツアーのコース(ランチの時間帯のみ)もあり、予算、目的によって選べます。所要時間は説明も入れて約4時間です。
また時間が許すなら、オススメはランチの時間帯。壮大なブドウ畑を見ながら優雅なランチはいかがでしょうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/11/22 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ