リアル宝探しが鹿児島・奄美大島で開催!発見者には豪華賞品も!?番外編もあるよ

| 鹿児島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

リアル宝探しが鹿児島・奄美大島で開催!発見者には豪華賞品も!?番外編もあるよ

リアル宝探しが鹿児島・奄美大島で開催!発見者には豪華賞品も!?番外編もあるよ

更新日:2016/12/26 17:17

離島 こむのプロフィール写真 離島 こむ 離島ドットコム管理人、沖縄在住サブスリーランナー

2013年と2014年に鹿児島の離島「与論島」で行われた「リアル人生ゲーム」に続いて、2015年から2016年にかけて同じく鹿児島の離島「奄美大島」で「リアル宝探し」が開催!奄美市市制施行10周年記念として企画。奄美大島の半分近くの面積を占める「奄美市」をくまなく巡って宝探し。6つの謎を解いて豪華賞品を手に入れよう!参加費無料。また奄美市中心街のみを歩いて宝探しする「リアル宝探し番外編」もあり!

LCCも就航して行きやすくなった奄美大島!注目の離島で宝探し

LCCも就航して行きやすくなった奄美大島!注目の離島で宝探し

写真:離島 こむ

地図を見る

2014年7月1日。LCCのバニラエアが成田空港と鹿児島の離島「奄美大島」を繋ぐ便を開設。人気の沖縄のすぐ隣の奄美諸島ですが、アクセス面があまり充実しておらず、沖縄ほど気軽に行ける離島ではありませんでした。しかしこのLCCの就航で、奄美大島が首都圏からぐっと近くなりました。今、注目の離島です。

その奄美大島で2015年11月から「リアル宝探し」なるイベントが開催。奄美市市制施行10周年記念で企画されたものです。「奄美のハチャメチャ大冒険」というもので、奄美大島の半分近くの面積を占める「奄美市」全域を対象とする宝探し。東京23区の半分に匹敵する約300平方キロの面積で、奄美市の北端から南端までは最大約50kmという広大なエリアでの宝探し。その難易度はかなりのもの。

参加費は無料で、開催期間は2015年11月21日〜2016年1月24日。でも奄美市中心街のみという、狭いエリアだけを対象とした「番外編」もあります。こちらは2015年12月19日〜2016年3月21日開催(番外編は参加費500円)。

リゾートビーチも熱帯雨林も楽しみながら奄美大島で宝探し

リゾートビーチも熱帯雨林も楽しみながら奄美大島で宝探し

写真:離島 こむ

地図を見る

奄美大島は鹿児島県ですが、沖縄に匹敵するきれいなビーチが沢山あります。中でも奄美空港もほど近い「土盛海岸」は、奄美大島屈指のリゾートビーチ。青々した海と真っ白な砂浜が広がる絶景ビーチです。他にも奄美大島北部には絶景ビーチが数多く、夏にはマリンスポーツも各地で楽しめます。また奄美大島の中南部には、沖縄の西表島に匹敵する熱帯雨林が広がっていて、1つの離島でリゾートビーチも熱帯雨林も楽しめる、とても魅力的な離島です。

そんなリゾートビーチや熱帯雨林を楽しみながらできる宝探し。謎解きポイントも景勝地から熱帯雨林まで様々。宝探しをしながら奄美大島巡りもできちゃいます。

宝探しのヒントかも?奄美大島北部の景勝地「あやまる岬」

宝探しのヒントかも?奄美大島北部の景勝地「あやまる岬」

写真:離島 こむ

地図を見る

奄美空港からアクセスしやすい場所に「奄美十景」の一つ、景勝地「あやまる岬」という場所があります。先の「土盛海岸」のすぐ隣です。「あやまる」というって謝罪の意味ではなく、由来はこの岬のなだらかな地形が「アヤに織られた手毬(てまり)」に似ていることからこう呼ばれています。岬には絶景展望台や岩場をくりぬいた「海水プール」など、いろいろ楽しめる人気スポットです。

ちなみにこの「あやまる岬」。今回の宝探しのヒントになるかもしれません。でも宝探しを楽しむために、多くを語らないようにします(笑)。

マングローブが広がる奄美大島中部!カヌーも楽しめる原生林も宝探しのヒント?

マングローブが広がる奄美大島中部!カヌーも楽しめる原生林も宝探しのヒント?

写真:離島 こむ

地図を見る

奄美大島北部にはビーチリゾートがとても多いですが、奄美大島中南部行くと一転。熱帯雨林や原生林が広がります。中でも奄美大島中部の「住用エリア」には、豊かなマングローブ原生林が広がっていて、まるで西表島の熱帯雨林のような光景です。別名「黒潮の森」とも呼ばれています。このマングローブ原生林周辺には「マングローブパーク」や「マングローブ茶屋」があり、カヌーも楽しめ熱帯雨林を満喫できます。

ちなみにこのマングローブ原生林も宝探しのヒントになるかもしれません。多くを語らないようにします(笑)。

豪快な滝が至る所にある奄美大島!そのうち1つも宝探しのヒント

豪快な滝が至る所にある奄美大島!そのうち1つも宝探しのヒント

写真:離島 こむ

地図を見る

奄美大島は水がとても豊かで起伏に富んだ地形なので、豪快な滝を各地で望むことができます。ガイドブックに載っていないものも多いので、奄美大島での滝探しはおすすめです。中でも奄美大島中部にある「川内集落」奥にある滝はおすすめ。「内海」と呼ばれる湾状の海から内陸に入り、川内集落を抜けた先にあります。途中から荒れた道になりますが、滝のすぐ近くまで車で往来可能。滝の下には石の欄干がある橋がかかっているので、いい目印になります。以前は案内が全くありませんでしたが、最近は幹線道路や集落内に案内板も設置され往来しやすくなりました。

ちなみにこの滝の名前も宝探しのヒントになるので、割愛させていただきます(笑)。

「リアル宝探し」をするには?まずは奄美大島へ行きましょう!

「リアル宝探し」の参加方法は、まずは奄美大島へ行きましょう(笑)。そして奄美大島の中心街「名瀬」にある「奄美市AiAiひろば」、中部の住用にある「黒潮の森マングローブパーク・道の駅」、奄美空港近くにある「奄美パーク」へ行き、宝探しの地図を手に入れましょう。参加費も地図も無料です。また地図はホームページからダウンロードもできますので、奄美大島へ行く前に手に入れるのもいいでしょう。

あとは地図の謎を解読し、手がかりが記された場所へ行って「ケンムンボール」という目印を見つけましょう。そしてそのボールに書かれているキーワードをメモし、5つのケンムンボールのワードを集めると、秘宝「黒ン豆(こくんず)」のありかが分かる謎が解けます。その「黒ン豆」を発見したらそこに書かれたキーワードをメモして、先の地図を配布している3ヶ所のいずれかへ行って報告。まずは参加賞がもらえますが、発見したケンムンボールの数によって豪華賞品が当たる抽選に参加できます。中には「10万円分の奄美市プレミアム商品券」も。

また「リアル宝探し」の番外編もあり、こちらは奄美大島の中心街「名瀬」で完結しており、歩いて宝探しができます。宝探しの地図は有料ですが、謎は4つと難易度はやや低め。気軽にできる宝探しです。LCCも就航し、ますます注目度がアップした奄美大島。宝探しをきっかけに島へ行き、宝探しがてらに奄美大島をいろいろ巡りましょう。

■リアル宝探し「奄美のハチャメチャ大冒険」
開催期間:2015年11月21日〜2016年1月24日
参加費:無料

■リアル宝探し「奄美のハチャメチャ大冒険〜番外編」
開催期間:2015年12月19日〜2016年3月21日
参加費:500円(地図代)

※「リアル宝探し」はRUSH JAPAN株式会社の登録商標です。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/07/01−2014/07/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -