快眠サポート「コンフォートホテル東京清澄白河」のひつじルームに泊まる

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

快眠サポート「コンフォートホテル東京清澄白河」のひつじルームに泊まる

快眠サポート「コンフォートホテル東京清澄白河」のひつじルームに泊まる

更新日:2016/01/28 18:25

鮎川 キオラのプロフィール写真 鮎川 キオラ 子どもの好奇心を育てる旅育ライター、ホテル朝食研究家

個性的なホテルやコンセプトルームなど話題となっていますが、宿泊施設の原点と言えば「眠り」ではないでしょうか。心地より眠りと爽快な目覚めにとことんこだわった客室「ひつじルーム」を導入している「コンフォートホテル東京清澄白河」をご紹介します。都内でもゆっくりした時間が流れる清澄白河エリアでゆっくりお休みください。

いつもと違う爽快感!!快眠を追求した「ひつじルーム」とは?

いつもと違う爽快感!!快眠を追求した「ひつじルーム」とは?

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

突然ですが快眠チェックです。
(1)ベッドに入って15分以内に寝付く
(2)朝起きた時、熟睡感がある
(3)目覚まし時計ですぐに起きることができる
3つの質問すべてに「はい」と言えますか?それぞれ(1)が寝つき、(2)が眠りの質、(3)が目覚めに関する質問です。※

全国50ヶ所にコンフォートホテルを展開するチョイスホテルズジャパンが、長年にわたり宿泊客の快適な眠りを追求し生まれたのが「ひつじルーム」です。約8割の方が自分の眠りになんらかの不満があるそうです。1泊で眠りの質が劇的に変わるわけではありませんが、上質な眠りのヒントが見つかるかもしれません。観光やビジネスのお宿として、寝つき、眠りの質、目覚めにとことんこだわった「ひつじルーム」をぜひ体感してみませんか。

※ひつじルーム設置の「ねむり通信ダイジェスト」より引用。

スムーズな眠りへ誘うアイテムたち

スムーズな眠りへ誘うアイテムたち

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

心地より眠りの第一歩は「寝つき」です。「ひつじルーム」の寝具は、スムーズな寝つきを考えたオリジナルアイテムが揃っています。

人は、寝ている間に平均20〜30回ほど寝返りをうつそうです。つまりは寝返りを邪魔しない寝具が寝つきと眠りの質を高めてくれます。寝具メーカーと共同開発した枕は、5つのユニット構造で仰向けでも横向きでも快適に入眠できるよう工夫がされています。Y字のステッチが入った掛け布団は体に寄り添うようにふわっと身体を包んでくれるので、寝返りを妨げません。横向きで寝た時に足の重みを分散させてくれる抱き枕(トライアングル・ボディピロー)も重宝します。

「ひつじルーム」では、このようなアイテムに加え、春夏、秋冬の2シーズンごとに寝具を変えるこだわりです。

お目覚めすっきりをサポートするアイテムたち

お目覚めすっきりをサポートするアイテムたち

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

「ひつじルーム」は、ぐっすり眠れるだけでなく、気持ちよい朝の迎え方にもこだわっています。起床時の水分補給に酸素を多く含んだ水や卓上ライトが目覚めをサポートします。

朝に光を浴びると、目が覚めるだけでなく体のリズムがリセットされると言われています。それは心も体も活動に適した状態になることです。卓上に用意されたブライト・ライトは、身支度をする時間のほんの10分程度浴びれば活動に適した状態にモードチェンジできるのです。「ひつじルーム」のあるフロアには、エレベーターホールにもこのライトが備えられています。エレベーター待ちのすきま時間で「光」のシャワーが効率的に浴びることもできるんですよ。

活動スイッチオン!!身体が目覚める朝食

活動スイッチオン!!身体が目覚める朝食

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

お目覚めモードにスイッチを切り替えるには、朝食も重要です。コンフォートホテルの朝食は、種類が豊富で美味しいと定評があります。朝食会場は、明るい外光がたっぷり入るので気分を高めてくれます。

まずは、身体を温めて、胃に優しいスープが最適です。集中力を高めてくれる「テアニン」入のみそ汁と6つの国を代表する日替わりスープはホッとする朝のひとときを過ごせます。次におにぎりやパンを主食にフレッシュなサラダやフルーツを食べれば睡眠中に不足してしまった脳と体にエネルギー補給完了です。

清澄庭園やcafe巡り♪朝はホテル周辺をのんびりお散歩

清澄庭園やcafe巡り♪朝はホテル周辺をのんびりお散歩

写真:鮎川 キオラ

清澄白河は、都内の中でもとっても静かな環境です。ホテルから少し歩けば清澄庭園や現代美術館などアートな場所があります。そして古い倉庫やアパートメントをリノベした個性派のカフェが点在しています。最近では、ブルーボトルコーヒーが清澄白河に日本1号店を出店したことから「コーヒーの街」としても注目されています。

道幅もゆったりしていて、車の往来が少ないのでゆっくりとした時間が流れている街なんです。朝食後、朝日を全身で浴びながらのんびりお散歩が気持ちいい。喧騒から離れたリラックスした滞在を過ごせます。

清澄白河エリアは観光やビジネスに便利!!

コンフォートホテル東京清澄白河は、地下鉄半蔵門線と大江戸線の「清澄白河駅」から徒歩0分となります。ギラギラした派手さはありませんが、電車に乗れば、乗り換えなしで大手町まで10分、表参道まで20分、大門(浜松町)まで15分と利便性に大変優れているんです。

清澄白河駅の改札を出ると、都心と思えない人の少なさにまず驚くでしょう。このゆったりした空気感が、リラックスした滞在には重要なんです。「ひつじルーム」でぐっすり寝て、観光やビジネスでガツガツ活動できるエネルギーをチャージしてください。

※ひつじルーム導入しているコンフォートホテルは、現在11ヶ所となります。HPでチェックしてみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -