太平洋も坂本龍馬像も闘犬も!桂浜で高知の文化を味わおう

| 高知県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

太平洋も坂本龍馬像も闘犬も!桂浜で高知の文化を味わおう

太平洋も坂本龍馬像も闘犬も!桂浜で高知の文化を味わおう

更新日:2016/03/11 17:25

岡本 大樹のプロフィール写真 岡本 大樹 原付旅人、アマチュア自然フォトグラファー

桂浜は高知県で1・2を争う人気スポット。高知市中心地からあまり離れていないにも関わらず、自然を満喫できます。広い太平洋を望むだけでも気持ちのいい場所ですが、坂本龍馬像も建っていますし、桂浜の西の竜王岬には縁結びのご利益がある神社もあります。

さらに、とさいぬパークでは土佐闘犬のことを学ぶと共に、横綱の土俵入りを見ることもできますし、時期によってはカワイイ子犬と触れ合うツアーもありますよ。

桂浜ってどんなところ?

桂浜ってどんなところ?

写真:岡本 大樹

地図を見る

桂浜は高知市の中心地から10km程南に位置しており、車では10分程で行くことができます。お月見の名所なので、中秋の名月の頃にはイベントも開かれ賑わいます。また太平洋から昇る朝日を見ることができる場所でもあるので、元旦には多くの人が初日の出を見に来る場所でもあります。

海の水も浜もきれいなのでゆっくりできる場所ですが、浜自体はかなり足が沈んでしまうタイプの砂浜なので、歩きやすい靴で行くことをオススメします。

太平洋を望む大きな龍馬像

太平洋を望む大きな龍馬像

写真:岡本 大樹

地図を見る

土佐藩士といえば、最も有名で人気なのが坂本龍馬。桂浜にはその龍馬像が建てられています。像の高さは5.3mで、台座を含めた総高は13.5mにもなります。この像は青年有志が募金活動をして建てられたというエピソードがあり、そのことからも坂本龍馬が高知の人に愛されていることがよくわかりますね。

その坂本龍馬の視線の先には太平洋が広がっています。一説によると遠いアメリカを見つめているとも言われていますが、海と船が好きだった龍馬のために海を望むのに最適な形で建てられたと伝えられています。

海津見神社は縁結びのご利益も

海津見神社は縁結びのご利益も

写真:岡本 大樹

地図を見る

桂浜の奥に進むと竜王岬という小高い岬があり、そこには海津見(わたつみ)神社があります。鳥居をくぐると左手に赤い祠があり、浜よりも高いところから太平洋が望めるのでとても気持ちよい場所となっています。

また海津見神社は海の神様を祀っている神社で、元々は地元の漁師さんが海での安全・大漁の祈願をしていた場所ですが、ご利益はそれだけではなく縁結びのスポットとして、近年では多くの観光客が訪れています。

とさいぬパークで闘犬のことを知ろう

とさいぬパークで闘犬のことを知ろう

写真:岡本 大樹

地図を見る

桂浜の見どころはその海岸だけではありません。お土産屋に併設されている「とさいぬパーク」では土佐闘犬という文化に触れることができます。闘犬博物館には他の場所では見られない土佐闘犬に関する資料が並んでいます。闘犬の歴史はかなり古く、12〜13世紀頃にはすでに行われていたというのは驚きですね。

そして、見どころは横綱の土俵入りです。実際に行われている闘犬の横綱なので、その貫禄は相当のもの。横綱と一緒に記念撮影できるサービスもあるので、ぜひ利用してみましょう。

土佐の闘犬も小さいとカワイイんです!

土佐の闘犬も小さいとカワイイんです!

写真:岡本 大樹

地図を見る

闘犬の試合自体は不定期で開催されており、シーズンであれば横綱の土俵入りと一緒に楽しむことができます。それ以外の時期には闘犬自体を見ることはできませんが、『子犬ふれあいツアー』に参加することができ、横綱土俵入りの後に土佐闘犬の子供とのふれあいタイムを楽しめます。

実際に子犬を見て撮影することはもちろん、触ったり抱いたりすることもできますよ。大人の闘犬はかなり大きくて迫力があり正直少し怖いと思いますが、子犬はやはりかわいいもの。闘犬は怖いし…と思っている方も、ふれあいツアーなら楽しむことができると思いますよ。

まとめ

桂浜は高知県の指折りの観光地ですが、時期によってはお月見や初日の出を楽しむこともできる場所。坂本龍馬像はかなり大きいので、ファンではなくとも必見です。

そして、とさいぬパークでは闘犬という珍しい文化に触れることも。前述の通り、高知市の中心地からすぐに来ることができる場所なので、高知観光の際にはぜひプランに組み込むことをオススメします。

また高知市の外せないスポット5つをご紹介した記事もMEMOにリンクがありますので、よければ併せてお読みください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/12/28 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ