プラハ新市街まで5分!アマリリスは四つ星快適ホテル

| チェコ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

プラハ新市街まで5分!アマリリスは四つ星快適ホテル

プラハ新市街まで5分!アマリリスは四つ星快適ホテル

更新日:2018/07/26 11:20

増田 直美のプロフィール写真 増田 直美 ライター、翻訳家

プラハには沢山のホテルがあります。初めての訪問だと、どこが安全で便利な場所かなど詳細が分からないこともあり、ホテルの選択に戸惑うこともあるでしょう。アマリリスなら、ヴァーツラフ広場まで徒歩5分で新市街まで10分。買い物には全く不便がないだけでなく、多くの観光スポットまで歩いて廻れるほどの便利さ。この界隈は、旧市街ほど観光客で溢れていないので静けさがあり、地元人も行くレストランも多くあります。

快適度抜群のホテル設備

快適度抜群のホテル設備

写真:増田 直美

地図を見る

アマリリスは豪華なホテルではありませんが、チェコの伝統的な建築様式で重厚な作りのクラシックなホテル。ホテル内の階段は全て大理石で出来ています。ホテルの外観は多少古めかしく見えますが、一足入り口を入るとモダンで明るく装飾されています。

フロントを過ぎて真っすぐ行くとレストランがあります。エネルギーという名前のレストランで、健康や風水を意識したコンセプトとなっています。ホテルのHPにメニューが載っていないのが残念ですが、あまり重くないヘルシーなイタリアンのメニューを想像していただいたらよろしいでしょう。お値段も良心的です。

その他、ホテルの設備としてはウェルネスが挙げられます。マッサージが付いたサウナやジャクジーの二人で一時間のセットは、4000円弱(750クローネ)ですので、日本と比較するとかなり安く感じます。

伝統的な高い天井のある快適な客室

伝統的な高い天井のある快適な客室

写真:増田 直美

地図を見る

客室は広々としています。改装して間もないかのように真っ白な壁とオレンジ色のシーツの組み合わせが清潔感を与えます。ベットは丁度いい硬さで、テレビはチェコ語、ドイツ語、英語、イタリア語など色々なチャンネルがあります。WiFiは無料で使えます。小さな冷蔵庫と大きなクローゼット、冷暖房も完備。通りに面した客室であれば、多少車の通る音など聞こえることがありますが、夜遅くには静寂が訪れます。チェコの昔の建築様式で、天井が高いです。そのせいか、部屋がよけいに広々と感じます。

バスルームは2015年の時点で、あたかも改装直後のごとく清潔で新しいです。洗面台やバスタブはプラスチックではなく陶器で、これまた重厚。シャンプー、ボディーシャンプーとボディーローションが日々補充されます。強力なドライヤーが付いていれ、熱いお湯も常時沢山出ます。ホテルの向かい側にチェコ版コンビニ風のお店がありますので、そこでチェコ産のバブルバスなど購入して、バスタブに熱いお湯をたっぶり入れて、ゆっくり旅の疲れを癒すのもいいかもしれません。

新市街がすぐ

新市街がすぐ

写真:増田 直美

地図を見る

ホテルを出て右に5分ほど歩いていくと、ヴァーツラフ広場に出ます。右手すぐに国立博物館を見ながら、左に歩いていくと有名なブティックやデパートなどの買い物エリアになります。更にまっすぐ10分ほど歩いて行くと新市街です。左手にすぐ火薬塔や市民会館が見えてきます。

新市街からプラハ城までは歩いて15分程ですので、アマリリスで宿泊すれば大抵の見どころは徒歩で移動可能と考えてください(写真は市民会館)。

アマリリス宿泊ならお腹も満足

アマリリス宿泊ならお腹も満足

写真:増田 直美

地図を見る

アマリリスのレストラン、エネルギーは健康重視に基づいたレストランです。イタリアンが主なメニューですが、カロリーや素材にこだわったメニューが多いのが特長で、朝食には、豪華なビュッフェが並びます(7時から10時まで)。ビュッフェに並んでいるのは、豪華なコンチネンタルスタイルの朝食。シリアル、ミューズリ−、オートミール類が豊富なうえ、パンはチェコでよく見かけるアニス風味のライムギパン、ドイツ風黒パンも登場します。

このアマリリス以外にも、ホテルの周りにはいくつかレストランがありますので、観光などで遅くにホテルに帰ってくることがあっても、お腹具合の心配はご無用。お勧めレストランを2店ご紹介しましょう。

1店目は、ホテルを出て右に5分ほどにあるタイタニックステーキハウス。外から見ると、ファミレスにしか見えませんが入ってみると非常に居心地のよい正統なレストランです。ステーキハウスですが、ここのお勧めは様々なパンケーキとクレープ。甘いものから、チーズや肉入りの塩味系のパンケーキもあり、4ユーロ程という破格で美味なパンケーキが食べられます。

2店目は、ホテルを出て左に1分。U Džberuというイタリアンレストランです。ピンクとクリーム色の壁が目印です。入って半地下に席がありますが、室中はレンガ造りのセンスのよい装飾がなされ、隠れ家のような雰囲気のレストランです。オーナーは英語、独語、伊語、仏語、チェコ語が堪能な気さくな方。メニューには正統なイタリア料理と、伝統的なチェコ料理の両方が並んでいます。ピザやパスタ類は3ユーロ前後、お肉やお魚料理は5ユーロ前後で、お腹一杯召し上がれます。ワインもいいですが、チェコですのでビールを試してはいかが。

観光で沢山歩いて疲れたところでお腹一杯食べた後は、すぐ隣のホテルに帰りたいところですね。(写真はアマリリスのフロントから撮ったもの。奥がレストランの入り口になります)

2店ともレストランのリンクはメモをご参照下さい。

いかがでしょうか。

沢山ある4つ星ホテルの中でも、アマリリスはホテルの客室、サービス、位置など総合して最高級である上に、一泊約40ユーロ(時期によって値段が変わります)と破格です。派手な豪華さはありませんが、全てが上級に値するアマリリスです。

もしかしたら近い将来、プラハの物価並びにアマリリスの宿泊料金が上がるかもしれません。その日が来る前に、是非プラハ旅行を検討しませんか。宿泊はもちろんアマリリスですね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/12/27−2015/12/30 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -